« スーパーヒデヒデタイム 狩俣300回3p 攻守にキレキレの馬場復活 | トップページ | 龍角散 のど飴 ダイレクト タブレット を全部試す »

2024年2月 9日 (金)

「QUEEN THE RHAPSODY TOUR 2024」直近、時系列の記録

「QUEEN THE RHAPSODY TOUR 2024」はチケット発売開始から4ヶ月を過ぎ、2023年が暮れて、いよいよ2024年。
いよいよ、クィーン来日に向けての動きが出始めた。


2023年12月31日
クイーン+アダム・ランバートがNHK紅白歌合戦の特別企画で登場「Don't stop me now」を演奏した。
来日してNHKホールの舞台に立ったのではなく、収録映像をNHKホールの舞台に仕立てた映像が使われた。


2024年1月9日(火)
この日発売された月刊誌「rockin'n on」2024年2月号に、10ページにわたるブライアン・メイのインタビューが掲載された


2024年1月19日12:00~2月1日11:59
トレード受付期間


2024年1月19日(金)
「オペラボックスシート」抽選販売発表
ステージセットに組み込まれているシート。各公演40席限定
既にチケットを持っている場合(不要となるチケットは)返金対応

1/19(金)18:00~1/23(火)23:59 e+にて抽選受付
¥48,000(限定グッズ付き、専用入場口、物販優先レーン)
*価格と特典はGOLD席と同じ

この情報はチェックしていなかった。恐らく僕が持っているGOLD席よりもステージに近い「かぶりつき」の座席だ。当たった人が羨ましい。


1月31日(水)
ツアーグッズ一覧が公開された。
1982年「ホット・スペース・ツアー」の時は、グッズどころかチケット代すら払っていない。
今回は"最後のクィーン"かも知れないので、しっかり彼らに長年のご恩を返そうと想う。
Tシャツのようにすぐにくたびれてしまうものは避け、できるだけ経年劣化の毀損がなく「実用的」なものを、いくつかリストアップした。
GOLD席には「物販優先レーン」が設けられるが、販売開始時間は2月7日現在、未発表。
「品切れしないだろうか」とドキドキせずに済むといいのだが。

2月3日(土)

GOLDチケットの特典グッズが発表された。
*グッズは専用入場口で入場時渡し
トートバッグ、マグカップ、ラミネートパスの3点

2月4日(日)
【初日】バンテリンドームナゴヤ公演
「マシーン・ワールド」でスタート
2時間13分 27曲を演奏


2月5日時点で確認したところ、以下のチケットが売られていた。
2月7日 京セラドーム大阪 注釈付一般
2月10日 札幌ドーム 一般
2月13日 東京ドーム 注釈付一般
2月14日 東京ドーム 注釈付一般

1982年のホット・スペース・ツアー以来42年ぶりに組まれた札幌公演のみ"一般未完売"
同じく1982年のホット・スペース・ツアーが最後となった福岡を組み入れた場合、同様の結果になっただろうか。




QUEEN THE RHAPSODY TOUR 2024年2月14日

| |

« スーパーヒデヒデタイム 狩俣300回3p 攻守にキレキレの馬場復活 | トップページ | 龍角散 のど飴 ダイレクト タブレット を全部試す »

音楽」カテゴリの記事