« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月の30件の記事

2022年4月30日 (土)

佐世保に拠点を置くヴェルカの優勝を四ケ町で祝う

2022年4月24日(日)18:30
岩手ビッグブルズ戦Game2を終えた2時間半後。
岩手の宿舎から優勝記念の「緊急ヴェルつく」が配信された。

数年前ならば、考えられなかったことだ。
かつて、プロスポーツの中継は一部のスポーツの一部のチームに限られていた。
たまに中継があったとしても、試合後の模様、ましてや宿舎での様子が見られるなど考えたこともない。
それが、今や生配信を見て、それにメッセージを送ることもできるし、それに選手が応えてくれる。


カメラの前に現れた選手たちはマスク着用のためもあってか、コートとは雰囲気が違っていた。特にディクソンJrタリキは試合で見せる姿とまるで別人
相手を震えさせる?ふてぶてしさが消えて、ここでは謙虚な好青年

moto「タリキ別人」
田河さん「(別人って)どういう意味ですかねぇ」
タリキ「どうなんでしょうねぇ」
You TubeとZoomの技術が融合した今、スポーツ・ファミリーはより一体化できる時代を迎えている。


4月24日夜
2021-22シーズン2位チームが確定したことで、B.LEAGUE|B3公式サイトに「B2昇格決定戦」についてお知らせが掲載された。

■試合概要
時期:2022年5月下旬
場所:東京都内(中立地)
*詳細は追って発表(※4月28日に、5月28日東京体育館開催と発表された)

■出場チーム
トライフープ岡山(2020-21シーズン2位)
アルティーリ千葉(2021-22シーズン2位)

この時点で試合数は発表されていない(4月28日、1試合と発表)
「中立地」と言えども東京は千葉のすぐとなり。
岡山ファミリーからすれば、かなり多めに交通費がかかる。
会場は千葉のハリセンが圧倒する空気になりそうだ。


2021-22シーズン後のB3→B2昇格は「2チームが自動昇格」
通常ならば2021-22シーズンの1・2位チームが昇格するところだが、コロナ禍事情により前(2020-21)シーズン後は「昇格なし」だったことで「2シーズン通算の上位4チーム」を対象とした特別ルールとなっている。

●2020-21シーズンの結果
1位 アイシン アレイオンズ
2位 トライフープ岡山

●2021-22シーズンの結果
1位 長崎ヴェルカ
2位 アルティーリ千葉

・アイシン アレイオンズ(今シーズンで活動終了)はB2ライセンスが付与されていないため対象外
・4チームのうち1位の長崎ヴェルカは昇格決定
・通算3位、4位の2チームで「昇格決定戦」


4月29日現在、昇格決定戦の生配信については不明。
バスケットLIVEのウェブサイトには記載なし。
B3TVは「未定」
5月は最終戦(1日岐阜スゥープス戦)の1試合のためだけに1,650円を費やすことになるので、配信の有無は気になるところ。


4月29日午後
四ケ町、島瀬公園で優勝パレード開催が告知された。
5月5日14:00~14:50予定

佐世保に拠点を置くヴェルカの優勝を四ケ町で祝う」
それは、佐世保のブースターには至福の時間となるだろう。
関東アウェイ戦チームとしては、このために帰省するのはムリなので、一瞬でもその時間を共有できればと想う。

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月29日 (金)

山形-V長崎 戦績は互角 勝負は「体調管理」「起用」「体力」

12節を終えて5勝2分5敗 勝ち点17 8位
V長崎から勝ち点±3の中に15チームがひしめき合う
GW5連戦の第3戦はアウェイで山形へ


2022年5月1日(日)14:00
J2リーグ【13節】
モンテディオ山形-V・ファーレン長崎
NDソフトスタジアム山形


<2019シーズンの山形戦>
●6月22日【19節】home V長崎 0-2 山形
○11月10日【40節】away 山形 1-3 V長崎


<2020シーズンの山形戦>
● 8月16日【12節】away 山形 1-0 V長崎
後半4分、タッチラインを割ったかに見えたボールにV長崎の選手は「出た」と動きを止めるがプレーオン。左からのクロスに南がうまく角度を変えたヘッドでゴール。
試合後のテグさん「負けなくていい試合だった」

○ 12月5日【39節】home V長崎 1-0 山形
引分けは許されない後半40分、氣田亮真が粘ってCKを獲得。ルアンがセット ハリセンの「いっれっろっコール」フリーになった富樫がヘッドで突き刺して長崎先制!スタジアムが一体になって押しこんだゴール


<2021シーズンの山形戦>
○ 4月21日【9節】away 山形 1-3 V長崎
前半4分
【山形】自陣でルアンの不用意な横パスが半田へのパスとなり、半田はゴール左すみへナイスゴール
前半23分
【V長崎】新里涼のロングボールから毎熊晟矢の山なりクロスがGKを超えたところに居たルアンが押し込み同点!
後半33分
【V長崎】秋野央樹からの横パスをドリブル、カイオのミドルシュート左隅へ突き刺さるスーパーゴール
後半34分
【V長崎】カイオがドリブルしてヒール、富樫敬真が流すとエジガルのビューティフルゴールが糸を引いて左隅へ決まる

○ 9月14日【25節】home V長崎 5-1 山形
前半17分
【V長崎】エジガル右の角度のないところからシュートすると左ポスト。跳ね返りを再びエジガル、ほぼ角度のないところへ突き刺す。
前半34分
【V長崎】鍬先祐弥からのロングボールを毎熊が植中朝日へ。植中ノートラップで右足を振り抜きJリーグ初ゴール
44分
【V長崎】横パスを奪った山崎亮平がドリブルで持ち込むと右でフリーの植中。今度は慎重にトラップしてゴール
後半5分
【V長崎】カイオがドリブルでDFを振り切ったクロスを植中がダイレクトボレー なんと初ゴールからのハットトリック!
後半17分
【山形】ショートコーナーからのクロスに野田のヘッドがキレイに当たりゴール
後半20分
【V長崎】山形のパスミスを玉田圭司が左へ振ると、亀川諒史がエリアで粘ってマイナスクロス。詰めた玉田が逆サイドネットに突き刺す


2019、2020シーズンは外弁慶>内弁慶と入れ替わり星を分けた。
2021年こそV長崎のシーズン・ダブルだが、通算ではほぼ互角
■V長崎からみた山形戦の通算対戦成績
6勝3分5敗 得点19 失点13

5連戦の3戦め、チームの体調管理能力と選手起用、そして、出場選手の体力勝負になりそうだ


V・ファーレン長崎ブログ

| |

2022年4月28日 (木)

勝っても笑顔がないV長崎 見ている方がこれだけ疲れるのだから、選手たちは大変

秋田戦の前から「タグマサッカーパック」に入り、対戦チームの記事を読み始めた。ここまで、秋田、新潟、水戸と見て来たが一致しているのは「情報が遅い」ということだ。
「ViSta長崎サッカーマガジン」の記事と比べて、レビュー、プレビューと、いずれも相手チームの方が記事公開が遅い。
ファンとしては早い方が嬉しいと想うが、遅いことには何か意図があるのだろうか。


2022年4月27日(水)19:00
J2リーグ【12節】
V・ファーレン長崎-水戸ホーリーホック
トランスコスモススタジアム長崎

<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 加藤聖 江川湧清 二見宏志 奥井諒
MF 米田隼也 鍬先祐弥 カイオ クリスティアーノ
FW 植中朝日 エジガル
<ベンチ>
GK 原田岳
DF 村松航太
MF 加藤大 澤田崇 五月田星矢
FW 都倉賢 山崎亮平

中3日の連戦ということで久しぶりのスタメン変更
加藤大→鍬先祐弥
都倉賢→植中朝日
5節以来、五月田星矢がベンチに復帰
水戸から来た奥田晃也はベンチ外。この数年で、完全移籍した選手が旧所属チームとの試合ではベンチを外れるケースを何度かみた。選手の特徴がばれているという理由だろうか。


ホーム戦恒例、試合前のクラブ公式You Tubeには、前のV長崎執行役員、瀬田元吾さん(現・水戸事業戦略執行役員)が出演。
スタメン・ボードで水戸選手の動きを解説して、前ちゃんが「そこまで教えてくれるんですか」と驚いてみせた。
そのボードを見て、ぽっかり空いた右奥のスペースが狙い目だなと想っていたが、試合でそこが争点になることはなかった。


<前半>
6分
【V長崎】カウンターでエジガルがシュート DFがブロック
12分、自陣エリアすぐ外で江川湧清が(走路ブロックで)ファウルを取られる。高井のFKは大きく枠を超え事なきを得る
16分、カイオにイエロー(ボールに対して滑っただけだった)
19分、楠本のエジガルへの激しいチャージがノーファウルで松田さんが抗議
今日はボールが持てて、組み立てるゲームができている
31分
【V長崎】右CKクリスティアーノ 散歩でもするように落下点に入ったエジガル絶妙のヘッドで先制!
40分過ぎは左(V長崎の攻撃)サイドでV長崎タイムが続く

<ハーフタイム>
水戸はニイザを下げて二枚替え 安藤が入る

<後半>
10分
【水戸】カウンターから木下の「それが入るのか」というナイスゴールが決まる
やられてしまった・・
と落胆したら、線審が旗をあげていてオフサイド 命拾い!
15分 植中朝日→都倉賢 
23分 鍬先祐弥→加藤大 エジガル→山崎亮平
25分過ぎからの30分間は、ほぼ水戸の時間
時にはラインを上げ、自陣では身体を張ってブロック
42分 奥井諒→村松航太 米田隼也→澤田崇

見ている方がこれだけ疲れるのだから、やっている方はたまらないと想う。戦い終えて笑っている選手は一人も居なかった



V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

2度目の空也上人展で空也上人立像フィギュアをゲットだぜ!

このところ、買収の行方が話題に上っていたtwitterは「若い人たちの間ではイケてない」らしい。
「若い人は誰も使っていない」と言う若者すら居る。
では何を使っているの?と尋ねると、twitterからインスタに流れたのだという。
僕は調査会社ではないので、本当のところはよくわからない。
誰が使おうが使うまいが、僕はtwitterを使い続ける。

twitterを使う目的、それはそのままアカウントをフォローする基準でもあるのだが「情報収集」である。

現にtwitterでフォローしている知人のtweetで「空也上人が東京に来ている」という貴重な情報を得た。
博物館へ行く習慣がない者には、展示会の情報がリコメンドされることもなく、その情報を得ることは難しかった。


上野から帰ったその日のうちに特別展「空也上人と六波羅蜜寺」のtwitterアカウント
@kuya_rokuhara をフォローした。

目的は情報収集。
「空也リング」と「空也フィギュア」がいつ再販されるか、一応知りたかったのだ(買うつもりは無いけれど)
コレクターをやっていると、限定モノの発売日が気になるのが悪いクセ(買わないけど)


「空也上人オープンリング」は4月6日より再販された。
そしてついに4月7日「空也上人フィギュア」の再販が4月9日からとtweetされた。

・既に空也上人スタチューを持っている
・人形は顔が命
・買えないものは仕方ない

フィギュアを諦める時に並べた3つの理由は「やはり買うべき」という3つの理由に打ち砕かれた。

・千葉に行く(長崎ヴェルカ戦応援)ついでに行ける
・空也上人コレクターとして、レアモノはコンプリしたい
・この機会を逃したら後悔する

改心するとすぐ、アートパスの日時予約画面を開く。
「フィギュア再販」のニュースを聞きつけてか、既に朝イチ9:30の回は「×」
「△」表示だった2つめの10:30の回を確保した


4月9日 10:20
クレジットカード、PayPay、万が一のために現金を持った僕は国立博物館の入口に並び「フィギュアが買えるか否か」を計算していた。

入場と同時に出場してフィギュアを確保。再入場して、ゆっくり空也上人に謁見するというプランも考えている。
(「再入場はOK」であることを確認済み)

第2期の入荷数は900
徐々に伸びていく待機列を目分量すると最大で200人ほど
朝イチ9:30の回で200人全員が買ったとしても、この回で完売することはなさそうだ。

「ゲット確実」と読んだ僕は、ゆっくり空也上人に謁見した後にフィギュアを購入した。
その後もアカウントのフォローは続けていたが、フィギュア完売のtweetはなかなか出ない
結局、第2期入荷の900が完売したのは1週間後だった。
周りに居る人が皆、同じモノを買いに来ているように見えるのも、コレクターの悪いクセだ。


特別展「空也上人と六波羅蜜寺」は5月8日(日)まで
「360度の空也上人」は(常設されている)京都六波羅蜜寺では見られない
いつか、京都、行こう
と想っていた人は、今、東京に来たほうがいい

日本史の教科書で見て以来、心の何処かに引っ掛かっていた方
GWのお出かけに、いかがでしょう
となりの上野動物園にはパンダも待っていますよ^^;)


空也上人講座

| | | コメント (0)

2022年4月26日 (火)

四たびデンカビッグスワンスタジアムの壁を破れず

2022年4月23日(土)14:00
J2リーグ【11節】
アルビレックス新潟-V・ファーレン長崎
デンカビッグスワンスタジアム

<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 加藤聖 江川湧清 二見宏志 奥井諒
MF 米田隼也 加藤大 カイオ クリスティアーノ
FW 都倉賢 エジガル
<ベンチ>
GK 原田岳
DF 櫛引一紀 村松航太
MF 鍬先祐弥 澤田崇
FW 植中朝日 山崎亮平

7節(群馬戦)からほぼ固定メンバー。加藤聖がドバイから戻った8節からは同じスタメン
ベンチは奥田晃也が外れて村松航太が戻った

V長崎を応援し始めて2年が過ぎた頃からだと想う。どちらにも点が入っていない序盤の緊張が好きになった
難敵であれば、先制という僥倖を
有利な相手であれば、先に悲劇がないように
静かに祈りながら、DAZNの画面を見つめる緊張感は、日常ではなかなか味わえないもの
雨上がりのピッチには散水が行われている


<前半>
V長崎は前から取りに行く。鰯の群れの動きでボールサイドの数的優位を作る
それでも新潟はつなぎ、V長崎はボールが触れない
15分
【V長崎】初めてのパス?からエリア左に入った米田隼也がシュート、MF高がブロック
19分
【V長崎】加藤聖がドリブルでFK獲得 正面30mからクリスは直接狙いGKが弾く エジガルのシュートは枠の右へ
34分
【新潟】 正面からFK シノヅカが直接狙い富澤が弾いたところに谷口が詰めたが富澤がセーブ
V長崎の保持率は27%「持たせている」というよりは「持たせすぎている」と言える前半
新潟は本間至恩をベンチに置いている


<後半>
22分
【V長崎】クリスティアーノが右サイドから高速クロス エジガルがヘッドで突き刺す 長崎先制
27分
【新潟】 右CK 島田譲のキックを藤原が押しこむ
ここで、本間至恩が入る
30分
【新潟】 本間至恩が左サイドをドリブル突破、高木にナイスボレーで決められる このカタチは前節と同じ展開
34分
奥井諒に替えて澤田崇
加藤大に替えて鍬先祐弥
40分
エジガルに替えて山崎亮平
+3分
【V長崎】正面FK クリスはやんわり入れてヨネが右から折り返したが二見宏志はあと一歩届かず

逆転されたシーンは奥井の不用意なパスがカットされてから。自陣での距離感が遠くなったところがもったいなかった。
エジガルに今季(流れの中での)初ゴールが生まれ、植中朝日も切れ味が戻って来ている。「42回の決勝戦」はつづいていく



V・ファーレン長崎ブログ

| |

2022年4月25日 (月)

タリキ本願!優勝記念グッズも速攻!緩まぬヴェルカ勝率9割へあと1

2022年4月23日(土)18:00
【29節】Game1岩手ビッグブルズ-長崎ヴェルカ
盛岡タカヤアリーナ

【3Q】岩手 69-75 長崎ヴェルカ
2:20 松本健児リオン(1)のドライブが決まったところでブルズがTIME OUT! 56-56
6:50 タリキの高度なドリブルチェンジ 相手が虚を突かれるなか、悠々と花道をドライブ ゲームの流れを引き寄せた!
試合中、相手を威圧する冷静なふてぶてしさは、僕らファミリーにとっては頼もしい。まさに自力だが「タリキ本願」彼の貢献も大きい 63-70
■ドリブルチェンジ
身体の前後左右にボールの位置を変えるドリブル

長崎ヴェルカベンチのすぐ右には6席(3×2列)のロイヤルシート(8,000円)
そこには広告板もなく、目の前をたくまHCが行ったり来たりして指示を送る
サッカーだけでなく、他のスポーツでは考えられないようなベンチとの一体感だ


【4Q】岩手 87-103 長崎ヴェルカ
1:38 左0度からディクソンJrタリキ(13)の3p 69-80
4Qでも長崎ヴェルカは守備の強度が落ちない
残り3分からは、両チームがファーストブレイクの応酬
これが見られるファンは楽しい
■ファーストブレイク
相手が帰陣して態勢が整う前に、ボールを進める速攻
最後、長崎ヴェルカはオンザコート0にして試合終了


二宮真佑子MCが「優勝おめでとうございます」とアナウンス
テーブルオフィシャルズ前には「B3優勝おめでとうございます」の電光掲示。岩手ビッグブルズさんの暖かい心遣いが嬉しい
円陣になって喜びを分かち合うヴェルカ
その姿を一列に並んだ岩手の選手たちが見守っている

その後、パブリックビューイング会場では、ヴェルカ優勝の号外が配られ、優勝記念Tシャツが販売された。
映像では控え室で記念Tシャツを着た選手たちのシャンパンファイト、その後、部屋中を丁寧に掃除する姿が映し出されたという。
ヴェルカらしいエピソードで歓喜の1日が終わった。


2022年4月24日(日)
公式サイト、V・PORTでは優勝記念グッズが発売された。
優勝記念TシャツはPV会場で売られていたもの。
V・PORT店頭には選手のイラスト版も置かれていた。


2022年4月24日(日)14:00
岩手ビッグブルズ-長崎ヴェルカ

試合前練習で大きな声が聞こえているのは、恐らくヴェルカの選手たちだろう。
「優勝で気が緩む」
というチームではない。
今日は、昨日よりも激しいプレーで魅せてくれる予感が漂う

舞台が暗転してブルズの選手入場。暗がりで女性が旗を振っているとBABYMETALを思い出すのは僕だけだろうか。


【1Q】岩手 12-22 長崎ヴェルカ
ティップオフはカーターが触ってヴェルカ。そのままリオン・ドライブで先制 0-2
ヴェルカは変わらぬ俊敏な動きだが、ブルズは重いように見える
ヴェルカはショット精度が高くスタートダッシュを決める
5:34 高比良寬治が巧みに道筋を見つけてドライブ 6-18


【2Q】岩手 25-38 長崎ヴェルカ
ギブスのオンザコート1でスタート
5:20 ヴェルカはしばらく3pを落としていたが、ハビエル・カーター(32)が左60度から沈める 16-27
3:42 エドさんスティールからリオンが走る先へバウンズパス。リオンがブロッカーをいなして決める 16-29
■バウンズパス
ボールを床にバウンドさせるパス


【3Q】岩手 45-64 長崎ヴェルカ
4:58 ボンズが左0度から3p 32-56
ボンズはペイントエリアに入ると、難しい態勢からでもショットが打てる。心強い!
寬治がキレキレのディフェンスをみせている


【4Q】岩手 58-89 長崎ヴェルカ
1:17 タリキがFT成功3連投○○○ タリキのプレーは安定していて波が少ない 48-67
5:57 ファーストブレイクの応酬。ヴェルカは寬治ドライブ!48-74
4:31 ようやくエドさんの3p(左45度)が決まる 48-77
8:42 果敢な(強引な?)寬治ドライブが決まり53-86


試合後、ブルズに2011年から在籍する千葉慎也選手(35歳)の引退セレモニーが行われた。10年後、ヴェルカに長く在籍した選手が引退する日が来たら、長崎アリーナ(仮)に駆けつけたいと想う。
B3TVは、つづいて行われたホーム最終戦セレモニーまで「完全中継」してくれた。


千葉館山で行われた試合は、残り11秒から静岡が3pを沈めて追いつき終了。引分けかと想ったら・・・
5分間の延長戦。B3に延長があるとは知らなかった。
4Qのチームファウル数が持ち越されており、静岡が厳しく守る度に千葉が加点。シュート精度で勝った千葉が109-106で勝利
アルティーリ千葉の2位が確定。B2昇格決定戦は岡山-千葉(5月下旬 東京開催)となった。


■ヴェルカ次節(最終節)日程
HOME 岐阜スゥープス
長崎県立総合体育館
Game1 4月30日(土)17:00
Game2 5月1日(日)14:00
ヴェルカはあと1勝でシーズン勝率9割以上が確定する。

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月24日 (日)

長崎ヴェルカに集う皆さん、優勝おめでとう!

2022年4月23日(土)18:00
【29節】Game1岩手ビッグブルズ-長崎ヴェルカ
盛岡タカヤアリーナ

<2021-22シーズン 前回の岩手戦>
14節 1月8日・9日 
Game1 ヴェルカ 89-63 岩手
Game2 ヴェルカ 102-65 岩手
シーズン序盤の4節Game1までは首位を走った岩手ビッグブルズ。長崎県立総合体育館ではVELCAが連勝。

今日は高比良寬治が逆立ちをしている
アリーナMC二宮真佑子さんが熱い
試合に先立ちティップオフセレモニー。長崎ヴェルカからギブスが参加。行くぞと見せかけて全く跳ばない・・(笑)

館山で1時間早く始まったマジック対象千葉の試合は、2Q 終わりでアウェイの静岡がリードしている
アルティーリ千葉 43-46 ベルテックス静岡
できれば「勝って決めたい」複雑な心境で見守る


【1Q】岩手 23-26 長崎ヴェルカ
ティップオフはテレンス・キング(23)に先に触られたがボールはヴェルカへ
0:35 岩手が先制 2-0
0:54 ハビエル・カーター(32)のミドルで追いつく 2-2
2:55 タリキ>ボンズのアリウープで魅せる 4-7
4:05 右0度から狩俣昌也(4)の3p 6-10
5:56 高比良寬治(14)が入って最初のプレーでドライブを決める 15-15

館山の試合は3Qが終わり千葉が逆転
アルティーリ千葉 68-62 ベルテックス静岡


【2Q】岩手 54-50 長崎ヴェルカ
1:38 金髪に黒いヘッドバンドが映えるリオンのドライブ 27-28
3:50 大澤(0)がFT3投を沈める 34-31
岩手は3pを確率よく決めてリードを保つ

2Qが終わった時点で、館山の試合は残り47秒
アルティーリ千葉 83-88 ベルテックス静岡
千葉は3pを多投するが、ことごとく外れ、静岡は確実に加点して試合が終わる
アルティーリ千葉 83-96 ベルテックス静岡

長崎ヴェルカ2021-22シーズンの優勝、来シーズンのB2昇格がここで決まった。


2020年9月
伊藤拓摩氏が長崎ヴェルカ 初代GM兼ヘッドコーチに就任
以後、組織づくり、プレースタイルの構築、選手の獲得までチーム作り全般を担当
前田健滋朗アソシエイト・ヘッドコーチを初めとして、多くの逸材が集い始める。

その頃「ヴェルつく」でたくまGMが熱く語る話しを聞いていてもちんぷんかんぷんだった。
ただ、バスケットのことは何も分からないが、スゴいことをやろうとしていることだけはわかった。

長崎ヴェルカの皆さん、ありがとう!
長崎ヴェルカに集う皆さん、優勝おめでとう!

・・と言いつつ、まだ試合は終わっていない

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

ミトナチオを発動させないで!

2022年4月27日(水)
J2リーグ【12節】
V・ファーレン長崎-水戸ホーリーホック
トランスコスモススタジアム長崎

2019年以降の3シーズン6試合中5試合で先制したチームが勝利。
(1試合は水戸先制の5分後に追いついた長崎が逆転勝利)
シーズンダブルを応酬した後の2021シーズンは1勝1敗
つまり引分けがない


<2019シーズンの水戸戦>
●3月 9日【3節】home V長崎 0-1 水戸
●7月13日【22節】away 水戸 2-1 V長崎


<2020シーズンの水戸戦>
○ 8月23日【14節】away 水戸 2-3 V長崎

前半40分、ルアンのダイレクトを畑潤基が折り返し、こぼれ球を吉岡雅和がインサイドで押しこむ。吉岡今季初ゴール「やっと入った」としみじみする吉岡
前半44分、秋野からカイオへのパスが奪われてカウンター。水戸初めてのCK。ボールウォッチするカイオの背後に走り込んだ中山にフリーで決められてしまい同点
前半AT+2分、カイオが雑に蹴ったボールが水戸に渡りカウンター。松崎のシュートは二見が顔で止めるが、木村のシュートを山口がコースを変え、徳重は逆を取られてしまう。わずか3分で逆転されて後半へ

後半10分、毎熊晟矢が獲ったCKを秋野が蹴る。ニアで畑潤基が絶妙にすらすと住吉の足に当たりゴールイン
後半13分、徳重からのビルドアップ。秋野-亀川とつないだ浮き球に畑潤基がヘッドで競り勝ち、裏に抜け出す澤田へ。ナイストラップでドルブル、DFを引き連れてエリアに入ると角度のないところから振り抜く。GKの頭越しにドライブシュートが決まる。今度はV長崎がわずか3分で再逆転


○ 11月1日【30節】home V長崎 4-1 水戸
前半36分、水戸のCK ファーでフリーとなった木村から最後は前島がシュート。富樫と交錯して高木和は手が届かず。水戸先制
前半41分、ハーフウェイラインで澤田がパスカットしてカイオへ。カイオはフェイントでコースを作り対角線に美しいゴール

後半21分、ルアン、エジガルの投入が準備されている中、澤田がドリブルで左サイドに持ち込みクロスを上げると、瀧澤のクリアが名倉の前に転がる。左に持ち替えて逆転ゴール
後半31分、角田誠が大きくサイドチェンジ 江川がナイストラップから名倉へ。名倉のクロス、エジガルがDFをひきつけたあと、フリーで入って来たルアンが狭い左サイドにコントロールゴール
後半AT+3分、自陣でカイオとルアンが挟んでボール奪取。エジガルが「1人カウンター」時間を矯めて右後ろからきた毎熊に渡すがこのパスが大きい。「これはダメだ」と想ったら、毎熊がファーのエジガルまできっちり届くクロスを通し、大きく跳んだエジガルがヘッドでファーサイドにゴール!エジガルはV長崎デビュー戦で初ゴール。毎熊の靴を磨いた


<2021シーズンの水戸戦>
● 5月2日【11節】away 水戸 1-0 V長崎
前半34分
【水戸】 右サイドで受けたDF村田が二見の脇からエリアのスペースにパス。奥田晃也(2022年からV長崎に加入)が走り込んで富澤と1対1。対角線にナイスゴールを決める。水戸先制

前にタレントを揃えて攻め続けたV長崎だったが、5バックの「ミトナチオ」(秋葉忠宏監督談)で固められた守りをこじ開けることはできず

V・ファーレン長崎は11節を終えて4勝2分5敗 勝ち点14で11位。首位とは15点差。この試合を最後に吉田孝行監督を解任した。


○ 10月30日【36節】home V長崎 2-1 水戸
45分
【V長崎】水戸のニイザからボールを奪う。エジガルがウエリントンハットへラストパス GKの股抜きで転がす V長崎はこの試合1本めのシュートで先制!

後半5分
【V長崎】この試合の1stCK 右からウエリントンハットが蹴る。DFのクリアを再びウエリントンハットがクロス、植中朝日が巧みに面を合わせてゴール
9分
【水戸】 アーリークロスから安藤瑞季に絶妙のターンで決められる


去年、V長崎を相手に決勝ゴールを決めた奥田晃也、今年はV長崎にやって来た。終盤には奥田の躍動を見たい


V・ファーレン長崎ブログ

| |

2022年4月22日 (金)

発見!空也上人立像の銅線は株価チャート型

2022年2月17日
特別展への搬出に向けて空也上人立像が梱包された。
日本通運の特別チームが京都から東京へトラックで搬送。
口から吐き出された銅線でつながった化仏は、以前は抜けるようになっていたが、今は固定されているという。
ニュースで紹介されていた梱包風景は、とても興味深かった。


予約時間の5分前、建物の左側入口に待機列ができる
待機列の先頭に立ち戦闘モード^^;)
入場すると、前の時間帯の客が滞留していたが人影はまばら。
360度に首を振って空也上人を探すと、右手後方に居た。


空也上人は平安時代、天台宗の僧侶。
いつも念仏を唱えて町を周り、人々を助けていたので市聖(いちのひじり)と呼ばれていた。西光寺(後に六波羅蜜寺と改名)を創建した
一心に「南無阿弥陀仏」を唱えたことを表現するために、立像では六字名号が小さな化仏となって口から出ている。


展示室内に順路設定はなく、空也上人だけを好きなだけ見ていることもできる。混雑時のパンダのように「立ち止まらないでください」と言われることもない。
立ち止まらないどころか、ガン見できる

高さ117.6cmの空也上人、高い台に置かれているので見上げる角度
ゆっくりと右回りで進む
一歩進んだら停まり、その角度の空也上人を目に焼き付けたら、また一歩進む
平日のお昼過ぎという時間帯も幸いしていて、ゆったり見ることができる
こうして「空也上人を360度から見られる」ことが、当たり前ではないことをこの時、知らなかった。
六波羅蜜寺の宝物館(収蔵庫)ではヨコ、後ろに回って見ることはできないらしい。考えてみればそちらの方が普通だ。

初めて見るだけで僥倖であるのに、京都でも見られない位置で空也上人に謁見できるとは。拙者、三国一の幸せ者だ^^)


空也上人の左サイドまで来たところで、用意してきた双眼鏡を取り出す
お目当ては化仏。
先ほど特設ショップで買った、化仏だけを写した大型はがきと現物を見比べる
ただ、照明が暗いため双眼鏡では見づらかった。


ここで、重要な発見をする
ハガキの写真と現物では銅線のカタチが違うのだ
ハガキでは直線的だが、現物の銅線は好不調を繰り返す株価チャートのように山と谷を繰り返している。



自宅にある空也上人立像スタチュー(イSム)も「チャート型」


「危ないですよ」
新発見?に夢中になり、ハガキを翳す手が柵を超えていて、学芸員よりそっと注意された。ことばは僕を想ってのものだが、彼女からは僕が危ない人に映っていたかも知れない。

330度を終えようとした時、空也上人の目が光った
こわっ
まさか光り物が埋め込まれているとは知らず、上人が何かに怒っているのかと考えてしまった。
これが「玉眼」と呼ばれていることは、後で「Google先生」から教わった


ここでコーヒーでも出れば、いつまででも見ていられるが、パンダのように動き回るわけでもない立像をそれほど長く見てもいられなくなって15分で退出
この時は、すぐに再会することになるとは思ってもいなかった。
出口の外にある特設ショップをいま1度見る
見逃しているものはないだろうか
その時、空也上人が5つの角度からプリントされたTシャツ(3,000円)に目が留まった。サイズはS/M/L。
現物見本が吊してあるので肩幅に合わせることはできる。
「試着していいですか」
とはさすがに言わなかった。

・もう買うことはできない
・あとで欲しくなってもムリ
・フィギュア(9,800円)を買ったと想って

人はモノを買う理由をすぐに3つは見つけることができる
お買い上げしたTシャツは、いつものサイズ感でちょうどよかった。

空也上人講座

| | | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

「42回の決勝戦」は、難敵新潟、ビッグスワンへ

2022年4月14日
長崎スタジアムシティプロジェクトの公式サイトが公開された。
同日、テレビ朝日「ニュースステーション」では特集が組まれた。

J1に上がった2018年、関東のJ1クラブサポーター達から「長崎遠征をとても楽しみにしている」と聞いた。
観戦+観光。新スタジアムでは、その魅力がさらに高まる。

かつて、同時間帯でNHKの顔だった大越さんが、Nステに来ていて驚いた。
民放という枠組みに無骨な大越さんが映えている。V長崎のことを「すぐJ1行くんじゃないですか」と言ってくれて嬉しかった。

こうして全国ネットのメディアが流す映像にのると誇らしく、いよいよだなと思う。
それは、遠い関東アウェイ組の僕が思うのだから、長崎市の人にとっては、ことさらだろう。
ただ、諌早の人にとっては違う感慨だろう。佐世保の人にとっては「また遠くなる」という悲哀かも知れない。


10節を終えてV・ファーレン長崎は4勝2分4敗 勝ち点14で10位
J2は11節からGWの5連戦にはいる。

2022年4月23日(土)14:00
J2リーグ【11節】
アルビレックス新潟-V・ファーレン長崎
デンカビッグスワンスタジアム


<2019シーズンの新潟戦>
○ 5月11日【13節】home V長崎 3-2 新潟
●11月24日【42節】away 新潟 2-1 V長崎


<2020シーズンの新潟戦>
△ 9月2日【16節】away 新潟 2-2 V長崎
前半42分、ファビオと競ったイバルボのヘッドが渡邉新太の頭に当たりオウンゴール
後半1分、秋野のアーリークロスを大竹がDFを背負いながらバックヘッドで決める
後半19分、中島のシュートを徳重がこぼし鄭大世が詰めて押しこむ
後半AT4分、本間至恩の至近距離シュートを徳重は手に当てたが止めきれず

○11月28日【37節】home V長崎 2-0 新潟
前半29分、ハーフウェイラインから秋野→氣田の縦パス 左にはたいて江川がナイスクロス 富樫が押しこむ
後半22分、カイオのパスをエジガルが落とし、秋野が大竹へ。大竹は粘って粘ってふわりとクロス エジガルがヘッドで押しこむ


<2021シーズンの新潟戦>
● 3月6日【2節】away 新潟 1-0 V長崎
前半44分
【新潟】 鈴木がDF二見と交錯、エリアに飛び込んで倒れる。鈴木は「PKではないのか」と中村太主審に抗議
後半6分
【新潟】「それのどこがファウル?」というファウルを取られてFK
高木が直接狙うと秋野の足に当たってゴールイン
後半11分
本間至恩が毎熊に足の裏を見せたキック。2枚目のイエローで退場
後半42分
秋野から縦の浮かせたボール、フレイレが落として富樫が押しこみゴールイン!したがフレイレの位置がわずかにオフサイド
後半AT2分
ゴールマウスのそばにいた堀米が交替。遠いタッチラインから出ようとした(ルール違反)ため秋野が早く出るよう促すと堀米が秋野の胸を突く

判定に泣いたといえる試合。新潟のラフプレーに後味の悪さが残った


△ 10月16日【34節】home V長崎 1-1 新潟
DF 近藤和彦が出場停止
MF 本間至恩が前週の負傷で欠場
前半13分
【新潟】左サイドでキレイなワンツー。ペナルティエリアにいた鈴木に渡り右隅に決められてしまう
前半34分
新里涼が自陣でトラップミス。鈴木に奪われたところで足を掛けて倒し一発レッド。長崎は一人少なくなる
V長崎は後半開始から名倉巧に替えて加藤聖。この交替が功を奏して攻撃が活性化する
後半24分
【V長崎】右CK 加藤聖は中央へ鋭いボール。大外から大きく跳んできた二見宏志がヘッドで左にたたき込む。長崎同点!
後半30分
【V長崎】右サイドからFK 加藤聖の絶妙なキックをウエリントンハットがゴールイン!
しかし、V長崎にファウルをとり西村雄一主審はゴールを認めない

一発退場、ゴール取り消し
死力を尽くしただけに残念な引き分け


主力に欠場がない整った新潟が相手のアウェイ戦
今節も厳しい戦い
「42回の決勝戦」は続いていく


V・ファーレン長崎ブログ

| |

2022年4月20日 (水)

しらべる22周年

ノストラダムスの大予言が外れて、地球はこれからも続いていくことが共通理解され始めた2000年4月に始めたしらべるは、おかげさまで22周年を迎えました。

いつも読みに来てくださっているあなた!
最近、見つけたというあなた!
ありがとうございます。

しらべるは毎日更新なので、今日で8055日連続更新。
2000日遅れで始めた、このブログは6055日連載です。


一年前、21周年のご挨拶では「BCP」について触れました。
この1年、小池百合子都知事がコロナ禍の事業継続として策定を呼びかけたことで「BCP」が一般にも知られるようになりました。
しらべる周年記事の目次

その記事のなかで、しらべるを継続するための課題として(バッテリーで動く)「ノートパソコンによるアップロード環境をつくること」を掲げました。
自然災害により24時間以上の停電が続いた場合、その日のアップロードができなくなるからです。


その3ヵ月後にはノートパソコンを購入したのですが、選手村活動、定年退職などの出来事が連なり、作業を先延ばし。
年の暮れには十分な時間はあったのですが、自然災害という〆切のない相手になかなか危機感が高まらず放置が続きます。

放置が7ヵ月に迫った時、ようやく重い腰を上げました。
実はこれ、1990年に初めてのノートパソコン(エプソン386NOTEA)を手に入れた時も同じことがありました。

1989年まで市場にあったのは東芝のダイナブック、NECの98NOTEの二銘柄。そこに登場した98互換機 NOTEA は別売ハードディスクと合わせて50万円もしました。

しかし、電源を入れると「ぴーっ」と音が鳴り響き「NO SYSTEM DISC」と表示されるだけの筐体に手も足も出ず、再び化粧箱に仕舞って6ヵ月。

「自らの努力不足で箱に仕舞われたままの高額商品」
というのは、それを見る度に心から活力を奪います。
あなたも経験があるかも知れません。

「美味しいものを作るぞ」と奮発した圧力鍋
「キャリアアップ」を目指して揃えた資格教材
「進学校合格」のためのたて売り訪販教材

メルカリに出して買い手がつけば、肩の荷が下りることもあるでしょうが、貨幣価値は大きく目減りします。


30年前の時は、悩んでいた時に「パソコンに詳しい知人」を見つけて、習いに通いました。
ただ、今回は自分がやれば済むこと。

箱を開けて実際に取りかかってみると、呆気ないほど簡単に設定は終わりました。
電源を入れれば、向こうから色々指示してくれるし、アカウント設定は登録情報を元にほぼ自動。
「Windows11スペック」の機種を選んでおいたので、Windows11へのアップグレードも自動提案されて手間いらず。


最近、20周年の回で書いた「ハウステンボス20周年マグカップ」が旅立ちました。不燃ゴミから小物入れに戻したものの、再びそこで2年間眠っていたのです。

やるべきことは先送りしない
直感を信じる

教訓を得ることはたやすいですが、今は同じ轍を踏むのもまた楽しからずやと思います。

また、時々、しらべるに遊びに来てください!
moto

| | | コメント (0)

2022年4月19日 (火)

ホームで優勝を決められなかったが、VELCA本来の多彩なプレーが戻って来た

2022年4月17日(日)14:00
長崎ヴェルカ-アイシン アレイオンズ
諫早市中央体育館

試合開始時点で岡山は2Qまで終了
岡山 37-33 千葉

【1Q】長崎ヴェルカ 20-24 アイシン
ティップオフはカーターが触りVELCAへ
1:05 タリキの3pで初得点 3-2
序盤アイシンの3pが連続で決まりリードされる
4:28 VELCAはゴール下も決まらず、ついに10点差となりTIME OUT! 5-15
アイシン相手に10点差は、まずい展開だ
7:14 エドさんが左45度からキレイな3pを決める 12-18
残り0.7秒 高比良寬治がFT○○ 4点差に縮めて終える


【2Q】長崎ヴェルカ 32-36 アイシン
序盤はショットが決まらず差が開き、QHまできて 20-30
しかし、ここからボンズのゴール下、3pプレーと決まりはじめ、このピリオドをイーブンまで戻して終える


1時間早く始まった岡山での試合が終わる
岡山 81-84 千葉
この会場での優勝決定はなくなった


【3Q】長崎ヴェルカ 59-54 アイシン
今日は「後半のヴェルカ」が発動する
2:55 リバウンドを2度拾いボンズが決めて、ついにリード 42-41
6:15 右45度狩俣昌也(4)の3pタフショット 52-46
7:08 抜群のボディバランスでリオン・ドライブが3点プレイとなる 56-48


【4Q】長崎ヴェルカ 87-66 アイシン
1:33 珍しいエド・ドライブが出るがDFファウルを受けてFT×○ 62-56
3:41 正面でギブスが相手を背負い、エドさんが3pを決める 67-58
4:20 狩俣昌也(4)のキックアウトから近藤崚太(22)の3p VELCAに多彩なプレーが戻って来た 70-58

7:36 VELCAのタイムアウト 今日はSANA(37)がセンター位置に居る^^;)
9:12 ギブス2スロー○○ 1投後のエアタッチが大仰で場内が沸く 87-66

試合終了。長崎で最後の試合を終えた廣瀬HCをたくまHCが招き寄せて話している。
Game2では優勝決定の可能性があったことに配慮して、アイシン アレイオンズとのフォトセッションがGame1で行われたものと推察する。

28節終了
VELCAの優勝マジック「1」

鹿児島の4位以下が確定。2位以内の可能性は、VELCA、千葉、静岡に絞られた。
次節は千葉(館山)で千葉-静岡が対戦。この試合も「全席無料方式」で行われるため、圧倒的ホーム態勢となる。


■次節日程
AWAY 岩手ビッグブルズ
盛岡タカヤアリーナ
Game1 4月23日(土)18:00
Game2 4月24日(日)14:00

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

「セカンド争いやるなら敵陣で」秋田向けの規律でV長崎が勝ちきる

秋田戦を2週後に控えた時、東京からどれくらいかかるのか調べてみた。
3月に起きた地震で東北新幹線は一部区間が不通となっていたが、4月14日に全線復旧。
乗換案内ツールは、飛行機を初期提案する。
羽田から秋田空港に飛び、3時間半で3万円強
秋田新幹線「こまち」で行くと、およそ6時間で18,000円
※料金は片道
一泊して観光しないと、ちょっともったいない交通費だった。


2022年4月17日(日)13:00
J2リーグ【10節】
ブラウブリッツ秋田-V・ファーレン長崎

<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 加藤聖 江川湧清 二見宏志 奥井諒
MF 米田隼也 加藤大 カイオ クリスティアーノ
FW 都倉賢 エジガル
<ベンチ>
GK 原田岳
DF 櫛引一紀
MF 鍬先祐弥 澤田崇
FW 植中朝日 山崎亮平 奥田晃也

前節と同じスタメン。替わったのはベンチの原田岳のみ。
秋田のベンチに武颯(FW19)が控え、V長崎には植中朝日(FW9)
この2人が互いにとって不気味な存在だ
秋田は出場停止のGK新井(エリア外でシュートを手で止めた)に代わり田中雄大(今季は1~5節にフル出場)PA外シュートセーブ率100%は現在リーグ1位。

<前半>
秋田はよく晴れている
1分
【秋田】 右CKは飯尾竜太朗。前節山形戦では直接ゴールに向かうニアの軌道を2つ蹴っていたが、この試合では無し。
秋田はスローインもロングでいれてセットプレーにこだわる
V長崎は明快な裏への攻め。持たずにワンタッチで前へ蹴っていく。「セカンド争いは敵陣で」という賢明で安心な策だ
7分に左CKを獲得すると、それから何度も左CKを獲得していく

11分
【V長崎】左CKからのクリアボールを拾うと、回さずにぽんぽんと中に入れていく。その都度、秋田がヘッドでクリア。クリアボールに走りこんだ加藤聖、全力で左足を振り抜く。FW青木翔大の緩いブロックもあり、シュートは対角線のネットに突き刺さる!
意外にも先制点は、PA外シュートセーブ率100%のGK田中に対してミドルで決めた

その後、15分にエジガル、22分に二見宏志がCKからヘッドを打つが、わずかに枠を外す。「あの時2点めがとれていたら」とならないか、ふと考えてしまう

<前半>
秋田 0-1 V長崎
直近2度の対戦と同スコア 気が抜けない


<後半>
後半はV長崎が風下
加藤聖が一皮むけている。ドバイ戻りから、ゴールに向かう矢印が鋭い

18分
【V長崎】都倉賢がエリア内でGKと1対1になるシーン 才藤にユニフォームを引っ張られたがノーファール
22分
【V長崎】米田隼也が前線でチャージ カイオのシュートはDFに当たり左へ 2点めの臭いはしている
24分
ここで、秋田の武颯が入る(今日は脅威となるシーン無し)

34分、この試合最大の危機
CKのクリアを正面で拾った輪笠がミドルシュート 富澤反応できず ボールはクロスバーを真芯で捉えた。
この時、加藤聖が全力で足を上げて滑り、シュートコースを消しにいっていた。そのプレッシャーが、わずかにボールの軌道を上に上げさせたと推察する。

V長崎が押していた試合だが、勝負を分けたのは、加藤聖、輪笠のシュート精度。そして、ブロックする守備者の必死さの差だったということになる。



V・ファーレン長崎ブログ

| |

2022年4月17日 (日)

ヴェルカの優勝マジック「2」アイシンの選手と記念撮影

2022年4月16日(土)17:00
長崎ヴェルカ-アイシン アレイオンズ
諫早市中央体育館

<2021-22シーズン 前回のアイシン戦>
13節 1月1日・2日
Game1 アイシン 53-102 ヴェルカ
Game2 アイシン 74-98 ヴェルカ

現在、B3リーグには「プロ」と「企業形態」のチームが混在しているが、2026年のB.LEAGUE再編後、すべてがプロチームとなる。
アイシン アレイオンズは企業形態のチーム。企業形態として在籍可能なリミットを待たず、今シーズン限りで活動を終了する

■アイシン アレイオンズの歴史
1978年
前身の実業団チームが創部

2016年
B.LEAGUE|B3に参加

2020-21シーズン
クラブ史上初のプロリーグ戦優勝

2021年9月
開幕直前、2021-22シーズン限りでの活動終了を発表

2022年4月2日~3日
26節 ホームコート安城地区希望の丘体育館での最終節(対さいたま)を2連勝で終えた

4月23日~24日
29節 アウェイ鹿児島戦でチーム最終セットを迎える
(30節は試合予定なし)

前季(2020-21シーズン)優勝チームであり、今季はここまで6位。2月6日にはホーム安城でアルティーリ千葉を破っている。


【1Q】長崎ヴェルカ 21-17 アイシン
ティップオフはナイジェルスパイクス(11)が触りアイシン 先制もスパイクス 0-2
0:31 すぐに狩俣昌也(4)が正面から3p 3-2
2:41 狩俣昌也が連続で3pを決める 8-5
3:47 高比良寬治とボンズのキックアウト交換からFT獲得ボンズが1投決める 9-7

■キックアウト

ドライブしてインサイドに侵入後、ショットに行かず、アウトサイドに出すパス

8:03 ここで岡山の試合が終わる
岡山 80-102 千葉
現時点でVELCAの優勝マジックは「3」のまま

ダイス野口大介(23)がゴール下、3pと連続で決めて 19-14


【2Q】長崎ヴェルカ 44-41 アイシン
0:41 ギブスの高い軌道の3p 27-19
1:33 ショットクロック(SC10秒で再開)の修正で試合が停まり、SC10秒で再開
※攻撃中ショットがリングに当たると14秒に戻るはずが戻っていなかった
3:19 激しいスティール合戦 制したのはスキンヘッドにしたカーターのゴール下 32-27
4:01 ボンズのゴール下が決まり、この試合初めてのTIME OUT! 34-27 ここまで、試合が停まらず進行が早い
8:07 高比良寬治 右30度から3p 39-33

ラスト4試合を戦うアイシンの士気は高く、前節の千葉戦並の緊張感。後半はホームの底力を見せつけて欲しい


【3Q】長崎ヴェルカ 69-61 アイシン
1:03 リオンがシュートモーション中のファウルを受けると、ひと呼吸置いてからバスケットカウントが認められて3pプレー ここからヴェルカに流れが来る 49-43
アイシン側が抗議する判定がつづくに連れて、アイシンのショットチャレンジが慎重になっていく
残り23秒 VELCAがチームファウル5となると、アイシン側がバスケットカウントでは?と抗議。
確認のうえ判定が変わると今度はたくまHCが抗議
バスケットはファウル後、別の選手のショットだったため、再び判定が戻る
アイシン相手に、3Q終わりの8点差は予断を許さない


【4Q】長崎ヴェルカ 95-80 アイシン
カーター、ボンズのオンザコート2でスタート
カーター、ボンズがFT2スローを確実に決めていく
1:25 近藤の3p、高比良寬治も3pで続く 79-66
アイシンのチームファウル5となってからは、タリキが2×2をすべて決めて 85-73
VELCAは小刻みなディナイからスティール。集中が途切れない
タリキが3pを決めたところから一気に引き離す
残り46秒にも左0度からタリキの3p 95-77
僕の目から見て、今日のMVPはタリキ(実際にはカーター)

カーターのMVP表彰を終えた後、再びアイシンの選手がコートに戻ってきた。
両チーム全選手が全クラブロゴ入りTシャツを着てフォトセッション。

場内からは、大きな拍手が送られた。


VELCAの優勝マジックは、自力で1つ減らして「2」

明日、岡山の結果次第では、諌早で優勝が決まる可能性がある。

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月16日 (土)

ブラウブリッツ秋田-V・ファーレン長崎 「セットプレー」「コンディション」「集中力」

J2リーグ【10節】
ブラウブリッツ秋田-V・ファーレン長崎

9節時点でV長崎、秋田ともに3勝2分4敗 勝ち点11
(得失点差でV長崎が13位、秋田が14位)


ブラウブリッツ秋田は1965年にTDKサッカークラブとして設立。今も胸スポンサーにTDKを掲げている。
カセットテープ世代としては親愛なるTDK(東京電気化学工業)
名前は東京なのに、なぜ秋田?と思ってしらべてみた。
創業者の斎藤憲三氏が秋田県の旧仁賀保町出身で、1940年に秋田県平澤町に工場を置いており、サッカーチームをそこに置いたものと推察する。
2010年に現在のブラウブリッツ秋田に改名。2014年よりJ.LEAGUEに加盟した。

V長崎と秋田は、JFL当時の2009年~2012年に8度対戦(V長崎の4勝4分)
V長崎がJ2に昇格した2013年以降は対戦がなく、去年は9シーズンぶりの対戦だった。

<2021シーズンの秋田戦>
V長崎の1分1敗
● 5月5日【12節】home V長崎 1-2 秋田
△ 8月22日【26節】away 秋田 1-1 V長崎


● 5月5日【12節】home V長崎 1-2 秋田
セットプレーでやられた試合として、記憶に新しい。
5月2日の試合後、吉田孝行監督を解任したV長崎は(GW中ということもあったのか)松田浩監督の登録が間に合わず、佐藤一樹ヘッドコーチが指揮を執った。

前半34分
【V長崎】 カイオが左サイドのルアンへ。ルアンのふわりとしたクロスにエジガルが絶妙の走り込みでヘッド。GK田中一歩も動けず 長崎先制!
ここまで11試合中6試合がクリーンシートという秋田のゴールをこじ開けた

この試合前までの秋田は「逆転試合なし」「後半は得点ゼロ」それだけに、優勢と想って迎えた後半
1-0のまま、後半30分を過ぎたところから事態は暗転する

後半32分
【秋田】 ハーフウェイラインからのFK 普通ならばセットしないところだが秋田はセットプレー。GKが出てきて蹴ると、武にナイスボレーを決められてしまう
後半39分
【秋田】 CK ストーンのカイオがヘッドでクリアに跳ぶが当たらず、後ろにいた谷奥の頭に偶発的に合ってゴール。セットプレー2つで逆転されてしまった

この時まだ、秋田がセットプレーのチームだとは知らなかった。
V長崎は当時、CKなどのセットプレーをマンツーマンで守っていて「見ていて怖い」状態だった。
松田さんが指揮を執った次節から、セットプレーもゾーンで守り始め、それからは、安心して見ていられるようになった。

試合後、すべての質問に対して、精神論的なワンフレーズで応える吉田監督。
あのインタビューが初めてだったため、とても衝撃を受けた。
サッカーメディアは「試合終了後、秋田の選手はリーグ昇格か優勝でもしたかのように喜びを爆発させていた」と伝えた。
現地組からは「秋田の選手が大声を上げて、腹立った」という声を聞いた。


△ 8月22日【26節】away 秋田 1-1 V長崎
ホームでの借りはアウェイで返したい
だが、3ヵ月後の再戦も、一筋縄ではいかない。

前半38分
【V長崎】 右からのCKは加藤聖
1度は秋田ディフェンスに跳ね返されたボールを拾ったあと、ウエリントンのシュートが山田に当たってゴールイン 長崎先制!
トラスタでの試合と同じスコアで折り返す

後半29分
【秋田】 交代で入ったばかりの武颯にナイスターンからフリーでシュートを打たれてしまい同点

V長崎は疲れているのか、ミスが多く雑なプレーが目立った。
試合後、松田さんはこう語っていた。
「隙を作ったのは自分たちの責任。集中力だけだと思う。足が動かないのだったら、交替を申告するのが責任感」


負けに不思議な負け無し(1つは引分けだが)
セットプレーに対する守備
コンディションと集中力
去年の教訓を活かしたとしても、大変厳しい試合になりそうだ。

ちなみに去年、2試合ともナイスゴールを決めた武颯(19番 シーズン7得点中、V長崎戦で2点)は今年も在籍。
ここまで全9試合出場。うち5試合は後半30分あたりからの出場。4節ホーム新潟戦では途中出場から1得点を挙げている。


V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

昨日とは真逆の展開。千葉との対戦成績をイーブンで終える

2022年4月10日(日)
千葉-長崎ヴェルカ Game2

近くのブースターがB2昇格について話している。
「このまま2位になったら、岡山とプレーオフらしい。一発勝負だから何があるかわからん」

B.LEAGUEのリリースには「2チームが自動昇格」という文言がある。
この「自動昇格」という言葉の定義は、J.LEAGUEとは以下の点が異なっている。

J.LEAGUE:リーグ戦の順位で「自動」で「昇格」すること
B.LEAGUE:B2チームとのプレーオフなしで昇格すること

J.LEAGUEでいうところの「自動昇格」はリーグ戦1位だけ。
コロナ禍による特殊事情もあって、リーグ戦2位のチームはプレーオフに回る。


【3Q】 千葉 45-59 長崎ヴェルカ
0:20 幸先良く正面からカーターが3pを決める 31-47
2:12 左45度から狩俣昌也(4)の3pタフショット 頼れる! 35-50
2:53 カーターのフックショット 今日はよく決まっている 35-52
■フックショット
バスケットを横に置き、遠いほうの手でボールを持ち上げるショット

一時20点差を付けたが13点差に詰められる。千葉は強く一筋縄ではいかない。それでも3Qを1点リードとして、いよいよあと10分
「なにも起きませんように」と祈りながら過ごすサッカーと違い、バスケにリードが有利という感覚はほとんどない


【4Q】 千葉 72-81 長崎ヴェルカ
2:02 エドさんが高速パスを通しボンズ・ダンク 51-71
20点差!いつもならば「もらった」となるところだが、ここから辛い時間帯となる
VELCAは時間を使って攻めるが、ショット成功率が落ちる
じりじりと点差が詰まる度に、場内のボルテージが上がる
結果しかコミットできないアウェイ・ブースターにできることが少ない
7:19 千葉のチームファウルが5つとなる
8:12 狩俣昌也がタフ・ミドルショットを決める 66-75
8:41 ゴール下の攻防は千葉の競り勝ちがつづき、ついに5点差 70-75
残り時間を24で割って、点差と比べる。ギリギリだ
残り52秒 狩俣が5ファウルとなり退場 イヤな予感が走る フリースローが2投決まり、ついに3点差
残り25秒 今日はエド・ゾーンに入れなかったエドさんの3pが落ちたが、ボンズがリバウンドから決める(これが大きかった) 72-77
ここから、ボールを取りたい千葉のファウルが3回続き、フリースローで加点していく

「ファウル取りすぎ」
「ファウル大会だな」
周りから声が聞こえる
それは、昨日の僕にあった心の声だ

力んで唇を噛んだようで皮がめくれていた。
歓喜の声もハイタッチも、もちろんグータッチもない
仕方が無いことだ
規制退場の声がかかると、すっくと立ち上がって「クラブ古城はいいところだね」と言う妄想を打ち消して、千葉駅へ歩き始めた

10月24日(4節Game2)で首位に立った長崎ヴェルカは、12月25日に1日だけ明け渡したがここまで首位
優勝マジックは「3」

上位4チームの星取り勝率試算(27節終了時点)

28節、VELCAはホームにアイシン アレイオンズを迎える。アイシンは今期で活動を終えるため、残すところあと2セット(ホーム戦は終了、アウェイで長崎と鹿児島を残す)高い動機付けで乗り込んでくるだけに、大きなヤマ場となる。
千葉は5位岡山とアウェイで対戦

4月16日(土)
15:05 トライフープ岡山-アルティーリ千葉
17:00 長崎ヴェルカ-アイシン アレイオンズ

4月17日(日)
13:05 トライフープ岡山-アルティーリ千葉
14:00 長崎ヴェルカ-アイシン アレイオンズ

岡山の結果次第では、17日にホームで優勝が決まる可能性を残している。

ど素人!バスケットボール観戦用語

| |

2022年4月14日 (木)

ホーム無敗の千葉を破りたい

2022年4月10日(日)13:30
千葉-長崎ヴェルカ Game2
千葉ポートアリーナ

いよいよ長崎ヴェルカの関東アウェイ戦は今季最終戦
最後にホーム無敗の千葉を破りたい
初戦、圧倒的アウェイ空間で敗れ、千葉駅へ歩きながら、こう考えていた
と書きながら、ずいぶん「上から目線」の物言いだと想う。
本来、プロスポーツを応援する立場は「その日の勝ち負け」だけに集中するものだと想う。勝ちは勝ちに過ぎず、そこにホーム無敗といった属性を加えるものではない。
1つ勝てば次の1つ、1つ負けても次の1つ。
ところが、勝ちに慣れると、態度・物言いが奢ってしまう。

ただ、これから先、B2、B1と舞台が変われば、もうこんなことは言えないかも知れないので、今のうちに言っておきたい。
ホーム無敗の千葉を破りたい


千葉に向かう総武線快速で移りゆく景色を眺めている。昨日敗れたことによる悲壮感はない。
むしろ、ワクワクする楽しさに満ちている。
それは、今年初の夏日と予想されている好天のせいではない。この半年で、確固たるVELCAへの信頼が心に沈んでいるからだ。


それでも、昨日とは何か変えようと、千葉駅からあのモノレールに乗る
間近で対面したその筐体は、観光地のロープウェイのよう
千葉駅を出ると、右に左にくねくねと宙を進んで行く。この曲がりくねったルートはモノレールならでは

ティップオフ1時間前、会場に到着。今日はすでに両隣りの席が埋まっている。スミマセンと何度も言って座席へ。昨日より列は後ろだが、センターサークル寄り。やはり、見やすい。


【1Q】 千葉 16-18 長崎ヴェルカ
ティップオフはカーターが先に触り、千葉が回収するのは昨日と同じパターン、先制は千葉
今日もハリセンの音が大きい(2日とも配っているところを見かけなかった)右となりの方達が「ハリセンくれなかった」と言っている
1:13 うまくペイントに入ったディクソンJrタリキ(13)が決めて初得点 3-2
全力で拍手を送ると、同じタイミングで左となりの方が拍手している。どうやらVELCA仲間。肩身が狭かった昨日に比べれば、それだけで心が強くなる。
序盤は拮抗したが、5分過ぎからヴェルカの攻守が決まり点差を離す。しかし7分過ぎから千葉が盛り返す
1Qで2点リードは悪くない。昨日のように大量点差を付けられなかったことに1つ安堵する


【2Q】 千葉 31-44 長崎ヴェルカ
0:54 近藤崚太(22)がアンスポ(千葉大塚)からのスローを決める 16-20
4:53 シーソーゲームが続いていたが、ディフェンスの隙を突いたタリキのドライブで25-30 ここからVELCAが連続8得点で試合の流れを引き込む


2Qの終わり掛けから、両サイドの見切れ席に多数のダンサーが入ってきた。関東恒例のキッズチアだろうか?と想っていたら、これが奇しくも「よさこい」
島瀬公園で見たことはあるが、屋内の大音響で見るよさこいは大迫力!
これでコートに立っていたら、気圧(けお)されてしまいそうだ。

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

初めて目撃するVELCAの敗戦 だが、僕らには明日がある

2022年4月9日(土)
アルティーリ千葉-長崎ヴェルカ

試合前練習。VELCA側ハーフコートからは大きなかけ声
いつも以上だ

千葉ポートアリーナはB1千葉ジェッツふなばしが従来より使用するコート(ジェッツのホームアリーナは現在、船橋アリーナ。2024年春には1万人規模のホームアリーナLaLa arena TOKYO-BAYの開業を予定している)
アリーナが暗転する演出に息を呑む
大音響と重低音が身体に響く
ボディソニックではないのだが、スピーカーの重低音が建物を振動させ、椅子を震わせている
B3TVで見ていてもこれは伝わらない。
B3TVでは場内PAの音を低めにミックスしているからだ。


【1Q】 千葉 22-12 長崎ヴェルカ
ティップオフはカーターが先に触ったが、そのボールを千葉に回収される。カーターに触らせて回収する位置取りに見えた
1:07 正面から狩俣昌也(4)が3pを沈めて先制 前回対戦時は不在だった狩俣が今日は居てくれて頼りがいがある 0-3
VELCAはいつも通り鉄壁のディフェンス
千葉もコッツァーがペイントエリアへの侵入を許さない
従って、ロースコアの試合展開となる

試合進行時のコートスイーパーが「手拭き」なのが珍しい
時計が進んでいる時も、プレーとは逆コートにボランティアが入っていた

序盤はイーブンで進むが、小林(6)の3pが決まると点差が開いていく 長崎でのGame1は小林にやられた。顔も見たくない 13-10
残り23秒 VELCAの攻撃中にロバート・ドジャー(2)が自ら倒れ、レフェリーが試合を止める(この後負傷退場) たくまHCがこの裁定に対して抗議

長崎でのGame1は2Qで付けられた12点差が重しになった。千葉を相手に10点ビハインドは幸先が悪い


【2Q】 千葉 47-42 長崎ヴェルカ
1:04 エドさんがこの日最初の3p 24-17
ヴェルカは堅く守り、その都度千葉の攻撃をカウントダウンに追い込むが、千葉は3p、リバウンドを手堅く決めてくる

会場全体はもちろんだが、前後両隣りも千葉ブースターに囲まれて肩身が狭い(座席はVELCAサイドにとっている)
バスケットでは両チームブースターの座席は隔離されないため、アウェイには強い覚悟が要る

一時、12点差をつけられたが、狩俣、ボンズの連続3pで一気に点差を詰め、5点差で2Q を終える。「悪くない展開だ」と顔に出さずにそっと想う


【3Q】 千葉 74-66 長崎ヴェルカ
さぁ今日も「後半のヴェルカ」が発動されるか
1:29 ボンズがバスケットカウントから3pプレー 48-45
この後も3点差までは詰めるが、コッツァーのリバウンド、ショット、ショットブロックが効いていて、再び点差が開き、8点差で4Qへ

「ティーフェンス」clap clap はホーム経験がない僕には羨ましい
そのリズムに誘われ、つい手を叩きそうになってしまう
開幕戦(アウェイ鹿児島)を見た時は「ディーフェンス」のDJに違和感があったが、すぐに慣れた。今はやりたくて仕方が無い


【4Q】 千葉 93-89 長崎ヴェルカ
VELCAがペースを上げる
1:01 無失点のまま得点を重ね8点差を追いつく リオンの3pで同点 74-74
3:33 カーターの3pが決まりついに逆転、そのまま4点のリードを奪う
残り4分、VELCAは時間を使いながら攻めるが、ショットチャレンジが慎重になり成功率が落ちる
千葉ポートアリーナのボルテージはさらに上がり、流れは千葉へ
8:02 大塚の3pが決まり千葉が逆転 88-87
残り時間1分を切り1点差の攻防
しかし、ボンズ、狩俣の3pが続けて落ちる
残り34秒でVELCAのチームファールが5となりじわじわと点差をつけられる
「これが決まっていれば」をいくつか、外したVELCAが紙一重の敗戦

VELCA側のコートエンドには観客が一人もいない
「明日は満席」と周知されているので、明日はあそこも埋まるのだろうか
初めて目撃するVELCAの敗戦
「ホーム無敗を守った」誇らしげなMCを聴きながら、分散退場に従い、足早に千葉ポートアリーナを後にした

悲痛な気持ちかというとそうではない
まだ、明日がある
翌日にすぐ、やり返すチャンスが来るのは、バスケットのいいところだ

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

VELCAの試合前練習を見ながら、V・ファーレン長崎の勝利を祈る45分

2022年4月9日(土)
J2リーグ【9節】
V・ファーレン長崎-FC町田ゼルビア

スマホでDAZNを1時間視聴すると、およそ2Gを消費する。
サッカー1試合(90分)を見た場合は3G。
そこで、試合の後半が始まる前に、DAZNの"ギガを節約するモード"を試すことにする。

▼DAZNアプリ
▼その他
▼設定
▼データセーブ>3G/4G/LTEの通信量を節約 オン

データセーブモードでは、ギガ消費は7分の1で済む。
画質は落ちるが音声品質は変わらない。
ラジオで前ちゃんの解説を聞いていると思えば、支障は無い。

後半7分 クリスティアーノの弾丸クロスがクリアされたところで、入場口へ移動

15:20
一般開場 スマホでチケットを呈示 自ら「もぎる」または「利用する」をタップすると入場手続は終了。この仕組みは他では見たことがない。

ボランティアスタッフが多い。会場が広いからといえばそれまでだが、関東アウェイ戦でこれほどの人数を見るのは初めてだ(Game1の入場者は3008と発表された)


座席は二階席(東)2列 VELCAベンチのほぼ正面
これが思いの外いい
チケット販売時の座席見取り図ではコートが遠いと感じていたが、実際のコートは間近。臨場感がある。
100%収容再開のため、両隣りに人が居るのは2年半ぶり。初めは圧迫感があったが、長い間経験していたことであり、すぐに違和感は消えた。
ただ、別の違和感に苛まれることになるのだが・・


ご機嫌な気持ちでDAZN視聴を再開
すると、スコアが 長崎 1-1 町田 と表示され衝撃を受ける
いったい、いつの間に・・
と想ったら、データセーブモードで数字が滲み、0が1に見えているだけだった。

どんなスポーツでもリードした側が逃げ切るという作業は心臓に悪い。
町田が好機をつくる回数が増える。そこで、あのことが気になり始めた。
前ちゃんの解説は公平さに定評がある。だが、時にしてアウェイ寄り?と感じることすらある。
この試合では町田のチャンスが潰えると「あぁ」「うーん」と唸る場面が散見された。これは、一般的にはホーム寄り解説者たちが負けている時にやることだ。
前ちゃんが心底アウェイ寄りなはずがない。
さすがに「うーん」はやり過ぎではないだろうか。

26分 都倉賢に替えて植中朝日
今日の長崎は「止める」「蹴る」の基本がしっかりしている。
強いと言われるチームは特に「止める」のが上手いし、ボールを蹴るためのトラップが小さい。


目の前では両チームの選手が前半に攻めるコート(フロントコート)で練習している。
左0度~10度で3pタフショットを繰り返す千葉の10番岡田が、ことごとくバスケットに沈めていく。ホームで敗れた時は、千葉にタフ3pを面白いように決められたのが痛かった。
見なかったことにして、iPhoneの画面に目を落とす。


V長崎の選手たちは明快なリスク管理、労を惜しまぬランニングで時間を使っていく
祈るような時間帯が終わり、イヤホンから長い笛を聞いた
松田さんは試合終了を見届けると、振り返ってすぐスタンドに手を振った。それを見て僕はとても嬉しかった。
僕の周りで共に喜ぶ人はいない


V・ファーレンの勝利を見届けると、ペアリングを外してイヤホンを仕舞い、ここから目の前のVELCAに集中する
たとえ、周囲を千葉ブースターに囲まれても、臆せず応援すると決めている

千葉-VELCA Game1へつづく



| |

2022年4月11日 (月)

アルティーリ千葉の本拠地でV・ファーレン長崎を応援する

昨年11月に深谷ビッグタートルで始まった長崎ヴェルカの関東アウェイ戦
全5セット10試合が終わった。
戦績は7勝1敗 不成立2

初めていく深谷という町は僕が初めてバスケットボールを観た思い出の町になった

横浜EXの試合は昼は設営ボランティア、夜はブースターとして観戦という「1日2役」を予定していたが、中止となり残念だった

八王子は(VELCA戦の)前節が中止となり諦めていたが、球団の努力で開催に漕ぎ着けてくださった

しながわシティは座席を巡って理解しづらい点があったが、スタッフの皆さんの親切さに救われた

そして、千葉の二日間をこれからお話したい。


千葉市内に来るのは人生で2度め
前回、仕事で来た時は夏だったが、ひんやりと過ごしやすく、得意先のサトウさんが「千葉は東京より2度気温が低いんです」と言っていた。
クルマを走らせていると、向こうから謎の物体が飛んできて「わっ」と声をあげた。
「レールの下を走ってくるモノレール」を初めて見た人ならば、きっと誰でも驚くと思う。

JR千葉駅から千葉ポートアリーナへの順路はいくつもあるが、代表的なものは2つ。
1.徒歩21分(1.6km)
2.千葉都市モノレール「市役所前」から徒歩10分(0.74km)
あの不気味なモノレールにも惹かれるが、1日1時間の散歩を日課としているので往路は歩く
(深谷ビッグタートルの徒歩35分より近い)
地図を片手に慎重に歩を進めたので千葉駅のホームから30分かかったが、二日間で慣れて20分ほどで歩くことができた。


ティップオフまで3時間半。
まだ、観客は一人もいない。
準備しているアルティーリのスタッフさんに入場口を確認して、ここから2時間はV・ファーレン長崎-町田戦へ。

隣接のMINATO CAFEはWi-Fiとコンセントが利用ができる。事前の調べによると土日休業となっていたが、イベント開催日ということで臨時営業中。

ただ、外は気温20度。春の風が気持ちよいし、ギガは十分残っているので、ベンチで1人パブリックビューイングとする。

2022年4月9日(土)14:00
J2リーグ【9節】
V・ファーレン長崎-FC町田ゼルビア
トランスコスモススタジアム長崎

<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 加藤聖 江川湧清 二見宏志 奥井諒
MF 米田隼也 加藤大 カイオ クリスティアーノ
FW 都倉賢 エジガル
<ベンチ>
GK 笠原昂史
DF 櫛引一紀
MF 鍬先祐弥 澤田崇
FW 植中朝日 山崎亮平 奥田晃也

ベンチに植中朝日、鍬先祐弥が戻ってきた


<前半>
町田はSH、SBを左右入れ替えるという奇策を打ってきた
ただV長崎は「仲間を見ている」が「人を見ていない」
翁長聖が右に居ようが左に居ようが、やることは同じなのだ。

序盤、好機は町田に訪れる。
6分と16分、至近距離からビニシウスに打たれたシュートは富澤雅也がナイスセーブ!徳島のスアレスに刺激を受けたのか「セーブのトミー」が戻って来た。どちらかがゴールインしていれば、この試合のスコアは逆だったかも知れない

24分、クリスティアーノのクロスに米田隼也がヘッド・・
といっても最小サイズのiPhone(5S)ではそれが誰かはわからない

40分
【V長崎】正面でボールを持った米田隼也が巧みにDFをドリブルで交わすとクロスに思い切りよくシュート!これをGKが止められない
前節は「決まった」というシュートを何本も止められたので少し呆気なさすら感じる

変なおじさんと想われぬよう、拳で小さくガッツポーズ

後半へつづく


V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

空也リングが買えなかった予算で、空也「はんこ」をゲットだぜ 特別展「空也上人と六波羅蜜寺」

12月から2月にかけて、ほとんど傘が要らなかった関東も、啓蟄を過ぎると傘の出番が増えるいつもの街に戻る。

冷たい雨の上野駅に降りる。
前にパンダを見に来た時は台風だったし、僕は快晴の上野に来たことがない。
まん延防止等重点措置により、パンダ観覧がお休みということもあってか、人影はまばら。

印刷してきた地図を広げるまでもなく、東京国立博物館までの順路は迷いようがない。
公園には修学旅行の高校生たちが居て、グループ単位で行動している。

水たまりを避けながら入口にたどり着くと、立て看板に "フィギュア「空也上人立像」完売 次の入荷をお待ちください" と貼り紙されている。
ネットからの事前情報を得ていないフィギュア目当ての人は、ここで「がびーん」となって座り込むかもしれない。


予約時間より、ずいぶん早く着いた。
早めに入れるのかと係員に尋ねると「予約時間の5分ほど前から待機列を作る」とのこと。
特設ショップは入室前でも入れる(買える)場所にあるという朗報を得て、先にお目当ての買物へ。


1日でも早く来たかった理由は「オープンリング」が欲しかったからだ。

品名:フェリシモ おてらぶコラボレーション 六波羅蜜寺 空也上人 称名オープンリング

空也上人が吐き出す化仏がリング(指輪)に付いていて 2,640円
指輪をする習慣はないが、南蔵院の涅槃像と並べてデスクに飾れそうだ。
ところが、売り場をくまなく探しても、それらしきモノが見つからない。レジに居た方に尋ねると、とても申し訳なさそうに「早くに完売したんです」と言う。
ここは「がびーん」とショックを受けたが、数秒で立ち直った。
なぜならば、その方の物腰が謙虚で、とても感じよかったからだ。

ちなみにこの時、このリングは 2,640円で化仏6体が揃うものと想っていたが、その後ネットで転売されている品を見て、6体にするには3セット買わなければならないことがわかった(つまり7,920円)

このリングは4月6日から再販された。
※1人3点限り 会期中順次3000個入荷予定

リングが買えなかった代わりに6体の化仏がプリントされた大型ポストカードを購入。これはパソコンモニターのそばに貼っているが、6体の化仏が映ったものとしては"最大級"とても気に入っているし、随分安くついた^^)

浮いたリング予算で「はんこ」も購入した。
・吹き出し入りの空也上人横顔(700円)
これは遊べそうだ。化仏の吹出しに書く文言がすぐにイメージできた。六波羅蜜寺で売られている品かは不明だが、東京で買う機会はないと思い即ゲット
これに合う青インクのスタンプを探していると"店仕舞いする"文具店で、ぴったりの品が手に入った。


4月7日13時頃「六波羅蜜寺公認 空也上人立像」フィギュアの再販が発表され、9日朝イチの日時指定券は完売していた。
4月9日(土)
入荷数900個
今ごろ、ヤフカリで見られるかも知れない。

つづく

空也上人講座

| | | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

千葉ポートアリーナでホームの借りを返したい

2022年4月3日(日)
長崎ヴェルカ-山口
長崎県立総合体育館

【1Q】長崎ヴェルカ 32-26 山口
前日に続き3rdユニフォーム
ティップオフはカーターが触りVELCA ディクソンJrタリキ(13)がリバウンドを決めて先制 2-0
5:10 山口の松尾啓輔(6)が2スローをエアボールで決めて同点 13-13
前日につづいて序盤は拮抗した展開だったが、ここからVELCAが引き離していく
5:43 狩俣昌也(4)が3pを2連続で決める 19-13


【2Q】長崎ヴェルカ 65-49 山口
1:22 ギブスのゴール下で2Qも先取点 34-30
2:40 カーターが相手のブロックをかいくぐり態勢を崩しながら決める。こうした難しいショットを決める技術が苦境に立った時の力になる 39-33
6:03 ゴール下を固め、ボールマンにディナイをかけてこない山口 高比良寬治が右40度から3p 52-37

■ディナイ deny=拒絶
パスコースに手をかざすディフェンス


【3Q】長崎ヴェルカ 99-60 山口
1:10 カーターがDFを押しこみながらゴール下を決める 71-50
4:31 ボンズがバスケットカウントからの3pプレイ ここから山口の攻撃に翳りが見え始め、3Qは23点差とした 81-52


【4Q】長崎ヴェルカ 131-88 山口
0:14 ギブスが右0度から3p 102-60
4:06 昨日は出場がなかった山崎凜(90)が入る
5:27 山崎凜が3pを落とした直後、榎田拓真(36)が3p 119-73
8:35 山崎が正面からドライブ ようやく流れの中で2pを決める。得点3に留まった山崎、次節(千葉)Game1での出場は難しいかも知れない 129-84
9:38 ペイントエリアの脇で2秒ほど待っていたリオンがゴール下で決める 131-86

MVPはマット・ボンズ(5)


■次節日程
AWAY アルティーリ千葉
千葉ポートアリーナ
Game1 4月 9日(土)17:00
Game2 4月10日(日)13:30


<2021-22シーズン 前回の千葉戦>
12節 12月25日・26日 
長崎県立総合体育館
Game1 ●ヴェルカ 83-91 千葉
Game2 ○ヴェルカ 88-61 千葉
Game1は千葉のゴール下への侵入を止められず敗れると、Game2は厳しい守備でドライブをおさえた

4月5日(火)に行われた26節で千葉が横浜EXに敗れた。
これによりVELCA 最短の優勝決定は・・
VELCAが千葉に2連勝した場合=16日 
アイシン戦Game1
VELCAが千葉に1勝した場合=23日 岩手戦Game1
ホームで優勝を決めるためには「2連勝」が必要であることは変わらない。

共に今シーズンからB.LEAGUE|B3に参入。しのぎを削ってきたVELCAと千葉が雌雄を決する時が来た。
千葉は29節に3位静岡戦を残している。仮にVELCA・静岡に4敗した場合、静岡が全勝で2位が入れ替わる可能性は残っている。

千葉はここまでB3で唯一ホーム無敗
VELCAはホーム1敗だが、それは千葉とのGame1に付けられたもの
まずはGame1に勝利したい

千葉はこの数セットを全席スポンサー買い取りで開催しており、VELCA戦も全席無料(手数料165円のみ)
ファンクラブ先行で"販売"が始まったため、VELCAブースターが買える一般販売開始時点で一階席は"完売"
(後に一階コートエンドに若干の空席が出た)

従って、アリーナ席は千葉ブースター一色
VELCAブースターはスタンド(2階席)からの応援となる
選手もブースターも"完全アウェイ"の戦いとなるが、臆することなく必死の応援をして、ホームの借りを返したい

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (2)

2022年4月 8日 (金)

全力プレーで右肩上がりのVELCA B3得点記録を更新

2022年4月2日(土)
長崎ヴェルカ-山口ペイトリオッツ

<2021-22シーズン 前回の山口戦>
11節 12月18日・19日 
Game1 山口 73-98 ヴェルカ
Game2 山口 89-97 ヴェルカ


【1Q】長崎ヴェルカ 37-20 山口
VELCAは3rdユニフォーム着用
ティップオフはカーターが触り、今日はオレンジの靴に戻した狩俣昌也へ 榎田拓真の3pで先制
序盤は山口にゴール下を許し一進一退となったが、ギブス、エドさんを入れたあたりから差をつけ始める
6分過ぎ 機械のトラブルで長く試合が停まる 23-14
8:20 今日もエドさんの3ポイントが冴える 34-16


【2Q】長崎ヴェルカ 84-33 山口
1:41 ギブスからカーターへのアリウープ 43-20:
OFFICIAL TIME OUTには、お休みのSANAちゃんを除く11人のヴェルチアが登場
ヴェルカは3pをことごとく沈めて大差をつける
初対戦の11節Game1は2Q終わりで45-34だったが、攻守のパワーアップが数字に表れている
これまで、2Q 終わりの最大リードはゲーム43しながわ戦の+40点。今日は51点差!

<ハーフタイム>
4月10日、awayアルティーリ千葉戦のパブリックビューイング(PV)開催が発表された。
これまでにV・ファーレン長崎のPVは何度か行われているが、長崎ヴェルカは初めて。

メイン会場:アルカスSASEBO
サブ会場:長崎原爆資料館ホール
入場無料 要事前応募

長崎より1時間早く始まった試合で鹿児島が敗れた。
鹿児島 79-84 岐阜


【3Q】長崎ヴェルカ 115-58 山口
オンザコート1で戦う
5:07 カーターのバスケットカウント・3ポイントプレーで100点に乗せる 102-43


【4Q】長崎ヴェルカ 148-83 山口
外国人オンザコート2で入りメンバーを落とさず戦う。次節千葉決戦を睨んだ起用と推察する

■オンザコート2
外国籍選手が同時に2人出場している状態
1人ならばオンザコート1、0人の場合オンザコート0
当時出場の外国人枠は常時2人まで(B1、B2、B3共通)
2017シーズンまではピリオドに拠って人数制限が異なっていた

1:27 ボンズがフリースロー2投めを落とすが、リバウンドから3pを決める4ポイントプレー?でチーム最高得点を更新 123-60

※これまでの記録はGame17金沢戦、Game28岐阜戦の「121」

オンザコート0にしてからも集中力は切れない
残り20秒でボールを握り「150点乗せか?」と想われたが、高比良寬治が保持したまま終わらせる

Game17金沢戦の68点差に次ぐ65点差をつけた
1試合148得点は、B.LEAGUE|B3の得点記録を更新

MVPは狩俣昌也(4)
試合中は怖い顔の狩俣が笑っていると、少しほっとする^^;)

4位静岡が勝利して、鹿児島に替わり3位に上がった。
VELCAの「2位以内確定」が最短で千葉戦のGame1であることは変わらない

ど素人!バスケットボール観戦用語

| | | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

町田戦 トラスタでアウェイに乗り込んだ時のような闘争心を

2022年4月9日(土)14:00
J2リーグ【9節】
V・ファーレン長崎-FC町田ゼルビア
トランスコスモススタジアム長崎

<2017シーズンの町田戦>
△6月17日【19節】home V長崎 0-0 町田
△10月7日【36節】away 町田 1-1 V長崎

<2018シーズンの町田戦>
V長崎がゼイワンに居て対戦なし
J1ライセンス不交付の町田の成績によって降格チーム数が変わるため、町田を応援したのが懐かしい

<2019シーズンの町田戦>
△ 6月16日【18節】away 町田 2-2 V長崎
○10月6日【35節】home V長崎 3-2 町田

<2020シーズンの町田戦>
△ 9月23日【21節】away 町田 1-1 V長崎
・前半9分、町田2本めのCK。ライン沿いに低く入れたボール、ルアンが出した足にあたり不運なオウンゴール
・後半34分、名倉巧からのラストパスに走り込んだイバルボ、深津と足が絡んで倒れる。イバルボは今期2本めのPK。ゆっくりとしたモーションから右隅へ。秋元が右手で触れたがゴールイン

○ 11月4日【31節】home V長崎 3-1 町田
・前半46分、秋野のロングパスがDF小田に跳ね返された所に走りこんだ加藤大がノートラップボレー。加藤大は移籍後初ゴール
・後半7分、吉岡、エジガルとつないだボールを氣田亮真がミドルシュート。深津の足に当たりゴールイン
・30分、高江のスルーパスのカットに入った秋野だが、ボールが岡田へのパスになってしまい、フリーで右隅に決められてしまう
・43分、ペナルティエリア内で「メッシ名倉」がドリブルでDFを抜き、GKの至近距離からシュート。DFがヘッドでかきだした所へ飛び込んできたルアンがジャンピングボレーをたたき込む

<2021シーズンの町田戦>
●4月17日【8節】home V長崎 0-3 町田
・前半8分、右サイドにスルーパスを通され、吉尾にナイスゴールを決められてしまう
・後半10分、フレイレのミスキックから奪われると、またも吉尾が裏へ抜けて1対1となりナイスゴール
・12分、町田のカウンター 長谷川のシュートを一度は徳重が止めたが、リバウンドを長谷川に押しこまれた

△9月18日【30節】away 町田 3-3 V長崎
東京2020以降も緊急事態宣言が続く東京ではビジター席なし
孤立無援の町田GIONスタジアム
11秒 ^^;) 【V長崎】前方へグラウンダーのロングボール。これが水たまりで停まる。澤田崇がすかさず取って植中がパス。エジガルが1ステップで左隅へ突き刺すファインゴール
後半7分【V長崎】CK 右から山崎亮平が蹴る。複雑な動きで完全フリーになったエジガルにドンピシャで合ってヘッドで突き刺す
12分【町田】CKから吉尾のシュートが佐野に当たりコースが変わってゴールイン
16分【V長崎】エリア内で巧みにターンした毎熊晟矢がマイナスで折り返すとエジガルが右足を振り抜きハットトリック
30分【町田】GKからのフィードを太田が収める。富澤雅也が飛び出すが太田が右隅へ決める
40分【町田】V長崎のクロス対応が落ち着かないところ、太田のナイスシュートが決まる

"町田GIONスタジアムでは、長崎が2点を追いつかれる試合が2回続いている。ホームではその年によって盤面をひっくり返したような試合。
2019年以降、両チーム合計のゴール数が2~6という撃ち合いの傾向にある。"
通算対戦成績はV長崎の3勝5分2敗 14得点 14失点

J.LEAGUE Data Siteでは、過去の通算対戦データをしらべることができる。

■操作
V・ファーレン長崎とFC町田ゼルビアの場合

▼J.LEAGUE Data Siteにアクセス
▼大会 J1,J2,J3 にチェック
▼年度 2005~2022 を選択
▼チーム 長崎 にチェック
▼対戦チーム 町田 にチェック
▼(検索)


3位町田との対戦は序盤に訪れた6ポイントゲーム
開幕2試合の東京V、横浜FCという、今となっては6ポイントゲームで流れを失ったV長崎としては、ここを勝って、右肩上がりの軌道を続けたい。
前節、対戦前まで7試合4失点だった徳島から(スアレスに止められたが)決定機を何度も作ることができた。
町田はここまで8試合5失点。
トラスタはホームだが、アウェイに乗り込んだ時のような闘争心が見られるだろう


V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

堅守速攻長崎の伝統が戻りつつある

2022年4月3日(日)
J2リーグ【8節】
徳島ヴォルティス-V・ファーレン長崎
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

<後半>
16分 徳島は川上に替えて安部崇士が入る
「玉田圭司が褒めた選手」といえば、V長崎ファミリーは「あぁあの選手か」とわかるはずだ。

■安部崇士
位置:DF
身長:180cm
中央大学出身

■安部崇士の略歴
1997年7月15日
大阪府生まれ

2020年
徳島ヴォルティス(当時J2)1年め

2021年
6月1日、ファジアーノ岡山へ育成型期限付移籍
9月26日、リーグ戦初ゴール
11月28日、V・ファーレン長崎戦で(当季限りで引退する)玉田圭司から「何歳?いい選手だね」と声を掛けられたことをtweetした

2022年
徳島ヴォルティス(J2)に復帰


17分
【徳島】クロスに藤尾翔太がヒールで合わせる。枠の上に外れてヒヤリ
この日、ドバイ帰りの2人が得点に絡むことは無かった

22分
【V長崎】米田隼也のクロスを都倉賢が左足で合わせる。今度こそ「きた」と想ったらまたもスアレスが右手一本で弾く
23分 CKから渡井のカウンターを止めた奥井諒にイエロー。過去には何度もやられている渡井に仕事をさせない

26分 徳島がアタッキングサードで波状攻撃 V長崎はエリア内を固めて凌ぎきる
31分 (5連戦の5戦めの)徳島は5人の交代枠を終えるが、V長崎はまだ1人も替えない
こういう時のためにキャンプで「もうイヤ」というほど走って来たのだ^^)
31分
ペナルティエリアのライン上ぎりぎりで二見宏志が渡井を倒す。二見は「ここここ」とエリア外の芝を指す FKはクリスティアーノがヘッドでクリア(しばらく頭が痛そうだった)

37分 徳島攻勢の時間帯が続いたところでV長崎もようやく交替
米田隼也に替えて澤田崇
エジガルに替えて山崎亮平 クリスティアーノが1列上がる

39分 CKからカカのカウンターを受けるが、ラストパスが精度を欠き富澤が押さえる
41分 加藤大に替えて大竹洋平

42分
【V長崎】自陣からのカウンター 澤田崇が高速ドリブル 並走したクリスティアーノに渡すとさらにパスを選択、渡井にカットされる
43分 またもV長崎に決定機
【V長崎】左サイドからクリスティアーノのクロス 足下に叩きつけた都倉賢のヘッド これもスアレスが左足に当てる(もう少し右へ・・)

「なんで、そうなると」
いつもならば、悲嘆に暮れるところだが、V長崎の選手たちは、こちらが嬉しくなるくらい、頑張ってくれているし、試合はまだ終わっていない。

V長崎は前からの守備を継続。additional timeは4分。ここで徳島に最大の決定機
+3分
【徳島】アーリークロスからのシュート3連発を富澤が2度、最後は江川が身体で止める
ここまで90分やってきたことをムダにしない懸命の守備

試合を終えて、両チームの選手が、まるで家族のように長い時間讃え合うのが印象的だった

ポゼッションは38%。これぞV長崎の黄金律
堅く守りチャンスは決める。堅守速攻長崎の伝統が戻りつつある

よい予測でのボール奪取
見違えるような速い攻撃
V長崎の選手たちは、ファミリーの信頼を取り戻した


V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

徳島はゾーンDFになってからのV長崎とは初対戦

2022年4月3日(日)14:00
J2リーグ【8節】
徳島ヴォルティス-V・ファーレン長崎
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

ここまで、V長崎は今年J1からきたチームとの対戦は、互角の試合をしている。
away 横浜FC 0-1
home 大分 4-1

相手にとってはゾーンDFになってからのV長崎とは初対戦。その優位性があると推察する。
松田浩監督就任以降、ゾーンDFのV長崎を初対戦で破ったのは去年の磐田、甲府と今年の横浜FCの3チームのみ。
"初対戦"の強みで勝利をつかみたい。


<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 奥井諒 二見宏志 江川湧清 加藤聖
MF クリスティアーノ カイオ 加藤大 米田隼也
FW 都倉賢 エジガル
<ベンチ>
GK 笠原昂史
DF 村松航太 櫛引一紀
MF 澤田崇 大竹洋平
FW 山崎亮平 奥田晃也

ドバイカップ(U-21日本代表)から戻った加藤聖がスタメン復帰。米田隼也が1列上がり澤田崇がベンチへ
加藤聖-米田隼也の左サイドにワクワクさせて欲しい
共にドバイカップを戦った徳島の藤尾翔太もスタメン復帰
前節松田さんが「合流して間もない」と語っていた櫛引一紀はベンチ
笠柳翼・安部大晴のU-19代表候補組はベンチに入っていない
クラブHPで次節町田戦のバナーに植中朝日が登場している。復帰が待ち遠しい。


<前半>
徳島はハイプレスで試合に入る。V長崎が裏にボールを入れるとセーフティに蹴り出してきて、これまでの"徳島感"と少し印象が異なる
3分
【V長崎】カウンターから都倉賢のシュート GKスアレスが横っ飛びでナイスセーブ。この時点では今日が「スアレスの日」になる予感はない

10分
【徳島】エリア外から中央にドリブルした川崎のシュート。富澤、反応が一瞬遅れたがギリギリセーブ。今シーズン序盤から3失点しているカタチ。一難去る

V長崎はFWとSHの4人が交互に前へ詰める守備。先制したい意欲が見える
21分
【V長崎】新井のミスでCKをもらう。エジガルのヘッドが右隅へ跳ぶとスアレスがビッグセーブ なんとなくイヤな予感
22分
【V長崎】右サイドのパス交換からカイオのシュートはわずか左(カイオがこのところ枠を捉えていない)
27分、クリスティアーノの突破を止めた新井にイエロー

徳島にボールを持たせているが、ディフェンシブサードに入れていない。この戦いは見ていて楽しい。ただ、後半に足が止まらないか心配ではある
前半のポゼッション「39%」は、ほぼV長崎の黄金律。V長崎らしい正しい方向が見えている


<後半>
5分
【V長崎】エリアのすぐ外側でFK ドバイ帰りの加藤聖、直接狙うが大きく上へ外してしまう
V長崎がブロックに移行したのか?徳島がアタッキングサードに入り始めている。チャンスは交互に訪れる

15分
【V長崎】クリスティアーノのクロス、エジガルが真芯で捉えた至近距離ヘッドはスアレスの正面。これも反応よくセーブ(少しだけどちらか角度がついていれば・・)

これだけいいシュートが止められてイヤな予感もするが、これだけチャンスが作れているのだから、そろそろ決まるだろうという考え方もある



V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月 4日 (月)

チャントがない応援にも慣れ、安堵に包まれた前橋の夜

2022年3月30日(水)
J2リーグ【7節】
ザスパクサツ群馬-V・ファーレン長崎

<前半>
群馬 1-2 V長崎

<後半>
後半は守備が向こう側。攻撃が僕らの側になる。
遠くで行われていることは見えづらく、ヒヤヒヤする
近くで行われていることはよく見えて、ワクワクする
前半の2点は遠くてよくわからなかった。できれば、今度は目の前で点を決めて欲しい
そう想っていたが、概ね試合は遠くで進んでいく

「こわい、こわい」
「なんで、そっちへ蹴ると」
ペナルティエリアに入るボールを必死でかき出しているのが二見宏志であることは遠めにもわかる

今日、僕らの選手たちはなかなかイイ
クリスティアーノがボールを持つと、ワクワクする
エジガルがよくボールをキープしている。彼の状態が上がってきているのではないか
カイオは圧倒的技術でボールを失わない

18分
【群馬】 天笠がシュート ネットが揺れて「やられた」と想ったが、向こうのゴール裏の歓声に落胆が滲んでいる。サイドネットだった
2-1の逃げ切りはムリと想っていたが、意外とこのままいくのかも・・
しかし、アウェイゲームはそう甘くなかった

21分
【群馬】 ペナルティエリア内でプレーが続いている。プレーが切れたかと想ったら、今度は向こうのゴール裏が大きく沸いた
(小島が折り返し奥村のゴール)

「2-0は危険なスコア」は迷信だと想いたかったが、現実として目の前にある。
いいことも悪いことも考えるが、それはすぐに忘れて応援に集中する。チャントを歌えていた頃は自然とそれができていたが、無言の応援では難しくなっていた。
ただ、無言の良さもあって、周囲から「やばいよ」とか「もうダメ」といった嘆きを聞かなくて済む

富澤はゴールキックで後ろからつないでいたのを、ロングキック主体に切り替える。リスク管理としての判断だろう。僕らもその方が助かる

29分
加藤大に替えて大竹洋平

32分 群馬に決定的機会「やられた」と観念したところから、まさかの展開
中盤で奪うとエジガルが右サイドのクリスティアーノへ
縦のドリブルから後ろ足で90度角度を付けるとDFが対応できずエリア内へ
左足を振り抜くとGK櫛引が押さえる
「あぁダメか」
しかし主審の長い笛
「え゛ー入ったと?」
(櫛引が1度入ったボールをラインの上までかき戻していた)
クリスティアーノがゴール裏へ走って来るところをみると、本当に入ったようだ。歓喜で迎える僕ら
近くのゴールで決めてくれると、この一瞬がたまらない

34分
澤田崇→山崎亮平
都倉賢→奥田晃也

V長崎は攻撃の手を緩めないことで、時間を進めていく。セカンドボール奪取率が上がり、キープ力が頼もしい

45分
奥井諒→村松航太
米田隼也→櫛引一紀
櫛引が移籍後初出場
DAZNで見ると、都倉賢がコーチングエリアに出て盛んに声を出している。ユーロ2016決勝のロナルドかと想った

+4分
長い笛が鳴り試合が終わる
そうなると、今度は選手たちに早く来て欲しい
ストップウォッチを止めて時刻を表示させると、帰りのバスまであと13分

試合前挨拶は陸上トラックまでだが、歓喜の挨拶は芝生の処まで来てくれた。この瞬間に、一緒に戦った、背中を押せたという達成感がある
この時、2ゴール1アシストのクリスティアーノが居なかったことに気づいたのは、翌日DAZNでインタビューを見た時だった。


選手たちがすぐに来てくれたお蔭で、予定よりも1本早い新幹線に乗ることができた。
自由席は人影もまばら。遅い時間と言うこともあるのだろうが、今はもう指定をとる必要はなくなったのだと知る。
それにしても新幹線は速い。黙々と走るのがいい。椅子もいい。在来線に2時間乗って来ただけに、リクライニングの偉大さを痛感した。



V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

サッカーでは「2-0は危険なスコア」が頭をよぎる

2022年3月30日(水)19:03
J2リーグ【7節】
ザスパクサツ群馬-V・ファーレン長崎
正田醤油スタジアム群馬

このカードはV長崎が現在6連勝。
V長崎がゼイワン昇格した2017シーズンはV長崎が2勝
2018、2019シーズンはディビジョンの違いで対戦がなく、2020、2021は続けてV長崎のシーズンダブル
群馬にしてみれば、相性は悪いが調子も悪いV長崎に一泡吹かせたいという試合となる。

過去2度、前橋での試合はいずれも先制されてからの逆転勝ち(2-1)
前半は0-0でもいい。いや、0-1くらいならばいい
東京を出る時は少し自虐的になっていたが、バスを降りる選手たちと時間を共有できたことで、目の前の一分に集中できている


<前半>
3分
【V長崎】相手ボールをカットしたかと想うと右サイドからクロスが入る。するとネットが揺れて、長い笛が鳴る
「うそ、入ったと?」
※「 」書きは心の声

振り返ってボードを見たがリプレーは出ていない
只今のゴールは背番号27番都倉賢選手です
場内アナウンスが入り、ようやく確信する

群馬は右に左に素早くボールを振ってくる。この光景、かつて対戦した時の浦和、川崎のようだ。
パスは確かなうえに足下で止める技術が高い。大槻監督に代わって起きた変化なのだろうか

18分
【V長崎】中盤でボールを奪ったかと想うと、右サイドにボールを振る
今日は右サイドが狙い目とみているようだ
ボールを受けたのがクリスティアーノであることは遠めにもわかる
足を振り抜くと斜めの弾道がキレイにみえてゴール左上のネットに突き刺さった
今度は疑いもなくゴールだ
(DAZNで確認すると、GK櫛引が手に当てていた)

23分
【V長崎】最初のCK 都倉賢がシュート機会を得たが大きく上に外してしまう。あれが入っていれば・・ということにならなければいいが。
心に小さな不安が灯る

試合は圧倒的に僕らの側、つまり群馬のアタッキングサイドで行われる。富澤を起点に後ろからつなぐと、群馬は果敢に詰めてくる
「こわい、こわい」
縦が詰まって見えるゴール裏の視覚では、相手が足下まで来ているように見える
これだけ攻め続けられていると、いずれゴールをこじ開けられてしまうか、あるいは僕らの一発カウンターか
現実は悪い方だった

+2分
【群馬】 アタッキングサードでFK 僕らは富澤コール代わりの富澤クラップ
ふわりと上がったボールがヘッドで(天笠泰輝に)ナイスゴールされてしまう
「それが入るのか」というゴールで、重苦しいムードが漂う

サッカーでは「2-0は危険なスコア」と言われる
近いところでは、2018年W杯 日本が2-0からベルギーに3失点する逆転負けの試合がある。
言葉にはしないが、2-0でリードしている側の脳裏に1度は浮かんでしまう
それでもまだ1点リードなんだ・・リードした方が有利に決まっている
ただこの時、対群馬戦6連勝中であることも、過去2年ここで逆転勝ちしていることも記憶から消えていた


<ハーフタイム>
21時の気温が15度という予報をみて、ダウンをやめて薄手のウィンドブレーカーに替えてきた
というのは嘘で、その服装が横浜FC戦と同じことに気づき、去年の群馬戦と同じ服装に替えたのだった
後半を待つ間、USBカイロで暖を取る。
2年前、群馬の友だちが「赤城おろしで夜は冷えるよ」と教えてくれたことをすっかり忘れていた



V・ファーレン長崎ブログ

| | | コメント (0)

2022年4月 2日 (土)

初めての入り待ち

往路は在来線で2時間の旅
コロナ禍以降、電車の遠出といえば関東アウェイ戦
上野東京ライン(常磐線直通)を待ちながら「Google先生」に何両目が空いているかを尋ねている。
「15両編成の場合1、13~15ならば快適」という助言に従い1号車で待っていると首尾良く座ることができた。
常磐線にはクロスシート(列車の進行方向と正対するシート)があり、そこを確保すれば車窓の景色が旅に彩りを添える。
ロングシート(列車の中心線に平行するシート)では、向かいの人をガン見しているみたいで景色を楽しめない。

「前寄り5両は籠原止まりです」
車掌のアナウンスに聞きおぼえがあるが、それがいつだったか思い出せない。
過去の群馬戦はいずれもチャーターバスで来ていたので、栃木SC戦だっただろうか。
今日は終点高崎まで乗るので、それに抵触することがはっきりしている。
確か前回の時は籠原の次の駅が目的地だったと想うが思い出せない。
そして、それは深谷だった。(長崎ヴェルカの関東アウェイ戦初戦)

かつて、地図を片手に車を走らせていた時代ならば、こんなことはなかった。
「カーナビ」「乗換案内」というツールが世に出てからは、地図を見なくなった。群馬が栃木の左にあることはわかるが、高速や鉄道がどのように走り分岐しているのかが映像で浮かばない。

初めて降り立つ前橋の駅。平日のおやつ時、人影はまばら。
南口を出て東横インの前にシャトルバス乗り場が設えてあった。
クラブHPには「キックオフ3時間前から30分毎」と書いてあったが、この日は16:30からの3便

シャトルバスが発車してしばらくすると、V長崎のサポーターから「スタメン出た」と声が上がる。まだ、2時間20分前。いつもより早い

<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 米田隼也 江川湧清 二見宏志 奥井諒
MF 澤田崇 カイオ 加藤大 クリスティアーノ
FW 都倉賢 エジガル
<ベンチ>
GK 笠原昂史
DF 櫛引一紀 村松航太 高橋峻希
MF 大竹洋平
FW 山崎亮平 奥田晃也

開幕から欠場していた櫛引一紀が待望のベンチ入り
前節から中3日だが、ターンオーバーという意味での交替は見られない
U-19日本代表合宿参加のため、笠柳翼・安部大晴が不在
加藤聖はカタール杯(優勝)が終わったばかりで、まだ戻っていない
代表に絡むタレントが、ここに来ていないことは、シーズン終盤に向けての希望だ


シャトルバスの所要時間は20分。降車した場所で帰りは乗車となる。
出発は 21:10 21:50の2便
そこが、アウェイ自由席入口のすぐ前なのがありがたい。

入場して席を決めて着席位置を記録。水を買いに行き戻ってくると、誰も居なかった。この日から選手の入り待ち(バスの降車)が解禁されたらしい。

アウェイ自由席のすぐそばでしばらく待つと選手たちを乗せたバスがやってくる。かつて、FCバルセロナの入り待ちをしていた時のドキドキ感が蘇る。あの頃は「サイン」「プレゼント」「写真」が三大目的だったが、ここでは「俺たちがついてるぞ」の拍手のみ。
松田さんが少し驚いたように僕らに気づき、手を振ってくれた。


この日の場内イベントは「ザスパ卒業式」
去年来た時は「ザスパ入学式」だった。
確かあの時「入学式はありますが卒業式はありません」と言っていたと想うが、気のせいだろうか^^)
あの時、閉式の言葉で「11月の試合(トラスタ)に行ってカステラを食べたいです」と述べた小学生はカステラを食べただろうか。

いろいろな個人テーマからの卒業を讃える趣向。なかでも「UFOキャッチャーからの無駄遣いからの卒業」には笑った。岐阜のゲーセンでスナフキン1体に4,500円つっこんだことを想いだしてしまった。
こうしたウィットに富む企画を他に知らない。ザスパの真骨頂だ。

場内では「風が強く吹くことがあります」という注意喚起が再三行われている。

つづく



V・ファーレン長崎ブログ

| |

2022年4月 1日 (金)

セットプレー守備 革新的な2つのアイデア

サッカーというスポーツはとても難儀なスポーツだ。
人類がもっとも便利に活用している「手」が使うことが禁止されているのだ。
手より足の方が上手く使えるという人はなかなか居ない。

もしも、そういう人が多ければ世の中には「足作りケーキ」「足打ちそば」といった食べ物が流行るだろうし、自動車やバイクは足で操舵するギミックが登場しているはずだ。
今こうして文字を打っているパソコンも、足下にキーボードを置いて、両手で優雅にコーヒーでも飲みながら作業しているだろう。

ということで(どういうことだ)
サッカーはなかなか点が入らない。
そこで、偶発的得点機会としてセットプレーが重用される。
コーナーキックで1点とって、それで勝ちという試合は少なくない。

そんな重要な機会ゆえ、攻撃側は工夫を凝らす。
相手がゾーンで守る場合、ショートコーナーなどのデザインプレーを用意する。
第100回高校サッカーで高川学園が見せた「トルメンタ」は、マンツーマンで守る相手に効果的で、見る者を驚かせた。
今のところJリーグでは、まだ見られていないようだが、Jリーグで見ることが多い、一カ所に固まって蹴る瞬間に持ち場へ散るプレーは、トルメンタと同源のものである。


一方、守る側にはマンツーマン、ゾーンの選択肢しかない。
攻撃に「トルメンタ」という技術革新があるならば、守備にもあっていい。
そこで、しらべるでは4月1日にあたり、かねてより暖めていたセットプレーの守備方法を2案、発表したい。


【1】レーンディフェンス
CK、FKのキッカーがボールをセットすると、ペナルティエリア内で守備の選手が手をつなぎ「人の鎖」を作る。これは、波消ロープにヒントを得た。
ただし、手をつないだ下をくぐって攻撃の選手がレーンの内側に入ってしまうと、効果が半減するのが欠点だ。

【2】ウォールディフェンス
ゴールの前にまさに壁 wall を作る。11人の選手がゴールのライン上でヨコに並ぶ。
ゴールの幅は732cmと決められているので、1人あたり66cmの幅を守ればよい。
ただし、ゴールの高さは244cmあるため、頭の上に隙間ができてしまう。それを補うために10人でライン上に並び、GKが飛んできたボールに対して左右に位置を変えて守るとよい。
ただ、相手がショートコーナーでじっくりゴールに迫ってきた場合、守る側は心臓に悪いという難点がある。


これらの方法について「J2」においては、V・ファーレン長崎以外のチームが使うことは認めない。
それ以外のディビジョンから、アマチュアまでは、その限りではない。

嘘の話しの歴史

| | | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »