« ナイトゲームシーズン始まる ラストプレーで「負け無し」を引き寄せた仙台遠征組と「アルカスPV」 | トップページ | ポルトガルのユーロ2024が始まる »

2024年6月18日 (火)

【あと110日】 長崎全県集客のために「長崎スタジアムシティ・パーク&ライド」を

ピースタこけら落とし試合(10月6日)まであと110日。
こうして開業が近づいてみると、身が引き締まる思いがする。
僕が引き締まることはないのだが、高田旭人さんをはじめジャパネットHDに集う皆さんにしてみれば、この「夢事業」が本当に採算分岐点を超えていくのか。身震いがすると想う。

多くの方がこの新しい街を訪れて賑わい、幸せを噛みしめる機会になるといいと想う。


これまでトラスタに通っていた佐世保のサポーターが、引き続き「ピースタにも通おうかね」と想ってもらいたい。

ピースタは最寄駅(長崎駅)から近い。
これまでクルマで移動していた人にとって、電車移動したら意外と便利ということになれば、身近になるのではないか。

佐世保からみて「長崎は遠い」その物理的な距離は縮まらない。
ここでは「時間」「費用」を比較してみたい。

■佐世保→トラスタ(クルマ移動)
片道:58 分 (73 km)
自動車専用道路利用1,570円
駐車場1,500円
ガソリン代:2,500円
往復費用概算:7,140円

■佐世保→ピースタ
片道:122分(81.4km)
JR在来線 1,680円 (*高速バス 1,450円)
往復費用概算:3,360円

1人移動ならば安くなり、2人移動ならばトントン
こうしてみるとネックは「費用」ではなく「時間」


「スタジアム直行バスツアー」のような企画は、不便な場所にあるスタジアムでは時短に有効だが、長崎スタジアムシティの場合、それに当たらない。
それに「最低催行人数」が設定されるため、催否が不安定となる。安定的に確保できる交通手段が必要だ。


長崎への移動にはJR以外に高速バスもあり、ダイヤによってはバスのほうが所要時間が短い。
ただ、最大のネックは佐世保駅(最寄駅)⇔自宅間の移動だ。

これまでクルマ移動してきた人にとって、自宅⇔最寄駅が路線バスというのがネックになる。
20時以降に終わる試合では、帰りはバスの最終便に間に合わない。
それでは、6月~9月のナイトゲームシーズンには参戦できなくなる。


そこで佐世保駅だけでなく、シーサイドライナー停車各駅に「観戦パーク&ライド」があるとよいと想う。

自宅から最寄駅まではクルマで行く
最寄駅からシーサイドライナーに乗って長崎へ
これならば、20時以降にピースタを出ても帰りの心配が要らない。


予約は「ピージー」(NTTドコモ)などのスマホアプリで行う
料金は1試合あたり1,000円~1,500円程度の料金で1日停め放題
あちこちの最寄駅で「長崎スタジアムシティパーク&ライド」が整備されれば(鉄道沿線の)長崎全県からの集客につながると想う。

JR、鉄道各社、自治体、駐車場経営者、リージョナルクリエーション長崎の皆さん、ぜひ「長崎スタジアムシティ・パーク&ライド」のご検討をお願いします。


ピースタのこけら落とし試合に参戦したい!

【お知らせ】7月14日ヴァンフォーレ甲府戦 V・ファーレンサポーターと往く新宿駅⇔スタジアムバスツアー 参加者募集中

| |

« ナイトゲームシーズン始まる ラストプレーで「負け無し」を引き寄せた仙台遠征組と「アルカスPV」 | トップページ | ポルトガルのユーロ2024が始まる »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナイトゲームシーズン始まる ラストプレーで「負け無し」を引き寄せた仙台遠征組と「アルカスPV」 | トップページ | ポルトガルのユーロ2024が始まる »