« 長崎の先制は江川湧清の守備を基点にした全員攻撃 | トップページ | カリーレ監督と階段を上るチームを支える幸せ »

2022年7月 5日 (火)

ガッツの勝利! カリーレ監督 借り入れなしで発進!

2022年7月2日(土)18:00
J2リーグ【24節】
ヴァンフォーレ甲府-V・ファーレン長崎
JIT リサイクルインク スタジアム

<前半>
16分

【甲府】早々に三平が傷み、入ったばかりのリラがスルーパスを受けてシュート。予期せぬ交代は得てして瓢箪から駒となり、好結果をもたらすことがある。そんな不安がよぎったが、ボールは引っかかり左に外れてくれた。
つい、さっきまで、ハーフウェイラインの向こうで行われていた試合が、長崎が先制した後はこちら側に移動してきている。まだ、逃げ切る時間じゃない。僕らに緊張が走る。
20分
【甲府】左サイドで受けた長谷川が抑えの効いたライナーのシュート。富澤雅也が見事に体に当ててセーブ

21分の左から甲府のCKでは、加藤大がキッカーのそばでライン際を塞いでいる。ショートコーナー対策というわけでもない珍しい立ち位置。そこに危険なボールが出ることを、予期して準備しているのだろう

カリーレ監督がコーチングエリアに出て指示を送っている。通訳は伴っていない。一旦ベンチに戻ろうとするのだが、またすぐエリアに出てくる。
いつでも、誰だってやっていることなのかも知れないが、今日はカリーレ監督の一挙手一投足を確認してしまう。

一点を守り切る時間ではない。このまま勝てるなんて誰も想っていない。どこかで二点めを取らなければ、ここでの初勝利は難しい。しかし、甲府は的確に小気味よくパスをつなぎ、僕らのゴールを脅かす。防戦一方の僕らが祈る時間がつづく

28分 ここで、意外な光景を見る
交代ボードに「24」が掲示されている
江川湧清に替えて奥井諒
何があったのか・・もしも、守備の状態を見極めての交代であれば、ずいぶんと迅速な対応だ。
恐らく、村松航太がCBに入るのだろう。前節、ゴンドラ席で観戦後に感想を求められたカリーレ監督が、唯一名前を挙げたのが村松。彼のカバー・センス、献身性が認められたようだ。

31分
【甲府】ロングボールにリラが反応 富澤がエリアを飛び出して対応するがうまくクリアできない。慌てて戻る富澤、リラがロングシュート。なんとか戻った富澤、すでにエリア内に居たが手を使わず体でブロック 事なきを得る
32分
【V長崎】奥井諒からのロングボールが右で張っていたクリスへ クリスはドリブルでカットインすると右足を振り抜き、GK河田が弾き出す。
右がいいとか、左とか人はときどき口にするけど、両足なのはスゴイ武器だと、クリス見ていてそう想う

38分、長崎にこの試合最大の危機が訪れる。
【甲府】自陣で奥井諒が激しく競ったプレーがファウルとなりFK
ゴール前に上がったボールに富澤が出るが手が届かない。リラにヘッドで打たれるとクロスバーに当たり下に落ちる。二見が必死のクリア。試合を通して今日も二見が多くのピンチをしのいでくれた

<ハーフタイム>
この時点では、江川交代の理由がわからない
ヴィヴィくんクールタオルに水を含ませ、OS-1を体に浸みこませて、後半に備える。
到着時に僕らを出迎えた雷鳴は、幸い、その後聞こえていない。

<後半>
7分
【甲府】荒木が遠めからのシュート。見づらかったが富澤がよく弾くと、こぼれ球をリラが至近距離シュート。村松航太が身を挺して壁を作り跳ね返す
6月の戦いではよくセカンドを拾った長崎だが、この試合では甲府の距離感と「あと一歩」が勝っている

12分 クリスティアーノに替えてビクトル・イバルボ 奥田晃也に替えてカイオ・セザール
クリス早めの交代は「中3日」の次節への備えかも知れない。

カイオはいつものボランチではなくシャドーに入り、ボールの刈り取り役を担う。その立ち位置は、僕らにとってとても頼もしい。
14分
【甲府】小林が左からナイスクロス リラのナイスヘッドは富澤がナイスセーブ まさに守護神
イバルボ今日は守備の人。獰猛に頻繁にパスカットを狙っていく

32分 エジガルに替えて加藤聖 加藤大に替えて植中朝日 これで交代枠終了
ここからは、長崎もボールを持てるようになり、朧気だが、まさかの「JITスで1-0勝ち」が視界に入ってきた
38分
【V長崎】守備の人イバルボが自陣でボールを奪うと、体を左右に揺するだけの巧みなドリブルで相手を交わし植中へ縦パス。植中は1人で持ち込んでミドルシュート。だが、大きく上に外れる
+2分
【V長崎】長崎はアタッキングサードでボールをつなぐ GKを引き出し、がら空きのゴールに加藤聖のシュートは上にふかしてしまう

JITスでの初勝利
ファビオ・カリーレ監督での初勝利
幸先良く勝利の貯金。次も借り入れ無しで突き進みたい^^;)

節電しているわけではないが、ほのかに暗いゴール裏へ、選手たちが三々五々に歩いてくる
サラリーマンが「この時のために生きてる!」というのは、仕事終わりの生ビールだが、僕らゴール裏サポーターにとっては、これが至福の時間
記念すべき選手挨拶を動画で残そうと、慌ててiPhoneを取り出す。
これをtwitterに上げると「監督も来ている」とコメントをいただいた。
よくみると確かにカリーレ監督らしき人が映っている。

→⇒カリーレ監督と選手たち

撮っている時は、看板を気にしているチームスタッフの人かと想った
これまでの関東(甲信)アウェイ戦ゴール裏人生で、選手と一緒に監督が来てくれたのは初めてだ。
カリーレ監督にしてみれば「着任のご挨拶」だったのかも知れない。
こんな驚きがあると、また応援に来ようという気持ちが高まる。



V・ファーレン長崎ブログもくじ

| |

« 長崎の先制は江川湧清の守備を基点にした全員攻撃 | トップページ | カリーレ監督と階段を上るチームを支える幸せ »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事