« シーズン最終戦を見ながら、ヴェルカファミリーの魅力をふり返る | トップページ | 「ムリだなと想っても、諦めなければなにが起きるかわからない」 »

2022年5月 4日 (水)

ヴェルカの1stシーズンが終わる。僕らはまだ「バスケのないオフ」を知らない

【4Q】長崎ヴェルカ 95-72 岐阜スゥープス
ギブスのオンザコート1でスタート
0:25 菅澤紀行(10)のキックアウトからエドさんの3pはリングのあちこちに当たりながら納まる^^) 77-44
3:18 右0度で受けたエドさん今度はエアボールで3p 84-53

4:55 3pを決めた直後の福井航介(13)にパスカットから連続得点されてしまい、ヴェルカ今季最後のTIME OUT! 84-60

タイムアウト明け、久々の弓波英人(8)in
ふり返れば、2022年2月5日(土)18節Game1 開幕から33試合めの豊田合成戦 4Q 7:05「弓波英人選手が入りました」のアナウンスは諫早市中央体育館に集まったヴェルカーズを多いに沸かせた
ヴェルつくで少し知っているだけなのだが、僕らは彼に何らかのドラマを投影してしまう

5:17 今季最後のOFFICIAL TIME OUT ヴェルチア12人が勢揃い 84-60
このB.LEAGUE独自のタイムアウトを知ったのは、鹿児島での開幕戦だった。
(バスケットボール用語はこのページの下に、用語集へのリンクがありますのでご覧ください)

7:30 ボンズからボールを受けたエイト迷いなく右50度から3p 90-65
8:50 エイトスティールからのドライブ、反転してレイアップ。ファウルを受けてFT○○ 92-70

残り26秒 エイトから好青年タリキへキックアウトからの3p!これが今季ヴェルカの4866点め、最終得点となった

ディクソンJrタリキ(13)は会場で間近に見るのが頼もしい。
対峙する相手を不敵に睨み、低くリズムチェンジするドリブルと激しいディナイをみせる。それがコートを離れると落ち着いた好青年。そのギャップがいい^^)

残り15秒 清野飛鳥(67~3月にトップチーム昇格~)のゴール下が決まる。これが今季ヴェルカの3356点め、最後の失点
シーズン得失点差「1310」は2番めに多い3位ベルテックス静岡の「663」を2倍近く上回った
最後はジェフ・ギブス(34)がボールをホールド。2021-22シーズンの全日程が終了した。
4Qは初めて岐阜が21-28とリード

B.LEAGUE|B3 2021-22シーズン 長崎ヴェルカの成績
1位 45勝3敗 勝率.938(2位千葉とは6ゲーム差)


試合後のコートでは、シーズン終了セレモニーが行われた。
コート上にプロジェクションマッピングが映し出され、コートサイド2階に陣取った方は、そこが特等席となった。
「いつもよりリアルな映像だな」と想ったら、ハンドカメラがコートに入って中継している。
ヴェルカ賞の当選番号紹介では、予め用意したPCファイルを「共有」して挿し込んでいた。
B3TVは、こんなこともできるのかと最後の試合で感心する。

セレモニー締めはたくまHCと岩下英樹社長
たくまHCが6分間話す間、弓波英人がギブちゃんとカーターに通訳^^)
ヴェルカの選手がコート一周して、最後の一人が出口のドアを抜けていくところまで、B3TVは「完全中継」してくれた。
(翌日以降の見逃し配信でもカットされていなかった)

16:30 放送終了
B3TVとはこの試合でお別れ。
来季参戦するB2、その先にあるB1は「バスケットLIVE」が配信している。
B.LEAGUE|B3の試合を見る手段はB3TVだけ。
B3TVのお蔭で、ヴェルカ1stシーズン全試合を漏れなく生で見ることができた。B3TVの皆さん、ありがとうございました。
限られた予算のなかで全国を飛び回るのは大変だと想う。さらなる発展を心よりお祈りしたい。


18:20 浜町アーケードで優勝パレード
長崎県のプロスポーツチームはV・ファーレンもセインツも優勝していない。従って初めての優勝パレード。ここからさらに長崎市民の注目が高まるだろう。


初めてバスケットボールと暮らした半年間
僕らはまだ「バスケのないオフ」を知らない
長崎VVファミリーには、この5ヵ月間にもV・ファーレンがあるのだが、ヴェルカも身近に感じていたい。
2021-22シーズンの選手は残ってくれるのか、新加入があるのかといったことも注目の的となるだろう。

V・ファーレン長崎には「ViSta長崎サッカーマガジン」という情報記事サイトがあり、オフシーズンでも「V・ファーレンの今」に触れることができる。
同様の情報サイトは、長崎ヴェルカにはまだない。
オフシーズンもヴェルカーズ向けの情報発信を楽しみにしたい。

拙いバスケット・ブログをお読みいただいた皆さん、ありがとうございました。
来シーズンも遠くからヴェルカを応援していきたいと想います。

ど素人!バスケットボール観戦用語

| |

« シーズン最終戦を見ながら、ヴェルカファミリーの魅力をふり返る | トップページ | 「ムリだなと想っても、諦めなければなにが起きるかわからない」 »

長崎ヴェルカ」カテゴリの記事

コメント

VELCA関連の記事、楽しく読ませていただいてます。確かに2021-22シーズンの選手でB2も闘ってほしいのですが、ボンズのコメントにあった「また来シーズン会えるかはわかりませんがその時はまた温かく迎えてください。」が物凄く気になってます。いつも早めにコートに現れ、ベンチ裏にいる我々に手を振ってくれる頼もしいポイントゲッターには残って欲しいものです。
今シーズン一番印象に残ったのが、アウェイのA千葉2戦目。4Qで5点差に追いつかれた時にA千葉ブースターの「うぉぉ〜!」という物凄い圧。「これがホーム戦か....」と感じた瞬間でした。この圧をVELCAのホーム戦で味わいたいのですが、しばらく帰省は無理なので、B2もアウェイ戦を楽しみたいと思います。(初代ヴェルチアを生で見ないまま終わってしまったのは少し残念....)
B2昇格決定戦は岡山が昇格すると関東のアウェイ戦が減るので、A千葉の応援に行こうかなと計画中です。

投稿: LUCA LUCA | 2022年5月 7日 (土) 21時42分

いつも、ありがとうございます。
ボンズにも残ってもらいたいですねぇ
応援ボードを出すと(日本語わからなくても)
うんうんと頷いてくれて嬉しかったです

千葉戦は燃えましたねぇ
ホームの応援してみたいですね

投稿: moto | 2022年5月 7日 (土) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シーズン最終戦を見ながら、ヴェルカファミリーの魅力をふり返る | トップページ | 「ムリだなと想っても、諦めなければなにが起きるかわからない」 »