« V・ファーレン長崎の応援は失点から切替の速さ世界一 副審・第4審の適切な行動とは | トップページ | QUEENの「評価が二分された時代」と「大衆に受け容れられた時代」の分岐点 »

2024年6月 5日 (水)

デンカビッグスワンスタジアムは「未勝利スタジアム」の1つ 新潟との過去対戦内容

2024年6月5日(水)19:00
2024JリーグYBCルヴァンカップ
プレーオフラウンド【第1戦】
アルビレックス新潟 V・ファーレン長崎
デンカビッグスワンスタジアム

アルビレックス新潟とは2年ぶりの対戦となる

■V・ファーレン長崎からみた新潟との対戦成績
YBCルヴァンカップ:初対戦
J2リーグ:2勝3分3敗 12得点 12失点


<2019シーズンの新潟戦>
○ 5月11日【13節】home V長崎 3-2 新潟 ※初対戦
呉屋大翔、大竹洋平、畑潤基が得点

●11月24日【42節】away 新潟 2-1 V長崎
・後半13分【V長崎】
この試合が長崎でラストゲームの髙杉亮太がゴールを決めるが、清水崇之副審の(微妙な)オフサイド判定でノーゴール
「髙杉、長崎で有終の美を飾る」ゴールは成らなかった


<2020シーズンの新潟戦>
△ 9月2日【16節】away 新潟 2-2 V長崎
・前半42分【V長崎】
ファビオと競ったイバルボのヘッドが渡邉新太の頭に当たりオウンゴール
・後半1分【V長崎】
秋野のアーリークロスを大竹がDFを背負いながらバックヘッドで決める
・後半19分【新潟】
中島のシュートを徳重がこぼし鄭大世が詰めて押しこむ
・後半AT4分【新潟】
本間至恩の至近距離シュートを徳重は手に当てたが止めきれず

○11月28日【37節】home V長崎 2-0 新潟
・前半29分【V長崎】
ハーフウェイラインから秋野→氣田の縦パス 左にはたいて江川がナイスクロス 富樫が押しこむ
・後半22分【V長崎】
カイオのパスをエジガルが落とし秋野が大竹へ。大竹は粘って粘ってふわりとクロス エジガルがヘッドで押しこむ


<2021シーズンの新潟戦>
● 3月6日【2節】away 新潟 1-0 V長崎
・後半6分【新潟】
「それのどこがファウルなの?」というファウルを取られてFK
高木が直接狙うと秋野の足に当たってゴールイン
・後半11分
本間至恩が毎熊に足の裏を見せたキック。2枚目のイエローで退場
・後半42分【V長崎】
秋野から縦の浮かせたボールをフレイレが落とし富樫が押しこみゴールイン! と想ったらフレイレの位置がわずかにオフサイド
・後半AT2分
ゴールマウスのそばにいた堀米悠斗が交替。遠いタッチラインから出ようとした(=ルール違反)ため秋野が早く出るよう促すと堀米が秋野の胸を突く。新潟のラフプレーに後味の悪さが残った

△ 10月16日【34節】home V長崎 1-1 新潟
DF近藤和彦が出場停止 MF本間至恩が前週の負傷で欠場
・前半13分【新潟】
左サイドでキレイなワンツー。ペナルティエリアにいた鈴木に渡り右隅に決められてしまう
・前半34分
新里涼が自陣でトラップミス。鈴木に奪われたところで足を掛けて倒し一発レッド。長崎は一人少なくなる
・後半24分【V長崎】
右CK 加藤聖は中央へ鋭いボール。大外から大きく跳んできた二見宏志がヘッドで左にたたき込み同点!
・後半30分【V長崎】
右サイドからFK 加藤聖の絶妙なキックをウエリントンハットがゴールイン! だが西村雄一主審が長崎のファウルをとりゴールを認めなかった。一発退場にゴール取り消しと残念な試合だった


<2022シーズンの新潟戦>
● 4月23日【11節】away 新潟 2-1 V長崎
当時は松田浩監督
・後半22分【V長崎】
クリスティアーノが右サイドから高速クロス エジガルがヘッドで突き刺す 長崎先制!
・後半27分【新潟】
右CK 島田譲のキックを藤原が押しこむ
・後半30分【新潟】
入って3分の本間至恩が左サイドをドリブル突破、高木にナイスボレーで決められる

△ 7月30日【29節】home V長崎 2-2 新潟
同月8日、本間至恩のベルギーリーグ1部 クラブ・ブルッヘ(クラブ・ブルージュ)への移籍が発表された

<スタメン>
GK 富澤雅也
DF 村松航太 江川湧清 櫛引一紀 加藤聖
MF 五月田星矢 加藤大 澤田崇 植中朝日 米田隼也
FW エジガル・ジュニオ
<ベンチ>
GK 原田岳
DF 奥井諒 二見宏志 高橋峻希
MF 大竹洋平
FW 山崎亮平 都倉賢

・前半13分【V長崎】
圧倒的に新潟がボールを保持するが、初めてのチャンスを長崎がモノにする。ロングボールから相手に当たったボールをエジガルが巧みにトラップ 高速ストレートシュートで長崎先制!
・前半47分【新潟】
逆サイドに振ったボールから藤原奏哉がナイスゴール
・後半5分【新潟】
右から左へボールをつなぎ、鈴木孝司のシュート 櫛引懸命のカバーも届かず 新潟が逆転
・後半12分【V長崎】
富澤からつなぎ五月田星矢が中央突破、エジガルから澤田崇 澤田がエリア内で倒されてPK エジガルが左上隅の「見ているこちらの寿命が縮むような」難しいコースに決めて同点


HOMEトラスタでは2勝2分で「負け無し」
AWAYスワンSでは1分3敗で「勝ちなし」
デンカビッグスワンスタジアムは「未勝利スタジアム」の1つ
よりよい結果で第2戦(6月9日)のトラスタへつなげたい

【お知らせ】7月14日甲府戦 非公式バスツアー開催アンケート実施中



V・ファーレン長崎ブログもくじ

| |

« V・ファーレン長崎の応援は失点から切替の速さ世界一 副審・第4審の適切な行動とは | トップページ | QUEENの「評価が二分された時代」と「大衆に受け容れられた時代」の分岐点 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事