« ヴィヴィくんだけのものだったトランスコスモス入りユニフォームを買える日が来た | トップページ | 思わず「ジャケ借り」した「A LONG VACATION」 »

2022年1月27日 (木)

朝起きると37.2度 コロナにかかったらの備え

う゛~さぶ
コートの襟を立てて駅へ向かう人たち、よくへこたれないなと想う。
ゴミ出しから戻ると、非接触体温計をでこに当てる

もうすぐ、検温の習慣も2年になる

最初はテルモのデジタル体温計を脇にはさみ、ピピッと鳴るまで1~2分待たなければならなかったが、タニタ非接触体温計にしてからは一瞬で済む。習慣化するには手軽であることが肝要だ。

37.2

やばっ!
表示された数値は自分の平均より、0.7ほど高い
いつもならば、何かの誤差だなと想うところだが、そう想うには理由がある。
ひとつは、人類との共存を図るウイルスが、弱毒化と感染力強化に打って出ていること。
もう1つは、2日前、家族の勤務先で陽性判定者が出ていたからだ。

恐らくニット帽を被っていたからだな。手首は平熱だろう
37.2

やばっ
まじかよ
さて、どうする
直近の予定をキャンセルしなければならない
チケットを買っているB.LEAGUE観戦もムリだろう
自主隔離はどうすればいいか
走馬灯のように、コロナ対応が駆け巡る

いや、一旦落ちつけ
引き出しに仕舞っておいたテルモのデジタル体温計を取り出す
いざという時のセカンドオピニオンとして、2個体制にしておいてよかった

36.5

セーフ^^)
37.2は、ニット帽や手首を覆うダウンジャケットのせいだとわかった
せっかくの機会なので、コロナにかかってしまった時の対策を整理してみることにした。


1,最初に相談する先の確認
PCR検査を受けられる場所
「自治体名 PCR検査」で検索
*自治体によっては無料検査を期間限定で行っている
発熱外来のある病院の診察日、時間帯を確認


2,2週間程度、自宅にこもるための準備

2.1 食品
カップ麺
サトウのごはん(1個ずつ釜炊きして製造)
瓶詰めのおかず
缶詰

食品は災害時の在宅避難用として揃えたもので賄える

2.2 備品
消毒液
高性能マスク
ウェットティッシュ

こちらも、大抵の人がウィズコロナ生活で常備しているだろう


コーヒーや菓子といった嗜好品も買い置きしておきたいが、この時代にはネットショップという強い味方がいる。
僕の場合、買ったそばから消費してしまうのは目に見えているので、そこはネットのお世話になろうと想う。

| |

« ヴィヴィくんだけのものだったトランスコスモス入りユニフォームを買える日が来た | トップページ | 思わず「ジャケ借り」した「A LONG VACATION」 »

心と体」カテゴリの記事