« プットバックダンク、アリウープ 長崎の夜 華麗なるヴェルカ | トップページ | 退職の意思表示に、まさかの無言2連発 »

2022年1月12日 (水)

平均年齢27.51歳 V・ファーレン長崎 選手リスト

高田春奈社長が就任して、今年は3シーズンめを迎える。
やるな春奈の新体制で始まった取組の中で、関東アウェイ組のV長崎ファミリーにも恩恵が深いのがクラブ公式You Tubeの存在。
2020シーズンにホームゲーム前の配信で始まり、2021シーズンはTRM、エリートリーグ等の試合中継、決起大会、記者会見の配信と幅を広げてきた。

2022年1月10日(成人の日)15:08
2022シーズン新体制発表会をクラブ公式You Tubeで配信。


新体制発表会時点
白抜きは「新加入」「既存選手の変更」により変更された番号

意外だったのは江川湧清が一桁の番号に移行しなかったこと。てっきり「3」「4」「5」のいずれかを付けるものと予想していた。
「2」は2019年に香川勇気が付けたのを最後に欠番。
本来DFの番号と想われる「2」「3」「4」が空いている。
そこに、何らかの可能性を感じるV長崎ファミリーは少なくないだろう。

平均年齢は 27.51歳
(ヴィヴィくんを含めるとぐっと下がってしまうので除いた28人の平均)
最年長は都倉賢
最年少は安部大晴
平均値は 1994年7月14日なので、富澤雅也から上が年長組。奥田晃也から下が年少組となる。

新体制発表の会見で「背番号の経緯、その番号への想い」について質問が出た。
そして、選手が答えた内容はとても興味深かった。
これまで、脳内妄想することはあっても、選手の口から聞いたのは初めてだ。
そこには、チーム内での順列、扱いが垣間見えた。

他には竹村ダイレクターに向かって「CBが不足しているが補強は」と尋ねた記者がいた。
確かにそこは、ファミリーならば気になるところだが、戦う相手のあることであり、秘密だ。
背番号決定の経緯が対戦相手を利することはないが、どのような布陣で戦うかは手の内である。
そもそも、聞かれても困る。
「CBは現在交渉中です」とか「夏の移籍で皆さんよくご存じの選手が来ます」などと言うわけがない。そこは、記者が聞くことではなく、ファミリーがそれぞれに推理して楽しむところだ。

聞いても答えがないとわかりながら、猫の首に鈴をつけた証を立てるのは笑止だ。
そんな中、背番号の質問はとても、絶妙だったと想う。


背番号が開示されたので、いよいよ、新しいユニフォームを注文するフェーズに入る。
ユニフォームが割引になるV-Lovers(ファンクラブ)は既に2022シルバーに更新済み(シルバー:10%オフ)

■マーキングありの価格
ファーストフィールドプレーヤー:14,300円
プロモデルファーストフィールドプレーヤー:25,300円
※価格は2020、2021と同額


V長崎の応援を始めてから4シーズンのマーキングは次の通り
39>28>89>60

初めの年は全く選手を知らないので、好きな数字「39」としたところ、購入後にチェキュベックが加入→翌年途中移籍
2年めは大トリで残ってくれた翁長聖の「28」→翌年移籍
付けた番号の選手が2シーズンつづけて移籍してしまった。
縁起を担いで3年めからは選手が付けていない番号から、その年に因んだ数字を選んでいる。

今年はどうしよう
サッカーではサポーター番号「12」という伝統的選択があるが、V・ファーレン長崎ではこれはGKヴィヴィくんの番号でもある。僕がつけて、ヴィヴィくんが移籍したらえらいことだ^^;)

本来の選び方である"特に魅力を感じる選手"の番号を背負いたい気もする。あるいは2022年ならではの数字はないか。しばらく、悩んで楽しもう。
(このブログを開幕後に見ている方は下の画像に数字が出ています)



V・ファーレン長崎ブログ

| |

« プットバックダンク、アリウープ 長崎の夜 華麗なるヴェルカ | トップページ | 退職の意思表示に、まさかの無言2連発 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事