« ChatGPTの誤りと衝撃 ChatGPTと「Google先生」との付き合い方 | トップページ | 赤城おろしに向かって攻勢をみせた我がチームに僕らの声は遠すぎて届かず »

2023年4月 9日 (日)

2023関東アウェイ戦第3戦 バスツアーがより多くのサポーターを動員できる!

2023年4月5日
群馬に乗り込む3日前、Weather Newsのアプリで前橋市敷島町の「1時間ごと」天気予報のチェックを始めた。
Weather Newsのアプリは無料でもかなりの機能が使えて重宝している。
ここ数年、僕の「スマホの一番いい場所」は、Weather Newsの指定席だ。

本来、有料会員向けサービスだった「5分ごと」予報は、コロナ禍に入って暫定的に無料になったまま、今も無料が続いている。

遠くの町にお出かけに行く時、住所で検索しておくと「検索履歴」に最新順で表示されるので、こうして、何度も確認する時に便利だ。


4月8日の14:00-16:00(試合時間)にかかる「1mmの雨」
「1mmの雨」は体感的にどれくらいの雨なのかを「ChatGPT」に聞いてみたところ、たいしたことないが、そうではないかも知れない・・という答えで、結局、想像を超える話しは聞けなかった。

群馬の天気予報で注目するのは「風」
試合時間帯は「北風4~6m」
群馬×北風といえば「赤城おろし」だ。

去年の試合(19時キックオフ)後「群馬は寒かった」とtweetしたところ、群馬の友達が「それは赤城おろしだ」と教えてくれた。
それを、お出かけメモに記しておいたので「北風」に目が留まったというわけだ。

「赤城おろし」は、赤城山から吹き下ろす北風
正田醤油スタジアム群馬(前橋市敷島町)は、赤城山のほぼ南西20kmに位置する。

雨対策としては、登山用のファイントラック 1stレイヤーを着用。ダイソーのレインウェアをリュックに入れた。風対策としては、アウターを冬場の観戦仕様とした。


4月7日(試合前日)
試合時間帯の予報は「晴」にかわっていた。
その代わり、赤城おろし(北風)は10m!
装備からレインウエアを外し、ChatGPTに「風速10mの時の服装の対策」を尋ねて、手袋と固定式のマフラーを追加した。


4月8日(試合当日)
東京駅の丸の内出口側、いつもの場所にV・ファーレン長崎サポーター仲間が集まってくる。
去年(2022年)の群馬戦は水曜日開催だったため、2年ぶりのバスツアー。

今回もV・ファーレン長崎後援会様より、ツアー参加者の皆さんに差し入れをいただいた。
ありがとうございます!

このところ、V・ファーレン長崎後援会さんは、長崎駅発のバスツアーを催行されている。
駐車場を気にせず、駐車場の出口渋滞もなく、スタジアムを往復できるのは、とても便利でありがたい。
大分や山口にも大挙して乗り込んで、awayの勝ち点を積み上げてほしい。

かつて、佐世保⇔トラスタのバスツアーが行われた年もあったのだが、最低催行人数に届かないため、立ち消えになり数年が過ぎている。
県北のV・ファーレン熱は、その後、上がったのだろうか。上げようとしているのだろうか。

新スタジアムに引っ越したら、佐世保駅発着のバスツアー、または、JRの急行「V・ファーレン長崎号」を検討してもらいたい。

8:42
サポーター仲間が予定時間より早めに全員集合!したので、東京駅を早めの出発
途中、平和台からの乗車組を乗せて、僕らの「V・ファーレン長崎号」は、関越道を北西の方角へ進む。

10:10
その先に多重事故があり、ここに寄り~ということで「寄井PA」で規定の休憩
売店にユニフォームを着た仲間が大挙して現れ、周りの人を驚かすのが今日も楽しい。

渋滞はあったものの、予定時間より早く正田醤油スタジアム群馬に到着。
待機列で開場を待っているところにスタメンが発表された。

<スタメン>
GK 波多野豪
DF 増山朝陽 櫛引一紀 カイケ 米田隼也
MF カイオ 鍬先祐弥 宮城天 安部大晴 澤田崇
FW フアンマ・デルガド
<ベンチ>
GK 富澤雅也
DF 白井陽貴 高橋峻希
MF 笠柳翼 五月田星矢 加藤大
FW エジガル・ジュニオ


整列が解かれ、選手たちが自陣でボール回しをしていた時、意外なできごとがあった。
現地では詳細はわからないが、恐らく、群馬側がチェンジサイドを求めたのだろう。
両チームの選手が逆サイドへと移動する

折しも、赤城おろしが我々のゴール裏に向かって吹いている。
この風は強弱は変わっても、向きが変わることはないので、本来ならば、群馬が前半を有利な追い風で戦うはずだった。

この時、僕はこう考えていた。
「前半を不利な風下でしのいで、後半に勝負を賭ける作戦なのだな」
結果的に、この予測はハズレだった。
恐らく群馬が選んだのは「風」ではなく「音」だったのである。



V・ファーレン長崎ブログもくじ

| |

« ChatGPTの誤りと衝撃 ChatGPTと「Google先生」との付き合い方 | トップページ | 赤城おろしに向かって攻勢をみせた我がチームに僕らの声は遠すぎて届かず »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事