« リカレント教育の第一人者 髙田春奈の略歴(2話) | トップページ | 長崎ヴェルカ 関東アウェイ戦 第3セットの開催が危ぶまれる »

2022年2月 4日 (金)

髙田春奈社長退任 やるな春奈の新体制の足跡(3話)

2020年1月2日
V・ファーレン長崎社長に就任した春奈社長
次々と繰り出した新機軸を「やるな春奈の新体制」と呼ぶ
その目的は次の3つだと考えている

V・ファーレン長崎ファミリーを幸せにする
スポーツ文化を長崎に根付かせる
長崎から世界へ平和を訴求する


■やるな春奈の新体制の足跡

2020年2月
幼保施設をヴィヴィくんが訪れる「V-TIME」開始
V・ファーレン長崎公式アプリ「V-VAREN」リリース
ホームゲーム当日にマッチデープログラムを配信開始

2020年6月9日
「長崎県と21市町(しまち)ご当地ヴィヴィくん誕生」発表
ポロシャツ販売開始

それぞれの市町ごとにデザインされたヴィヴィくん
佐世保市のポロシャツが欲しくて、クラブに問い合わせたことがあるが、個人への販売はしていないとのことだった。
佐世保で事業を営む友だちに頼もうかと想ったが、その友だちはV・ファーレン長崎に冷ややかだった。

2020年6月~12月
V・ファーレン長崎がホームタウンとする長崎県内全21市町を表敬訪問

2020年6月27日
トラスタでの試合前 You Tube公式チャンネルで生配信を始める
初回は佐世保のジャパネット本社スタジオから高田明サッカー夢大使、ヴィヴィくんが出演

2020年8月9日(長崎平和の日)
高校生平和大使と活動提携

2021年1月25日
Jリーグマスコット総選挙2021 V・ファーレン長崎特設ページ開設
選手がSNSでヴィヴィくんへの投票を呼びかけるなどチームを挙げて選挙運動を展開(総選挙では1位を獲得)

2021年1月28日
長崎市でV・ファーレン長崎オリジナルデザインの婚姻届受理証明書発行が始まる

2021年2月6日
TRMをYou Tubeで生配信

2021年2月
オンラインでもV-Loversファンミーティング開催
県北のV・ファーレン熱が低いことを春奈社長に訴えたところ、問題意識を共感してくださった

コロナ禍のため、アウェイ戦のゴール裏でV長崎ファミリーと交流することは難しかったが、ここでも「やるな春奈の新体制」による新機軸があった。関東アウェイ戦のゴール裏に駆けつけた方であれば、ご存じのはずである。

 

畏れ多いが、春奈社長には共に戦う同志という共感をもっている。

「世界平和」を鼻で笑う人
けんか腰の言葉を使わないと「お花畑」と揶揄する人
地域創生に無関心な人

こういった人達との戦いだ。
もちろん、ここでいう「戦い」とは、相手を説き伏せる、諍いを起こすことではなく、共感を作り出すための努力をいう。

一緒に世界平和を考えましょう
仲間を敬い、励まし、讃えましょう
スポーツの力で地域の皆さんを元気にしましょう

こう言うだけで、誰もが「はい、わかりました!」と言ってくれるのであれば「戦い」という言葉にはならない。
報われない、長く、苦しい道のりがあるからこそ「戦い」なのである。


今回の社長退任を機に、しらべるの髙田春奈の項目定義を変更した。
旧:2020年シーズンより就任したV・ファーレン長崎社長
新:臆せず自らの言葉で発信する、人事、地方創生のスペシャリスト


V・ファーレン長崎社長を退任後、髙田明サッカー夢大使のことは親しみを込めて「明しゃちょー」と呼んできた。
これは、ジャパネットたかたの社員たちが今もそう呼んでいるからだ。V長崎の社長ではなくジャパネットの社長という郷愁を含んでいる。

春奈しゃちょー、春奈理事、春奈ちゃん
春奈社長をこれからなんと呼ぼう
え、呼ばなくていい?
いやいや、これからも呼ばせてくださいよ^^)


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« リカレント教育の第一人者 髙田春奈の略歴(2話) | トップページ | 長崎ヴェルカ 関東アウェイ戦 第3セットの開催が危ぶまれる »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リカレント教育の第一人者 髙田春奈の略歴(2話) | トップページ | 長崎ヴェルカ 関東アウェイ戦 第3セットの開催が危ぶまれる »