« USBメモリー専門家としての意見 | トップページ | 選手村の内と外に見えていた別の世界 »

2022年6月29日 (水)

夢のようなランドリー会話

選手村の最寄り駅である「勝どき」まで大江戸線で向かっていると、Field Castの青シャツを着た人が「勝どき」よりも手前の駅で降りていく。
ということは、オリンピックが始まったということだ。
競技に接していない僕らには、その実感がない。
僕らにとっての五輪は、7月7日選手村プレオープンの日に始まっていた。


レジセンにいる時、選手から質問を受ける場所で、もっとも多いのが「ランドリーサービス」だった。

選手村はオリパラ終了後は「HARUMI FLAG」としてマンション(買い取りまたは賃貸)に改装されるが、現時点ではホテル仕様であり、各部屋に洗濯機の置き場所はない。

各部屋には白物、色物、下着それぞれのランドリーバッグが人数分置かれている。
洗濯物はバッグに入れて、選手自らランドリーサービスへ持参する。午前10時までの持ち込みは当日。それを過ぎると翌日仕上がり(受取)となる。


場所を聞かれた場合、通常はドアを出た所まで行き「ここをまっすぐ行って左側」のように教える。
それほど遠くではないので、業務にゆとりがある時は「Come with me」と連れて行くこともある。
(「No thank you」と言われたことは一度もない)


この道すがらは、選手と時間を共有できる貴重な機会だ。
黙って歩くのは性に合わない。
選手に少しでも、この時間を楽しんで欲しい。
いきなりの「声かけ行為」は禁止でも、案内時に話すのは、友好的なコミュニケーションとして許されるだろう。

It's hot in Tokyo.
(東京は暑いでしょ)
The rainy season ended a week ago.
(一週前、梅雨が終わりました)

関東の梅雨明けは、平年より3日早い7月16日だった。

開会式当時の東京は、洒落にならない暑さで、僕は判で押したようにこのフレーズで押した^^)

ほんとに、そうよね。この暑さはクレイジーね。お手上げ^^)
ほぼ例外なく、選手から笑顔が返ってくる。

他愛も無い会話だが、それは、とても貴重なことだった。
さすがに競技会場で、ぴりぴりしている選手に天気の話しはできない。
選手がリラックスして過ごせる場所、選手村ならでは。


希に天気の話しから、会話が2巡めに入ることもあった。そうなると、僕にはポケトーク「どらちゃん」という強い味方がいる。

FA「移動サポート」(運転手)にいる知人は「クルマの中では、英語できませんという顔をして黙り込んでいる」と話していた。
その気持ちはわかる。競技会場間の行き来なので、相手もぴりぴりしているかも知れない。
それに、運転中はポケトークが使えない。

一度だけ、このランドリー会話から「バッチを交換しない?」と持ちかけられた。
なんだか心と心が通ったようで、夢のような気分だった。
その国のバッチをもらうのは初めてで、二重に嬉しかった。

東京2020ボランティアブログ目次

| |

« USBメモリー専門家としての意見 | トップページ | 選手村の内と外に見えていた別の世界 »

スポーツボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« USBメモリー専門家としての意見 | トップページ | 選手村の内と外に見えていた別の世界 »