2020年3月29日 (日)

スカーレット

最終回で武志を死なすとは思っていなかった

このまま命を全うしていく武志を to be で見せて、まぁなんとなくそんな感じで終わるのだろうと想っていたのだ


武志役の伊藤健太郎は回を追う毎に成長していく姿が見て取れた
きっと近いうちに、どこかでいい役をやるのだろう

武志の恋人役、石井真奈を演じた松田るかは、テーマが混沌とした終盤のドラマをとても魅力的にした。
あの大きな瞳で、それこそ"ボケ倒す"のは痛快だ
また、同じキャラでどこかのドラマに使って欲しい

戸田恵梨香はずいぶん、上手くなった。
いや、元々これくらいできる人だったのか
でも、これまで、ここまでできる人だとは想っていなかった。

大島優子は脇役として僕らをたくさん笑わせてくれたのだが、大島の演技力に惚れて出演作品はすべて見ることにしているファンとしては、もの足りなかった。
戸田はここでヒロインとしてアサインされたのに、大島は脇役というカタチで朝ドラ出演歴をカウントしてしまった。
もう大島にヒロイン枠は回ってこないのだろうか。
いや、いつか、ぜひ大島優子主演の朝ドラを見たい

 

絶望から立ち上がる強い意志
悲しみをも乗り越えてゆく、命の強さ

今を生きる力と勇気を描いて番組は終わった

「半年間、ご視聴ありがとうございました」
というメッセージと戸田恵梨香をみて、半年間ずっと疑問に想っていたことを思い出した。

スカーレットってなんだ?

キャプテン・スカーレットか
炎はフレアだしなぁ
まぁいいや。いつか「Google先生」に尋ねてみればいいと想っているうち、番組が終わってしまった
しらべると"先が読めてしまう"と思い、しらべなかったのだ

だから終わってすぐしらべてみた

scarlet
緋色(ひいろ)
言葉にして言うと"赤みがかった明るく淡いオレンジ"というところだろうか

あ、そういえばフカ先生(イッセー尾形)
終盤に予定調和の再登場があるだろうと、楽しみにしていた
いろいろと、予想が外れたな

scarletの意味を知らなかったせいではないが、ドラマが何処へいこうとしているのかが読みづらかった。フェーズによって落とし処が変わっているようにも見えた。
実は「プランA」と「プランB」が撮ってあって、視聴率や視聴者の反応を見ながら、随時テーマを動かしているのではないかとさえ思えた。


朝ドラこと「NHK連続テレビ小説」が土曜日も放送されるのは「スカーレット」が最後
お休みの日にも、レコーダーに"新作"が録れていることがありがたく、とてもお得な気分だった
2020年4月クールからは月曜~金曜の週5回に変わる。
「エール」は、NHK+(ネット配信)で見る初めてのシリーズ。
これまでならば、主人公が子役から大人役に切り替わるあたりまで、録りためておいてから見始めていたが、これからはすぐに見ることになりそうだ。

|

2020年3月17日 (火)

テレビとパソコンをモニターに並べる日

NHKが僕の部屋にやってきた翌日
家に帰るとパソコンをつける
ここまではいつもと同じルーチンだ。

ブラウザーを開き「NHK+」のリンクを開く
すると、そこではもうNHKGの映像が流れている
家に帰るとすぐテレビ
これが、新しいルーチン

でも、画面の右下に「手続きしなければダメですよ」的なメッセージが出ている
あれ?昨日ログインしたのにな
ブラウザーを閉じる度に再度ログインを求める仕様なの?
それとも、正式手続きが完了するまでの仕様なのか。

登録した翌日、NHKからメールが届く
僕がNHKと放送契約を結んでいることが確認されたらしい
「1週間以内にハガキが届きます」
「ハガキが届いたら確認コードを入力してください」
と書かれている


登録して4日め、NHKからハガキが届く
ジェミッツ式のハガキを開くと、コードの入力手順と確認コードが印字されている
記載された入力手順は(パソコンの場合)実際とは少し違っていたが、さほど戸惑うことはなく入力が終わる。
すぐにNHKから登録完了メールが届いた


ここで一旦ブラウザーを閉じて、再度立ちあげて「NHK+」にアクセスする
今度はログイン状態が保持されていた。
右下の手続きを促すメッセージもない。

ただ、翌日パソコンを立ちあげて「NHK+」にアクセスするとやはり右下にメッセージが・・・
これは、なんとかならないのだろうか。ブラウザーからクッキーを受け取って欲しい


テレビは強力な磁石だ
1度引き寄せられると、なかなか離れることができない
映像に身を委ね、いや脳を委ね、音声で寂しさを紛らわす

これまでアンテナ端子がないことで、部屋にテレビを引けなかった。
それを不便と感じることもあり、無線で映るテレビやネットの有料テレビサービスを検討したこともあったが、いつも同じ疑問にぶつかった

そこまでして、常時、テレビが見られる環境が必要なのか?

テレビに時間を奪われずに済むと考えれば、ポジティブだと気づき「部屋でテレビ」を見送ってきた。

だがついに「NHKプラス」の登場により(受信契約があれば)タダで、手軽に、高品質のテレビを楽しめる環境が手に入ってしまった。
それを有意義に活用していきたい

今、こうしてNHKのニュースを32インチモニターの左半分、右半分に秀丸(エディター)を立ちあげて書いている。


書くスピードが落ちるということはないようだ。
映像音声の処理、文章作成というほぼ並列作業をすることで、集中力が増している感覚がある。

|

2020年3月14日 (土)

アンテナのない部屋のインターネットにテレビがやってきた simulcast

これまではアレクサに「ニュースを聞かせて」と頼んでNHKニュースを聞いていたが「親が子どもを殺しました」とか「介護員が老人を虐めました」といった聞きたくないニュースを飛ばすことができなかった。
見逃し配信は、タイムバーを使って早送り、巻き戻しができる。これは便利だ。
「30秒飛ばし」「10秒戻り」ボタンは、HDレコーダーと同様で重宝する。
ニュースは生で聞くと、嫌なニュースを逃れられないので「見逃し」で見るに限る。


翌日「びわ湖毎日マラソン」を見た
「新型コロナウイルス」感染予防のため、沿道での応援は自粛が求められている。テレビ・ラジオに加えてPC、スマホで見られる simulcast のニーズは高い。

以前より一部のマラソン、駅伝は各局がネット同時配信をしていたが、事前に配信の有無を確認する必要があった。simulcast は安定的にいつでも見られるという安心感がある。

画面右にQRコードが表示されて、実況アナウンサーが「NHK+」の告知をする。
「この番組はスマホでご覧になれます。いつでもどこでもNHKの番組をお楽しみください」
今のところまだ「いつでも」は言い過ぎだと思うのだが・・

同時間に開催されている「名古屋ウィメンズマラソン」(CXが放送権を保有)は、一部の動画配信のみで、同時配信はやっていなかった。

同日、初日を迎えた「無観客の大相撲」もパソコンで見ることができた。
力士がぶつかり合う音、行事のかけ声だけが場内に響く
早く立ちすぎた阿武咲(おうのしょう)に行司が「まだまだまだまだ」と声をかけている
勝負がつくと行事が「勝負あり」と声を出している
これまで、聞いたことがない声だ
これは「simulcast」ではなく、TVで見ていても同じことなのだが「おうのしょう」の漢字がわからないと思ったら、すぐに別タブでしらべる。
何より、こうしてエディターで考えをまとめることができる。これはsimulcast ならでは。


2015年に「実験」に参加した時は、映像と音声が停まる。映像と音声がずれる。といった現象が見られたが、それが一切なくなった。
この5年でNHKの通信技術が格段に上がったのだろう。
2019年に可決された改正放送法では、NHKは先行して得られた技術を元に、民法各局を支援することが求められている。


ドラマ、ドキュメンタリーは録画しておいて「飛ばしたり」「戻したり」しながら、くつろいで見たい。
それには、至近距離で見なければならないPCモニターは向かない。

同時配信で観たいのは即時性に価値が大きいもの。実例としてはスポーツなどの生中継、最新のニュースだ。
即時性の高い番組を多くもつNHKがsimulcast を始めたことで、概ね事足りる。


TVアンテナ端子が来ていない僕の部屋にテレビがやってきた。子どもの頃から慣れ親しんだ「TV」が、大人になってから手に入れた「インターネット」に追加された。
今はまだ「あぁ嬉しい」という感想だけだが、一年後にはあれが分岐点だったと思える出来事になっているかも知れない。

|

2020年3月13日 (金)

待望のインターネット同時配信 NHK+ を見始める simulcast

NHKのインターネット同時配信「NHK+」
■時系列の記録

2015年10月~11月
一般公募により、インターネット同時配信実験 実施

2019年5月29日
改正放送法成立
法的にテレビとネットのsimulcast が可能になった

2020年1月15日
NHKがサービス概要を発表

2020年3月1日
試験サービス開始

2020年4月1日
サービス開始


NHKのインターネット同時配信(simulcast)の概容は以下の通り。

■対象放送:NHKG、NHKE
BSは対象外

■見逃し配信サービスもある
「番組表からクリック」といったわかりやすいものではなく「さがす」ボタンからキーワード「ニュース」のように入れて検索する

■NHK放送受信契約者、同一世帯者は追加料金が発生しない

■当面は時間を限って配信「常時」ではない
3月1日~7時~24時
4月1日~6時~24時


■利用開始までの流れ

▼NHKのサイトからNHKプラスIDの申込み
 ↓↓
すぐに視聴開始(仮利用)
 ↓↓
▼1~3週間でハガキが届く
 ↓↓
▼ハガキに記載された「確認コード」を入力して、正式利用開始


受信料契約確認後「確認コード」のハガキが届くのは1~3週間後だが、すぐに見ることができるので早速、視聴開始。

ちょうど「ブラタモリ」をやっている時間帯だったが「現在放送中の番組は配信しておりません」というメッセージが流れている。
これは「忍たま乱太郎」などの放送権を買っているコンテンツも同様だ。

NHK側の都合?で「ブラタモリ」が見られないので、見逃しから「NHKニュース」を見ることにする。

つづく

|

2020年3月12日 (木)

NHKのインターネット同時配信実験 simulcast

NHKのサイマル放送(以下、NHK+)が始まっている。

サイマル放送(以下、simulcast)は同じ番組を同時に違うメディアで放送すること
現在、実施されている例としては次のサービスがある
■ラジコ
■ワンセグ
■フレッツ・テレビ
2020年3月より「NHK+」がこれに加わった。

これまでに終了したsimulcast
■地上波アナログ放送と地上デジタル放送
■BSアナログ放送とBSデジタル放送


話しは5年前に遡る
2015年秋に行われたNHKのインターネット同時配信実験(以下、実験)に参加した。
なぜならば、パソコンでテレビを見る環境に飢えていたからである。

概要
■地上波NHK G をインターネット経由で視聴
 Eテレ、BSは対象外

■番組内容は地上波と同じ(サイマル放送)

■2015年10月~11月、2回に分けて実施
 10月19日(月)~11月8日(日)
 11月9日(月)~15日(日)

■参加方法:事前申込みによる抽選

■視聴時間:毎日7:00~23:00
 実験参加者に時間帯、長さの規定はなく、自由に見たいだけ見てよい

■環境:パソコンはブラウザーで専用URLにアクセス。ソフトは不要。スマホ、タブレットはアプリをインストールして視る

実験では放送権による制限があり、スポーツの生放送、BS番組の告知では、画面が「ただいまの時間は契約等の関係によりご覧いただけません」に切り替わり、音声も消された。
ニュースで制限のある映像が映る際は、音声はそのままで映像だけが切り替わった。


実験では「映像と音声が停まる」「映像と音声がずれる」といったことが頻繁に起きた。
これは、僕の通信環境の貧弱さにも原因があるだろうが、提供側の技術も十分ではなかったはずだ。


2015年の実験を終え、1~2年もすれば、本サービスが始まるものと期待して待っていたが、現実はそうはいかなかった。
民法各局が反対していたのだ。
本当の理由は知る由もないが、NHKにはない要因つまり「CM」に何らかのネックがあるのだろうと考えていた。

つづく

|

2020年2月 7日 (金)

これまで見たことのない不思議なテレビ?番組 笹木香利のSALUS all in one

水曜日の午後、録画しておいた「スカーレット」を見終えて、さぁ買い物にでも行こうかと思いながら、ニュースでもやってないかとリモコンを操作していたその時、テレビ画面に奇妙な映像が映し出されていて、目が点になった。

歳の頃20台半ばの小綺麗な女性が、スマホを触っている
背景はラジオのスタジオらしく、山下達郎のジャケットで見たことがあるようなアメリカ西海岸のいかしたイラストが描かれたLPほか、数枚のレコードが飾られている。
背後には音楽が流れている。
時折、彼女は身体を揺らしてリズムを取っているようだが、そうではなくて、ただ静止しているのかも知れないと思えるほど、ほとんど動かない。
時々、彼女は向かって右側にいる誰かに向かって話しかけているので、そこにスタッフがいるのだろうと推察されるが、その音声は拾われていない。

聞こえるのは音楽だけ
そこに女性が佇んでいる

You Tubeにはそういう趣向の番組があり、人気を集めていると聞いたことはあるが、これはテレビである。
だいたい、何チャンネルが付いているのだと、もう1度リモコンの↑↓ボタンで操作すると、それは10チャンネルだった。

番組の名前は SALUS all in one
東急沿線で配布されている東急のフリーペーパー「SALUS」が運営するFM局「FM SALUS」とケーブルテレビのイッツコムチャンネル10で同時放送しているらしい。

音楽が終わる頃、彼女はヘッドホンを頭にかけて、曲名を述べるとコマーシャルへ。
だが、その間も彼女は映っている。
CMの間に映像が流れてるなんて、なんて可笑しいんだろう。

パーソナリティを務めるその女性の名は右ペインに笹木香利と表示されている。
ささきかおり
さっそく「Google先生」に尋ねてみる。あまり多くの人が変換しないのか、なかなか候補が出てこない。

タレント、女優
どうやら、そこそこ有名な人なんだな
それにしても、音楽に詳しい
喋りの歯切れがいい
表情に嘘がなくて潔い


DJとして話している間も、彼女はカメラに目線を送らない。
あくまでラジオをヨコから映しているという絵作りなのだろう。
それがいい
視線が来そうで、来ない
この番組を考えた人は、なかなかやるな


SALUS all in oneは3時間番組だが、そのうちテレビで見られるのは中間の1時間のみ。
15時になると「ここでイッツコムチャンネルの皆さんとはお別れです」と言って、映像が終わってしまった。笹木香利がカメラに向かって手を振ってくれることもなく
子どもの頃「一部の地域」に住んでいた僕は、全国ネットの野球中継でこうした仕打ちには慣れていたが、こんな気持ちは久しぶりだ。つまり、もうちょっと見ていたかった。

次も見たい
ふだんの水曜日は家に居ないので、レコーダーに「毎週録画」をセットした

|

2019年4月 3日 (水)

DAZNに「はじめから観る」ボタンが欲しい

2月に開幕したJリーグにつづいて、NPBも開幕した。
今年はDAZNが「巨人主催試合」を獲得したので、2018年には61試合だった「巨人戦」が2019年は118試合に激増した。
ますます、DAZNでスポーツ三昧である。


2019年3月末の週末
年に一度の花見を終えて14:40に帰り着く
ブルーシートをガレージに仕舞い、手洗いうがいをしてパソコンの前に座る
さぁ、ここからはJリーグタイム!

既に長崎の試合は14:00に始まっている
今頃はちょうど、前半の終わり間際だ
ブラウザーでブックマークからDAZNを開く
そこに長崎戦(●ライブ)のバナーが出ている

ここで、ひと呼吸置く
なぜならば、ここでバナーをクリックするとリアルタイムの映像が流れてしまい、試合経過が自分にネタばれしてしまうからだ。

同じ観るならば、できればドキドキして観たい
試合のスコアがわかった後で、キックオフから見始めるのは「相棒」の結末シーンで犯人を確認後、冒頭の殺人シーンから見始めるようなものだ。

まず、スピーカーのスイッチを切る
「前半は長崎1点リードで終了です」といった実況を聞いてしまわないためだ
つづいて、画面の左上を紙で塞ぐ
その辺りに得点が表示されているから
ここまで準備ができたら、バナーをクリックして配信を開始
すぐにタイムバーをマウスでつかみ、左端までドラッグする
これで無事、試合開始前から観ることができる。

しかし、面倒である

DAZNに「はじめから観る」ボタンが欲しい
現在「配信中」のライブコンテンツについては「ライブ」か「はじめから観る」かを選べると便利だ。
DAZNの皆さん、よろしくま!

|

2018年8月17日 (金)

クロスバーに当てたら100万円「DAZNチャレンジ」

2018年7月27日(金)
「フライデーナイトJリーグ」である

金曜日の夜、仕事帰りに仲間を誘ってJリーグ
とても、いいと思う
ただ、スタジアムが遠い

都心から最も近い等々力でもおよそ1時間
遠い所は・・(割愛)
梅澤高明が提唱する「TSUKIJIスタジアム」を築地市場跡に作り、東京のクラブをそこに置けばいいのにと思う。



この試合ではハーフタイムショーとして「成功すると100万円!DAZNチャレンジ」の募集が行われた。
ハーフタイムにピッチに降りて、ペナルティエリアのラインからシュートを放ち、クロスバー(ヨコの棒)に当てれば「賞金100万円」
もちろん応募して、早速対策にはいった。



僕は長崎のユニフォームを着てピッチに立つ
サッカーの短パンをロナルドのようにたくし上げ太ももを露出させ・・たかったが、筋肉より脂肪が目立つので断念した

MCのアナウンサーが「質問はありますか?」と問う
選ばれた5人の中から、すかさず僕が手を上げる

GKが弾いて当たっても100万ですか?
スタッフがその場でDAZN社員に相談する
「その方がおもしろい」
DAZN社員が「OK」の○をつくる
(実際にはGKは立たなかった)

GKに対して拝むポーズで「よろしく」とサインを送る
笛が鳴り、FC東京のユニフォームを着た「選手」たちが、次々に蹴る。
しかし、ほとんどは地面をコロコロと転がるばかり。
上に上がらない。

僕は違う
素人が微妙な調整をしようと加減したら、ボールは上がらない。
サイドキックでも力が足りない。
ここはトーキックで思い切り「シュートをふかす」つもりの一か八かでいく。

僕は5番めのキッカーだ
トーから放たれたボールは、それでも力なくゆっくりとした弧を描き、一度は調布の夜空に吸い込まれた後、ゆるりと落ちてきてクロスバーの上で跳ねた

遠くのサイドで長崎サポの旗が上がる
僕はゴールの右脇を抜けてサポーターの元へ駆け寄る

だが、そこはFC東京の応援席
あ、ちがった?
振り向いて遠い反対側の方を指さす
あっちかぁ^^;)

場内が爆笑に包まれる


残念ながら、僕がピッチに立つ機会はなかったが、100万円が当たらなくても、その場に立たなくても、考えるだけで楽しい。
当選者発表までの数日、確率の高い宝くじを買った気分で過ごすことができた。
こんな企画を考えるDAZN社員は、きっといつもリラックスしていてポジティブな人に違いない。


V・ファーレン長崎ブログ

|

2017年5月 8日 (月)

僕らが「リアル店舗」に求めていること

【1】DVD(メディア)は箱の中に入っているのか?

箱を振ると「からから」と音がする。
何かが1つだけ入っている様子だが、それが説明書なのか、DVDなのかはわからない。

【2】「ダウンロード版」だった場合、インストールするパソコン台数の規約は?

スズキさんの調べによると、メーカーであるCORELのウェブサイトには「製品によって規約が違う」ということが書かれているらしい。
つまり、購入してから読む規約で初めて「同時使用しない場合2台までOK」であるとか「パソコンを買い換えた場合の対処」がわかるということだ。
(結論を先に言うと、箱の中に規約書はなかった)


「買う前にわからないと困りますよね」
スズキさんの親身な言葉が嬉しい。

僕らがリアルな店舗に求めているのは、こういうことなのだと思った。
正確な事実はあるところにはあるし、ないところにはない。それはネット店もリアル店も同じだ。
ただ、リアルな店でしかわからないものはある。
それはデザイン性がある品においての「色み」「質感」といったものだ。

そして、リアルな店においてより多く味わえるものが「買い物の楽しさ」「モノを買った満足感」だ。

「(在庫は)そこに並んでいるだけです」
「商品以外のことはちょっと(わかりません)」

そんな対応はがっかりだ。
僕らは心のどこかで、店員さんが「売らんかな」ではなく、こちらの側に立って考えてくれることを求めているのだろう。


スズキさんと僕の共同作業に結論は出そうにない。
それは調べている相手が「正確な事実」を用意していないからだ。

これは買うしかないですね。ありがとうございました。
「ダメだったら返していいですか」
なんてことは言わない。
それを口にしたら、ここまで築いた信頼を損ねてしまう。

(30分後)

帰宅して運命の開封 ^^;)
箱を逆さにすると紙袋に入った1枚のDVDがぽとりと落ちた。


ここからは、これから「WinDVD Ultimate 12」を買う人のために、作業記録を記しておこう。

(1)はじめに箱から「WinDVD Ultimate 12【シリアル番号】取得」の「紙」をとり出す。
まだ「DVD」はセットしない。

(2)「紙」に書いてあるURLにアクセスして所定事項を記入して、シリアル番号を取得

(3)パソコンに「DVD」をセット
autorunを実行すると、あとはガイドに従い「肯定的選択」するだけでインストールが完了した。

後日「録画したテレビ番組を親戚に見せる」という課題は、無事クリアされた。

|

2017年5月 7日 (日)

パッケージ版にメディアが入っているのかわからないWinDVD Ultimate 12

お目当ての再生ソフトがないと言われては仕方ない。
とりあえず、親戚の家で映写する選択肢を増やすために「DVD-R」の「CPRM対応」ディスクを買い求める。
プラケースは要らないので、スピンドルにメディアがはまっているタイプにする。
1枚60円程度

そのままレジに向かうのも味気ないな
たまにしか来ない家電店だ
何かおもしろいモノがないか、棚を流していこう
そうして通りかかった「ソフトウェア売り場」には、堂々と「WinDVD」が並んでいた。

あるじゃん
「詳しい人」にもいろいろあって「技術」「商品」「店内」それぞれ専門が異なるのだ。

売られていたのは「WinDVD12」と「WinDVD Ultimate 12」
後者は千円高いが、ネット動画ダウンローダー「チューブとニコニコ、録り放題4搭載」とある。
これは、遊べそうだな
そんなイメージが浮かび、高い方をカートに入れて[レジに進む]
といっても、ここでは歩くのだが


お金を払おうとして箱をカウンターに置いた時、ふと気になることがあった。
そういえば、この箱、どこにも「DVD版」といった記載がないな
昨今のソフトウェア販売はメディア同梱、いわゆる「パッケージ版」と、モノが入っていなくて認証キーを記した紙が入っているだけの「ダウンロード版」に分かれる。
この品はどちらなのだろう?

そもそも、僕はリアル店舗に「パッケージ版」を買いに来たのだ。
ここで「ダウンロード版」を買うのだったら、ここまで来た甲斐がない。
価格面から言っても、ネットで「ダウンロード版」を買った方が1000円ほど安い。


するとレジのおばちゃん、今度はソフトウェアの「詳しい人」スズキさんをインカムで呼んでくれた。
その動きには迷いがなかった
以前ならば「買うの、買わないの?後ろに客が並んでるでしょ?」と「プレッシャーの間」を置かれたものだ。
実際、さっきまで空いていたレジカウンターには、いつのまにか長い列ができていた。

そして、ここから呼ばれて飛び出たスズキさんと僕による共同作業が始まった。
スズキさんはお店のパソコン
僕は自分のiPhone5
それぞれ、検索技能を駆使して課題をしらべる。

しらべるポイントは次の2つだ。

【1】DVD(メディア)は箱の中に入っているのか?

【2】メディアが入っていなかった場合、すなわち「ダウンロード版」だった場合、インストールするパソコン台数の規約は?

つづく

|

より以前の記事一覧