« 前半戦の「やられた」をやり返す | トップページ | メーカー純正部品でキャスター交換 寿命が10年からさらに延びたDXRACER »

2023年10月 6日 (金)

フルリクライニングが他にない魅力のOAチェア「DXRACER」

パソコンに向かう座り心地のよい椅子が求められたのは、2020年にコロナ禍で「在宅勤務」が始まってからの話しであり、その頃まだ「家庭向けパソコンチェア市場」は未成熟だった。


その日、僕は家具店の勉強部屋コーナーで、片っ端から椅子に腰掛けて試していた。
当時、使っていた椅子が壊れたからだ。
壊れたのは一見高級なOAチェア。自分史上最高の29,800円を投資した椅子だったが、7年3ヶ月で壊れた。
3万円で7年3ヶ月ということは、1ヶ月あたり342円。駆け出しの教材訪販のような計算で「まぁ、そんなものか」と自分を納得させた。


時は2013年12月
コロナ禍も在宅勤務もない時代
OAチェアといっても、選択肢は数えるほどしかなく、他を探すかなと想った時、売り場の隅にひときわ異彩を放つ椅子があった

カラーリングは赤と黒のツートーン。形状はレーシングカーに積まれているドライバーズシートに似ている。
スポーツカーと呼ばれるクルマに乗っているが、ここまで、ド派手なシートではない。
いかに見た目から入る僕とはいえ、これはないだろうと想いつつ座ってみて驚いた。
「なんだ?思いのほかいいじゃないか」
ここに家具売り場で独り言をいう変な人、誕生!

スペックはどうだ?
滑りのよい5脚キャスター、シリンダーによる高さ調節、肘掛けの高さ調節、基本は抑えている。
何より、全体を包むファブリック地がいい。これならば、汗ばむ季節もべたつかないだろう。
そして未だかつて見たことなかったのが、180度のフル・リクライニング

「これ、寝れるじゃないか」

まさか、こんなにいいモノがあるとは予想だにしなかった。あまりのいいモノに出会いすぎて頭が混乱する。
騙されているんじゃないか、どこかに落とし穴があるんじゃないかと想って、店員さんを呼ぶ。

店員さんもすべての商品について、そのセールスポイントを把握しているわけではないが、僕にとって、その日最強のセールストークを言った。

「この色はあと1つで、現品価格24,800円です」
赤黒のツートーン/黒の2種類があるが、在庫は赤黒があと1個。
「今使っている(壊れた)椅子は、納品時に無料で引き取ります」
まるで、ジャパネットのような至れり尽くせり振り。
いつもならば、大きな買い物をする前には、ネットの評判を見て、最安価格をしらべる。
だが、この椅子に限っては無駄な努力になると想った。
2013年時点では、モノ専門雑誌でも、ネットでも見たことがなかったからだ。

即決した日の夜、レーシングチェア「DXRACER」をネットでしらべると、定評のある品であることがわかり、いい買い物をしたと嬉しくなった


■DXRACER
・メーカー:ルームワークス 兵庫県川西市の家具メーカー
・当時実勢価格:24,800円

仕様
・180度までリクライニングするのが、他にない特長
・ヘッドレストは容易に取り外せる
・ランバーサポートは容易には脱着できない。使うか、使わないかの選択を迫られる
・ランバーサポートは上下位置が簡単に変えられる。腰にしっかりしたサポートが得られる
・ガス圧式高さ調節
・肘掛けは上下の調節ができる。 左右調節はできない


はじめの数ヶ月、後ろに体重をかける度に、シリンダーのあたりからカクカクという音がしたが、やがて気にならなくなった。
その前の椅子は7年3ヶ月で壊れたが、DXRACERは購入から7年めの2020年になっても、問題なく使い続けていた。
そこにコロナ禍がやってきて、ますますDXRACERの出番が増える。

つづく

| |

« 前半戦の「やられた」をやり返す | トップページ | メーカー純正部品でキャスター交換 寿命が10年からさらに延びたDXRACER »

くらし」カテゴリの記事