« 2022-23シーズン ヴェルカの関東アウェイ戦開催確率は「**%」 | トップページ | 富樫に続いて氣田、絵に描いたような「恩返し試合」 »

2022年5月10日 (火)

非公式選手村用語集 手渡しで公開スタート

選手村用語集は用語の解説に、実際にあったQ&Aや、エピソードを交えたもの、イメージとしては「村新聞」みたいなものを考えていた。

それを50音に並べ、HTMLタグをつけ「Google先生」から見つからないように対策を施したうえで、ウェブ上にアップロード

さて次は、これをどうやって選手村仲間たちに伝えるか
「しらべる」のようなウェブページならば「Google先生」が見つけてくれるよう、ページ内容を研ぎ澄ませていくだけだが、非公式選手村用語集は想定する対象が限られており「Google先生」の力は借りられない。

選手村仲間には積極的に話しかけるが「連絡先を交換しましょう」と言えるはずがなく、連絡先を知っている人は一人もいない。
事務局には、非公式で用語集を作ったことは報告したが、非公式の資料を事務局が周知することはない。
自分も会社という組織の人間なので、それは理解できる。


解決策は「マット紙」だった

選手村活動では、仲間は日替わりだが「職員さん」と呼ばれる人たちは、部署にほぼ固定されている。

※ここで言う「職員さん」とはオリパラ組織委に属する方。ボランティアではなく、仕事として来ている方。所属企業・団体から出向で来た方、臨時雇用の方など。職員さんもボランティア同様「Field Cast」であり、青シャツ・灰パンの同じユニフォームを着ている。


2ヵ月の活動期間中、同じ部署に複数回入る。
ボランティアどうしでも後日、道路や食堂ですれ違うこともあれば、同じシフトに入ることもある。
できれば、1度会った人の名前は憶えたい

だが、僕は人の名前を憶えるのが苦手だ。
本来「人の名前が憶えられない」「顔と名前が一致しない」ことは長所ではないが、昨今、多くの人が自慢げに語るのが不思議だ。世の中に「かまってちゃん」が増えているのだろう(自分も含めて)

そこで、裏ワザを考えた
ウエストバッグに入れるミニファイルに、これまで会った人のリストを入れておくのだ。
日付、場所、名前、簡単な特徴のリスト
この情報を組み合わせれば、相手がどの人かはわかる
次に会った時、こっそりリストを確認して名前で呼ぶと、相手の反応が違う。
「よく人の名前を憶えてますね」と感心されたこともある。
職員の青木さんにリストを見られて「なんのために、そんなことするんですか」と訝しがられたことはあったが・・


その日の活動を終えて帰宅すると、エクセルのファイルに書き出して、それを印刷するのがマット紙。
その日新たに会った人や、Q&Aを書き留めておくのに手頃な厚さがある。

「選手村仲間リスト」以外にも、レジセン業務研修のテキストとなる「レジセンサマリー」を、マット紙に印刷して持ち歩いていた。
これが、それを見た職員さんや選手村仲間から「その紙が欲しい」と言われるようになり、PDF化したものをウェブ上に置き、QRコードで渡せるようにした。

選手村用語集にも、その「QRメソッド」を応用する。
「選手村用語集」の一部を刷見本として視覚的にイメージできるようにして、そのとなりにQRコードを載せた

ある程度、人前に出せるところまで来て、いよいよ「選手村用語集」デビューの日
その日のシフトは、入村の人誘導
集合時間より30分早く来て、集合テーブルについていると、20代女性と想われるササキさんが前に座った
おはようございます。人誘導は初めてですか?と水を向ける
「はぁ、初めてです」
相手の様子に鑑み、ここで会話を止める
そこに、前夜、同じシフトに入り、かちどき駅まで一緒に帰った板橋さんがやって来た
初対面ではないので、切り出しやすい。早速、ミニファイルからマット紙を取り出す。

これ、用語集作ったんですけど・・
板橋さんはマット紙を手に取り「えぇ?これ誰が作ったんですか」と興味を持ってくれたが、そのまま、刷り見本を凝視している

スマホあったら、QRリーダーでここを・・
一瞬、きょとんとしていたが、言われるがまま、スマホを取り出してQRコードを読み取る
すると、スマホ画面に刷見本と同じ選手村用語集が現れる

QRコードに馴染みのない人は、紙がスマホに入り込んだことに目を白黒させる
もちろん、それがウェブ上に置かれたHTMLファイルであるといった理屈はわからない

そして、次にこうくる
「それで、これ、どうすればいいんですか?」
お気に入りとかに入れられません?というと、大抵はなんとかなった

東京2020ボランティアブログ目次

| |

« 2022-23シーズン ヴェルカの関東アウェイ戦開催確率は「**%」 | トップページ | 富樫に続いて氣田、絵に描いたような「恩返し試合」 »

スポーツボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022-23シーズン ヴェルカの関東アウェイ戦開催確率は「**%」 | トップページ | 富樫に続いて氣田、絵に描いたような「恩返し試合」 »