« 「GOAL CHECK」で取り消されても、ポルトガルが逆転で初戦スタート | トップページ | 僕は「イニュエンドウ」当時、フレディとメンバーの苦悩を知らなかった »

2024年6月21日 (金)

トラスタでは最後のリーグ戦・ホーム2連戦

仙台戦のラストプレーは長崎サポーターに大いなる喜びと勇気をもたらし、ダイジェスト映像を何度も見返すことになった。

ハーフウェイラインで原田が蹴ったFKをフアンマが競った後、仙台の郷家が倒れ込んでいる。恐らく接触したフアンマのファウルをアピールしたのだろう。だが笛が鳴らずプレーが続くので起き上がったところに慶太からのクロスが入る。フアンマのマークに戻ることはできず、マークがルーズになったフアンマはコースを狙ったヘッドが打てた。
サッカーは無限の偶然が積み重なる。勝負は紙一重だ。


20節(19試合)を終えてV・ファーレン長崎は11勝7分1敗 勝ち点40(1試合平均2.10)で暫定2位
勝ち点差 1位:-3 3位:0 6位:+6
(長崎は1試合消化が少ない)

ちなみに前回J1昇格を決めた2017年シーズンの折り返し(21戦終了)は10勝5分6敗 勝ち点35(1試合平均1.66)で4位だった


2024年6月22日(土)19:00
明治安田J2リーグ【21節】
V・ファーレン長崎 藤枝MYFC
トランスコスモススタジアム長崎

■V・ファーレン長崎からみた藤枝との対戦成績
1勝1分1敗 5得点 3失点


<2023シーズンの藤枝戦>

● 2月25日【節】away 藤枝 2-0 V長崎 初対戦
・前半2分【V長崎】
GKが前に出ているのをみてフアンマがロングシュート左へ逸れる。これが入っていれば・・
長崎は再三の好機を逸し、0-0で後半へ
・後半9分【藤枝】
榎本啓吾がエリア内で絶妙の横パス。渡邉が面を合わせ右に蹴り込み藤枝先制
・後半35分【藤枝】
杉田の突破から久保がシュート 決定的な2点めが入る

○ 10月7日【38節】home V長崎 5-1 藤枝
・前半25分【V長崎】
波多野からつなぎ米田のフィードをマテウス-フアンマでワンツー 中村慶太がコースを探してシュート DF小笠原に当たってゴールに吸い込まれる 長崎先制!
・前半40分【V長崎】
相手のパスミスが起点となりカイオのクロスがラインを割ったかと想ったがマルコスがダメ元で粘る。マテウスが緩やかなクロスを挙げるとフリーのフアンマがコントロールヘッド 2-0
・後半14分【V長崎】
ショート、ハイボールと連続CKの3つめはグラウンダー。DFW櫛引一紀がターンして蹴り込む(今季6ゴールめ)
・後半34分【V長崎】
カイオが長い足でパスカットすると松澤海人へ。コート半面を一気に独走するとエリア内で(囮になった安部大晴の外)フアンマへ 見事なコントロールショット チームのシーズン新記録「23」ゴール
・後半41分【藤枝】
オープンな展開となり田中の右クロスから中川のヘッドで失点 4-1
・後半42分【V長崎】
ハーフウェイラインで奪うと米田が裏に抜けるジョップへ 角度のないところから足を振ると右ポスト直撃 跳ね返りをDF鈴木が避けきれずオウンゴール


<2024シーズン前半の藤枝戦>
△ 2月24日【1節】away 藤枝 0-0 V長崎
<スタメン>
GK 原田岳
DF 米田隼也 田中隼人 岡野洵 飯尾竜太朗
MF 加藤大 秋野央樹 名倉巧
FW 笠柳翼 フアンマ・デルガド 増山朝陽
<ベンチ>
GK 若原智哉
DF 新井一耀
MF マテウス ジェズス マルコス ギリェルメ 澤田崇 山田陸
FW 松澤海人

・前半13分【藤枝】
矢村から裏へ抜ける中川へのスルーパス 真横から見ていた僕は「オフサイド!」と叫んだが副審の旗は揚がらず。エリア内で浅倉が決定的シュート 原田岳が体に当ててポストに跳ね返り米田がクリア この試合でここが最も危なかった

・前半31分【V長崎】
初めての好機 球際で勝ち左サイドを抜けた米田のクロスで名倉のシュートはブロックに遭う 序盤「球際で負けてる」と想っていたが、ここからスイッチが入ってきた

・後半39分【V長崎】
決定的シーン エリア内でカイトが競ると永田の広げた左手に当たる「ハンド!」僕らは一斉に叫んだが大坪博和主審の笛は鳴らず カイトのシュートは枠の右に逸れた。

【お知らせ】7月14日ヴァンフォーレ甲府戦 V・ファーレンサポーターと往く新宿駅⇔スタジアムバスツアー 参加者募集中

| |

« 「GOAL CHECK」で取り消されても、ポルトガルが逆転で初戦スタート | トップページ | 僕は「イニュエンドウ」当時、フレディとメンバーの苦悩を知らなかった »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事