« つぶしてつくろうたまごサラダで、カップ焼そば | トップページ | リカレント教育の第一人者 髙田春奈の略歴(2話) »

2022年2月 2日 (水)

悲報!髙田春奈社長退任「やるな春奈の新体制」終わる(1話)

ユニフォームが届き、今年も開幕だなと想っていた時、V・ファーレン長崎から悲報が届いた。
髙田春奈社長が退任するという。
ここでは、髙田春奈社長の足跡を即席でふり返ってみたい。

髙田明しゃちょーが退任を発表したのは2019年シーズン終盤
1年でのゼイワン復帰に失敗したものの、髙田明ー手倉森誠ラインは揺るがないと想っていただけにショックだった。


明しゃちょーは親しみやすい方だが、僕にとっては恐れ多い方だった。

関東アウェイ戦では、試合前のゴール裏に頻繁に足を運ばれていて、それは、2018年8月25日(土)J1 24節 柏レイソル戦(三共フロンテア柏スタジアム)での出来事だ。

ゴール裏 入場後のエリアでグッズ販売が行われており、そのそばで明しゃちょーが記念撮影に応じていた
その時のことを僕はこう書いている。

<回想>
入場したところには飲食の売店がある。試合までまだ2時間弱。長崎サポーターは思い思いに、のんびりと過ごしている。
長崎のグッズ販売もおこなれていて、何が出ているのかなと見ていると、背後に突然の賑わいを感じた。振り返ると、髙田 明社長が記念撮影に応じている。
ひとしきり撮影が終わると、髙田 社長がフリーになった。
話しかけようか・・いや、なんて言うんだ。いつも見てます、じゃないよな。男2人で記念撮影ってのも絵的に冴えないし。
もう、いいかな
僕がためらっているうちに、髙田 明社長は付き添いの人とどこかへ消えてしまった。
僕らしくもない・・
<回想ここまで>

結局、明しゃちょーとは記念写真はおろか、お話することもないまま、退任の報がもたらされた。ふり返れば、柏のゴール裏が唯一の機会だったという後悔がある。


春奈社長就任のシーズンからコロナ禍となり、春奈社長が関東アウェイ戦のゴール裏に姿を見せることは希だったが、1度だけ目の前に本人が現れたことがある。
3年前の後悔を胸に刻んでいた僕に迷いはない。

「やるな春奈の新体制!」
このフレーズは明しゃちょーの言葉を引いている。

春奈社長は1年めのシーズン、クラブ公式You Tubeでの試合前生配信を始めた。

2020年6月27日 17:00
コロナ中断明け、最初のホーム ギラヴァンツ北九州戦(無観客試合)
佐世保のジャパネット本社スタジオから明しゃちょー、ヴィヴィくんが出演。
それまで、試合前の様子を見ることはできなかったDAZN組にとってはたまらない企画。
これに明しゃちょーは「やるな新体制!」と持ち上げた。

「やるな春奈の新体制!」
そう声をかけると、春奈社長はにっこり笑って記念撮影に応じてくれた。
この写真は宝物であり、額に入れて飾っている^^)


明しゃちょーは僕より年上で、春奈社長は年下だということだろうか。
「年上の人は敬いなさい」と躾けられて育ち、自分より一秒でも早く生まれた人には敬意を払うと決めている。

それだけではないと想う。
(つづく)


V・ファーレン長崎ブログ

| |

« つぶしてつくろうたまごサラダで、カップ焼そば | トップページ | リカレント教育の第一人者 髙田春奈の略歴(2話) »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事