« Tomorrow never knows 天空の城で敗れた僕らが秋には歓喜に沸くかも知れない | トップページ | 奥多摩参考記録【7話】マラソンやサッカー応援を参考にした山行の持ち物 »

2023年6月15日 (木)

V長崎の選手たちに去年秋、Nack5スタジアムで見せた「ビタビタ」を魅せてほしい

20節を終えてV・ファーレン長崎は9勝5分6敗 勝ち点32で6位
首位町田との差は10→13 2位との差は2→5 に広がった。


2023年6月17日(土)19:00
J2リーグ【21節】
V・ファーレン長崎 - 大宮アルディージャ
トランスコスモススタジアム長崎

22チームが年間42試合を行うJ2リーグは、今節が前半の最終戦。
21チームと一巡めの対戦を終えると、後半戦はホーム/アウェイを逆にして対戦する。ただし、対戦順は前半戦と同じではない。
長崎が前半戦の最後に対戦するのは「宿敵のライバル」大宮アルディージャ
大宮の皆さんはそう思っていないかもしれないが、僕はそう思っている。

Jリーグはサッカーがうまいアスリートが選手になっている。上手い者同士が理屈を越えて「ビタビタ」に息が合うと、とんでもないプレーができる。
前節に対戦した町田は、まさに「ビタビタ」の状態だった。
ただ、その「ビタビタ」はいつも出るわけではない。
自分たちの「ビタビタ」を出すために必要なのは「練習」で、相手の「ビタビタ」を出させないために必要なのが「戦術」である。

大宮、特にNack5スタジアムでの大宮は、長崎の試合になるとその「ビタビタ」を出してくる。
一方の長崎は「ズタズタ」になることが多い^^;)
だが、カリーレ監督就任後の大宮戦(2022年最終節・Nack5スタジアム)は「ビタビタ」を出させていない。


■V・ファーレン長崎からみた大宮との対戦成績
1勝4分5敗 得点6 失点15
※J.LEAGUE Data Siteより

<2019シーズンの大宮戦>
●3月30日【 6節】home V長崎 0-1 大宮
●9月29日【34節】away 大宮 3-0 V長崎

<2020シーズンの大宮戦>
○8月29日【15節】home V長崎 1-0 大宮
△10月25日【29節】away 大宮 0-0 V長崎

<2021シーズンの大宮戦>
●3月27日【5節】away 大宮 4-0 V長崎
△7月11日【22節】home V長崎 1-1 大宮


<2022シーズン前半の大宮戦>
△5月14日【16節】home V長崎 0-0 大宮

長崎は米田隼也を始めとして攻撃的な姿勢を見せた。右SBに入った村松航太は水を得た魚のように攻め上がり、いいパスを出した
大宮は2度シュートがポストを叩き、富澤の2度にわたるナイスセーブがなければ、またも大宮のナイスシュートに屈するところだった

△10月23日【42節】away 大宮 3-3 V長崎
前半3分【大宮】
岡庭が遠目からクロスを入れると栗本がナイスヘッド 今日もまた「ビタビタ」の大宮なのか・・と戦慄が走る
20分【V長崎】
鍬先祐弥がファウルをもらいエリア外でFK
クレイソンがGKが寄っている狭い右側へ直接ゴール
後半2分【V長崎】
ディフェンシブサードでボールを奪うと中央レーンをタテ1本でつなぐ
拾った大竹洋平が運びエジガルへ縦パス エジガルが狭い隙間から右隅へ入れる
15分【大宮】
左CK DFにあたり流れたところ大外に居た袴田が触るだけのゴール 試合は振り出し
18分【大宮】
ワンツーから矢島に入ったボールを追いかけた米田の足がかかりPK 柴山が決める Nack5スタジアム初勝利が遠のく
32分【V長崎】
五月田星矢、笠柳翼の若い2人が入った直後、魂が籠った怒涛の波状攻撃が出る
クリスティアーノがカウンターで攻め入った後のスローイン
米田隼也がサイドラインからクロスを上げて、植中が折り返し、山崎が競ったこぼれ球に五月田星矢が詰めるがクリアされる・・しかし、ここで諦めずに追う山崎
(クリアせず)エリアからドリブルで持ち出そうとした栗本に体を当ててボールを奪い返すと倒れながらのクロス それを植中が押し込む 長崎同点!
最後に「ビタビタ」連動した魂のゴールを見せてもらい2022シーズンが終わった


長崎の選手は苦手とする大宮を相手に、ここで「ビタビタ」を出さなければならない。
魂の連動を魅せてくれれば、サポーターは「秋にはゼイワン行けるぞ」と、再び意を強くできるだろう。


■関東アウェイ戦 清水戦バスツアーについて(お知らせ)
2023年7月1日(日)18:00キックオフ ヴィヴィくん遠征試合
東京駅⇔IAIスタジアム日本平 直行直帰の有志バスツアー
費用:8,000円(往復・大人1人)
詳細情報・申し込み

※東京からの公共交通ルートは、新幹線、JR在来線、バスの乗り継ぎで、費用は往復およそ11,000円



V・ファーレン長崎ブログもくじ

| |

« Tomorrow never knows 天空の城で敗れた僕らが秋には歓喜に沸くかも知れない | トップページ | 奥多摩参考記録【7話】マラソンやサッカー応援を参考にした山行の持ち物 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事