« センターラインを踏んだだけでも適用されるバックコートバイオレーション | トップページ | 玉田圭司の現役ラスト試合に「サッカーを楽しむ」を考える »

2021年12月 6日 (月)

欠かせない戦力 ザ・植中朝日

2021年12月4日(土)
清水 2-1 C大阪
G大阪 0-0 湘南
徳島 2-4 広島

前半早々に2失点した徳島が敗れて17位となり、来期のJ2参加が決まった。
来期、V・ファーレン長崎が新たに戦うのは徳島、大分、仙台、横浜FC 当然ながら、難敵ばかりだ。


2021年12月5日(日)13:00
J2リーグ【42節】
松本山雅-V・ファーレン長崎
サンプロ アルウィン

<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 毎熊晟矢 新里涼 江川湧清 加藤聖
MF ウエリントンハット 鍬先祐弥 加藤大 米田隼也
FW 植中朝日 都倉賢
<ベンチ>
GK 原田岳
DF 亀川諒史 磯村亮太
MF 名倉巧 澤田崇
FW 玉田圭司 山崎亮平

試合2日前取材で松田浩監督が「故障欠場が多い」と語っていた。消化試合の前とは言え、監督が故障者が多いと敢えて言及するのは珍しい。その記事を見た時は、前節終盤に右足をかばっていたウエリントンハットのことだろうと想っていた。
蓋を開けてみると、植中朝日、澤田崇が復帰しており、いつもと比べて遜色の無い布陣。
カイオセザールの不在については、今後、明らかになっていくだろう。

山頂にはかすかに冠雪がみえる冬の松本。多くの選手が長袖のアンダーを着ている。

<前半>
1分
【松本】佐藤が遠くからゴロのシュート 富澤がしっかり押さえる
11分
【V長崎】植中朝日がドリブルでエリアに入るが、シュートは足にかからず
17分
【V長崎】ウエリントンハットが左足のミドル 枠の上
21分
【松本】セルジーニョのFK 野々村のヘッドは芯では無かったがポストを叩きヒヤリ
前線に個の力がある松本、アタッキングサードでボールを持たれると怖い
飲水タイム

26分
【V長崎】一瞬のカウンター ロングボールを収めた都倉賢が左サイドをドリブル 上がってきた植中に送ると「ザ・植中」ナイスセンスのゴール
植中朝日は今季10点め、二桁に乗せる

33分
【V長崎】絶妙な動き出しでGKと1対1植中朝日 シュートは圍がブロック
1stCKは加藤聖 新里涼のヘッドにぴたりと合ったのに大きく枠を外してしまう
V長崎はボールキープ、パス精度ともに高く、アタッキングサードでサッカーを楽しんでいるように見える
44分
【松本】 V長崎のCKからカウンター 横山が独走。過去に何度かみたシーン「またか」と想ったが、ウエリントンハット、鍬先祐弥がよく戻り、シュートさせなかった。特に鍬先の快足には目を見張った。
鍬先が居れば、CKからのカウンター守備が堅くなる

+2分
【V長崎】ウエリントンハットがグラウンダークロス 都倉賢はヒットできず 米田が飛び上がって悔しがる

ウエリントンハットが「効いている」キープ力、展開力、決定力
彼のところで、ボールの方向が前に向く。
そして、今日は前線の追いかけでよく走っている。
報道されている「1億円での買い取り」
計算ができる戦力だけに出費に値すると想ってしまう。


去年、サンプロ アルウィンでは、後半30分から2失点。
2-0のリードを守れなかった。松本は交代で入った選手が得点に絡んだ。
今日はV長崎が終盤の交代でゲームを締める戦いを見せてほしい。


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« センターラインを踏んだだけでも適用されるバックコートバイオレーション | トップページ | 玉田圭司の現役ラスト試合に「サッカーを楽しむ」を考える »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事