2020年1月12日 (日)

足が冷えない快適な靴下。ブレスサーモ五本指靴下

年末に皇居でスポーツボランティアをした日、それはとても寒く、最高気温が10度に届かない日でした。
ランナーは走るので暖まりますが、走路にぽつんと立っている方は身体の芯から冷えてきます。

それでも、僕は思いの外寒さを感じていませんでした。
頭には「ブレスサーモニット帽」これは、電車の中では暑いほど。
肌着は上がアンダーアーマーMCM3349、下はユニクロのヒートテック極暖。十分な防寒性能があります。
いつも冷たくて困る「手」にはブレスサーモ手袋にくわえて新兵器の「ANSOLO 充電式カイロ」
ここまでは、鉄壁の防御だったのですが、念仏を書き忘れた耳の如く画竜点睛を欠いたのが「足」
時間を追う毎につま先が悴んできました。
サッカー観戦の時には、靴下に貼るカイロを貼ったこともありますが、歩き回る活動では使えません。

足にも何か新兵器が欲しいな

そう思った数時間後、有楽町ビックカメラを上から下まで散策していると、地下一階にブレスサーモのコーナーを見つけました。
そこにはインナー、ジャンパーからネックウォーマーまで多品種が展開されていて、松岡修造が動画で熱く宣伝をしています。

そうだ、ブレスサーモの靴下があればいいんだ

いや、もしかして、もう出ているかも知れないぞ。売り場をくまなくチェックマしていくと、ありました。ブレスサーモ五本指靴下が2種類(色違い)サイズはフリー(25-27cm)の1種類のみ。

早速、購入して履いてみると、足を入れた時点で生地が発熱して足の指が温まるのを実感できました。
これはいい!非常にイイ!!
これならば、極寒のサッカー観戦、スポーツボランティアの日に使えそう。
ただし、熱くなり過ぎるので、寝る時は履かない方がよいです。

すぐに、ローテーション用の2足めとして色違いの品をAmazonで取り寄せ。

■ブレスサーモ靴下>発売の記録

2013年
5本指インナーソックス発売
2014年
5本指ソックス発売
2015年
「薄手」ソックス発売
2019年
「極厚」「厚手」「中厚」発売

7年も前から売られていたとは。もっと早く気づけばよかった。
Amazonから2足めを取り寄せて気づいたのですが、「5本指」タイプには「ソックス(A2JX4502**)1,600円」と「インナーソックス(73UM532**)1,400円」の2種類がありました。

インナーソックスは「登山靴などのインナー用に好適」とMIZUNOは説明しています。

サイズ表記は同じですが「ソックス(A2JX4502**)」の方がゆったり大きめ。普段履きしてみたところ、防寒性能は双方同程度でした。

この冬、手に入れた「手足が冷たい」の解決ツール2点。
「ANSOLO 充電式カイロ」は連続使用時間が短いのが玉に瑕ですが「ブレスサーモ靴下」はお勧めします。

以上、レジェンドmotoでした。
いくわよ!^^;)

|

2020年1月11日 (土)

手足が冷たい!今年見つけた2つの解決ツール

パソコンをしていると、手が冷たい!
屋外活動していると足だけ冷たい
夜寝る時は、手足が冷たくて寝付けない

これは僕のことです。
手が冷たいのは冬に限ったことではなく、真夏でも僕と握手した人は「つめたっ」と驚きます。

「Google先生」に原因を尋ねると「自律神経がおかしい」とか「冷え性ですね」と言われるだけ。
冬場の冷たさは切実なので、長年、対処方法を模索してきました。
パソコンをしている時は、指の感覚がキーボードに伝わらないと打ちづらいので「指先が出る手袋」を試したこともありますが、冷たいのは指先なので、解決に至りませんでした。


ところが、2019年冬、なんと、一気に両方とも解決ツールが見つかったのです。

まず「手」
以前から目を付けていたけど、ついに買ったのが「充電式のカイロ」
2019年10月現在、Amazonの「USB手袋・カイロ」カテゴリーでベストセラー1位だった品です。

品名は「ANSOLO 充電式カイロ」
USB充電する携帯カイロです。
モバイルバッテリーとしても使えるので「発熱するバッテリー」とも言えます。そう言うと、なんだかヤバイ品みたいですが、充電している時やスイッチオフの時は一切、熱を持たないところが秀逸です。

実勢価格:2,680円
発売:2019年8月

仕様
■5200mAh リチウムイオンバッテリー搭載
■低温モード8時間連続発熱
■3階段温度調節
■重量:135g
■両面急速発熱

「8時間連続」は看板に偽りあり。実際には3時間程度です。
温度は3段階切替ですが、低温モードでも十分熱いので、中温・高温は使っていません。
バッテリー残量はカンタンに確認できて便利。
朝夕の通勤で使って、寝る前に手を温めたら、充電して寝る。というのが標準パターンでしょうか。

極寒の皇居でスポーツボランティアした時、仲間に貸してあげたところ「これスゴイね」と驚かれました。

今年は東京五輪2020のため、3月、4月、9月には水曜夜のJリーグがスケジュールされます。ハーフタイムに速攻で暖を取りたい時に重宝しそうです。

つづく

|

2019年11月10日 (日)

初めてのセルフレジ 意外と楽しい見慣れたあの作業

いつも行くコンビニで、このところ、レジが混むようになった。
以前ならばせいぜい3人待ちがいいところだったが、今は多い時には10人以上。狭い店内を半周していることもある。

原因はセルフレジ

元々有人レジが2基あって、混雑時は店員2人がレジを打っていた。あ、今は打っていたとは言わないのか・・・
セルフレジが入ってからは、有人1、セルフ1。
フォーク並びの列の目の前にセルフレジ、その右手に有人レジがあり、セルフレジには「現金は使えません」と書かれている。

セルフレジは誰も使わない。
使っている人を見たことがない。
だから、行列が伸びる。
店員はもう1人いるのだから「セルフレジを有人に切り替えればいいのに」と誰もが思っている。口には出さないが

ある時、見かねた店員がセルフレジを有人モードに切り替えようとしたが、かなり手間取っていた。現金対応にするのが大変だったのだろうか、内部の事情は客にはわからない。

確かにこの店で客の支払いを見ていると、現金をじゃらじゃら出している人が多い。
見た目の印象としては9割が現金派と見受ける。
カードを使わない人に、なぜカードを使わないの?と尋ねると異口同音に「カードは際限なく使いそうで怖い」といった答えが返ってくる。現金ならば、あるだけしか使えないので安心というわけだ。
その気持ちはわかる。

では、なぜ僕が10年以上前からカードに切り替えられたかというと、お小遣い帳を付けているからだ。
ただ、付けているだけでは「現金」「カード」の収支はわからない。
エクセルで左右(貸借)の仕分け表をつくり、右側は「現金」「数種類のカード毎の支払い」「引き当て金」など。
左側は「銀行残高」「現金残高」「未収受金」など。
これにより、現時点の収支がわかる。
収支をマイナスにしてしまうと、僕だって「際限なく使いそうで怖い」ので、マイナスになった時は「引き当て金」を取り崩してプラスでその日を終える。


件のコンビニはその日も、レジに行列ができていた。
ただ、いつもと違ったのは「有人レジ」の店員が「セルフレジもご利用ください」と先頭の客に声をかけていたことだ。
そこで、僕が列の先頭に立った時「セルフレジ」にチャレンジすることにした。何事も経験、1度やらなければ、永遠に始まらない。

商品をカゴから取り出し、バーコードの場所を探し、スキャナーを当てる。
思えば、この作業、これまでに1万回以上は見て来たと思うが、自分でやるのは初めてだ。
コンビニでバイトしていた学生の頃、レジはまだ手打ちであり、レジは「打つ」ものだった。

スキャナーから放たれる赤い光線がバーコードに当たると、ぴっと音がして、商品名と価格がディスプレイに表示される。これはおもしろいじゃないか。
すべての商品のスキャンを終えると「購入」をタップ。
つづいて、ポイントカードの読取方法をどうするか?を尋ねてくるので、いつも店員さんにやってもらっているように「スキャン」をタップして、自らポイントカードをスキャン。

いつもならば、ここで「支払いはクレジットで」と言わなければならないが、それも言わなくていい(言ってもいいけど)

支払い方法をタップして、いつものようにカードをスキャン。
レシートが吐き出されてくる前に「これ、袋です」と有人レジの店員が手を伸ばして、カウンターにレジ袋を置いてくれた。

次からセルフレジを使おう。
どこの店でもセルフレジは閑古鳥が鳴いている。
「あんなの、誰が使うんだ?」
「立ち往生したら恥ずかしい」
と遠巻きにする視線を尻目に、すいすいと支払うのは悪くない。

 

|

2019年10月18日 (金)

念のために言っておきますと、22日は祝日です

言っておきますと、22日はお休みです。
僕が最初に気づいたのは6月でした。
Googleカレンダーで10月の東北・みやぎ復興マラソンの予定を書き込んでいた時、その2行下に「即位礼正殿の儀の行われる日」と書いてあったのです。

その時は「Googleは米国の会社なのに、皇室行事に敬意を払って、こんなふうに書いてくれて嬉しいなぁ」と思っただけで、それが国民の祝日だとは思いませんでした。

お休みだと知ったのは、それから2ヵ月後。
10月の計画を立てていた時「即位礼正殿の儀の行われる日」をクリックしてみると、そこに「日本の祝日」と書いてありました。

うそ?休みなの?いつ決まったの?
俺知らんぞ

それから、いつどうして決まったのかを調べました。


即位礼正殿の儀の行われる日
【そくいれいせいでんのぎ】
令和天皇即位を祝う国民の祝日

■2019年限りの祝日
■2019年10月22日(火)
■「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」に基づいている


【 時系列の記録 】

2018年11月13日
5月1日、10月22日を臨時祝日とすることを閣議決定

2018年12月14日
「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」交付

2019年10月22日
即位礼正殿の儀の行われる日


2018年11月13日に決まったということは、ずいぶん前のこと。
それなのに、最近になるまで「休みだとは知らなかった」人が多いのはなぜか?
考えて観ました。

理由1
「カレンダーに載っていない」
2019年のカレンダーは、早ければ8月には発売されるため、7月には印刷されています。
従って、印刷されたカレンダーや手帖を使っている人は、カレンダーを見て、そこに休みがあるという「異変」に気づかないわけです。

Googleカレンダーのような電子的なサービスには、早くから載っていたのですが、画面の制約により一覧性が低く、数ヶ月も先の10月を開く機会がない限り、気づきません。

理由2
「10連休に気を取られた」
皇室典範には「退位」が規定されていないため、生前退位による即位に関する行事は、今回のように臨時の祝日として制定されます。
2019年にはそれが2つあり、もう1つが2019年5月1日「天皇の即位の日」
こちらは5月1日が祝日となることでオセロの石がひっくり返るように前後の日が祝日となり、近代希な「10連休」となりました。
人々の関心はそちらに集まりがちなので、もう一方の10月22日については、ネットメディアも扱いが小さくなり、伝播しなかったのではと推察します。


僕の友達にも10月に入って「休みだとは知らなかった」という人がいました。
22日、平日と勘違いして家を出て「なんだか、今日は電車が空いているなぁ」と思いながら会社に来て、玄関が閉まっていて慌てる人が日本じゅうで100人くらいはいると推察します。

 

 

|

2019年9月30日 (月)

5年ぶり、消費税アップの歴史

明日から消費税率が2%上がる。
消費税率アップは2014年以来5年ぶり。
2度の延期があったので、ずいぶん時間が空いた印象があるが、5%→8%に上がってからそれほど時間は経っていない。


■消費税の歴史

1989年4月1日
なし→3%

1997年4月1日
3%→5%

2004年4月1日
総額表示方式導入。税率への意識が薄まった

2013年10月
総額表示方式が廃止された

2014年4月1日
5%→8%

2015年10月1日
8%→10% 景気条件付き。景気動向によっては延期の可能性もある。
法律の要求は、この日付だったが、2014年11月18日、安倍晋三総理により18ヶ月延期と判断された

2017年4月1日
8%→10% 景気条件なし

2016年6月1日
安倍晋三首相が2年半延期を表明(景気条件なし)

2019年10月1日
8%→10% 軽減税率適用

 

過去の税率アップ時は、すべての消費に対して一律に上げられたが、今回は一部に「軽減税率」が適用されるため、モノ・役務により税率が異なる。
そこで、日頃、主に消費しているものについて、その状況をしらべた。


食料品 8%
軽減税率で据え置き

コンビニ弁当 8%
軽減税率で据え置き

缶コーヒー 8%
軽減税率で据え置き

ペットボトル清涼飲料水 8%
軽減税率で据え置き

吉野家^^;)店内 8%→10%
ただし、持ち帰りの牛丼弁当ならば8%

酒類 8%→10%
(アルコール1%以上)

はがき 62円→63円
手紙 82円→84円

コインパーキング 8%→10%
しかし、1円単位での徴収に機械が対応していないため、大半が価格を据え置くと見込まれる

電車・バス 8%→10%
各社それぞれ価格転嫁見通し
定期券は10月以降値上がり

JRのある駅の壁広告では「早めの購入を」と、それとなく増税前の"駆け込み"を勧めているが、日頃、駆け込みの自粛を求めているだけに遠回しである。

|

2019年5月17日 (金)

「入れていただいてありがとう」と彼女は言った。

その日、彼女は電車の降り際にこう挨拶して行った

「今日は入れていただいて、ありがとうございました」

そう言って彼女がドアのほうへ急いでいると、誰かが彼女を冷やかしている。
僕はそちらには視線をやらなかったが、恐らく、男ととなり同士で座っていたことについてだろう。

V・ファーレン長崎がコーナーキックを獲得すると、僕らはヴィヴィくんの図柄が描かれたタオルマフラーを振って、一斉に「入れろコール」をする

今期はここまで、セットプレーからの得点がJ2リーグトップである長崎にとって、それは貴重な得点機会であり、例年よりも気合いが入る

いっ・れっ・ろっ
いっ・れっ・ろっ

あなたは、こんな言葉を大声で叫んだことがあるだろうか?
僕は去年、ゴール裏でV・ファーレン長崎の応援をするようになる前は、したことがなかったし、そんな心の叫びを表に出す機会が来るとは夢にも思わなかった

これが、気持ちいい

いっ・れっ・ろっ
試しに言ってみてほしい^^;)

佐世保には「らりるれろ」というハンバーガー店があるが、このラ行を連呼するような3つの音は、とても語呂がいい

いっ・れっ・ろっ
コールを始めた時、一瞬だけ頬が染まる(笑)
いいのだろうか、こんな言葉を往来で・・
いいんです(川平慈英も登場する)


さて、その日、明け方から降っていた雨は午後にはあがり、東京は曇り空。
「この分だと、また置き傘が増えるな」
そう思って、傘を持って外に出た。

電車の駅までの道すがら、ぽつりぽつりと雨が頬に当たる
なんだ、降ってるのか
それならば、ちょうどいい
ビニル傘を広げて、桜の終わった新緑の川べりを歩いていると、前方にモアちゃんがいた。
確か、彼女は電車が同じ方向だったな。

お嬢さん、傘に入りませんか?
冗談めかして傘に入れてあげた

それから、およそ10分後、彼女が電車を降りる頃には、僕はそのことをすっかり忘れていた。

「今日は入れていただいて、ありがとうございました」

僕は一瞬、複雑な表情を浮かべていたと思う

|

2019年4月18日 (木)

令和が始まる日につくる想い出

もうすぐ平成も終わり、5月1日からは令和が始まる
令和が始まる日、なにか想い出に残るようなことをしたいと思っている。

日頃からしていることをしても、想い出には残りそうにない
日頃はしていないことをしないと、想い出には残りそうにない

日頃はしていないこととは、何だろう
映画を見に行く
川べりを走る
そんなことでは、その日の想い出だと、あとで認識できないだろう

想い出に残るとすれば、かなり変わったことだ
その日すれ違った町中の人に挨拶する
電車でとなりに座った女性に声をかける
尋常じゃない

子どもの頃「この子は残る」と言われたことがある
その場に居た人じゃないと分かりづらいので、補足して言うならば「この子にとって、このような出来事は、将来的に想い出に残る」という意味だ。

その言葉は、母の知り合いが集っていた場所で、その家の主であるおじさんからもたらされた。
記憶が定かではないが、工務店のような家の土間で「男はつらいよ」の居間のように大勢の人が詰めかけていた。
そこで、僕は何か「いいこと」をしてしまったのだが、それを周りの大人から「エライねぇ」と褒められて、照れくさくてうつむいていた。
子どもの頃から根がシャイなのだ
その時に件のおじさんが言った

「この子は残る」
周りの大人も「そうじゃね」と山口弁で賛同した
僕は「そんなものかな」と想い「そんな風に言われると僕のような天邪鬼の場合、返って忘れるんじゃないか」と心の中で思っていたが、口には出さなかった。

そして数十年経った今、やはり覚えていない
なにが「この子は残る」だ

このことから学ぶとすれば、狙って覚えるような想い出をつくることは難しいということだ。
時折そして定期的に繰り返し思い出す過去の出来事というのは、たいてい苦々しいもの。
「なんで、あんなことを言ったのだろう」というトラウマだったりする。

令和元年の初日となる2019年5月1日
誰かにおかしなことを言って、苦々しく思い出すような想い出を作りたくはない。
一日中、家にこもり、ネットも遮断して本でも読んでいようかと思っている。

|

2019年3月25日 (月)

スーパーで集まる花見2019

川べりの桜が五輪咲いたかと思ったら、翌日にはもう三分咲きになっている。
2019年も開花から満開予想日が近い。
長崎県が日本一早い開花宣言をしたのが3月20日
東京では22日に開花宣言、満開予想は29日と発表されている。
短すぎる
いつも、庭の桜をみて「春が待ち遠しいね」と声をかけているのに、その春が一瞬で過ぎてしまうじゃないか
楽しみは長く続いて欲しい
でもいつまでもというわけにはいかない
だから、今この目の前の一分に集中しよう

今年も仲間を募るのは「スーパーで集まる花見」
以前は最寄り駅で集まっていたが、より花見の現地に近いほうが便利だ。
人によっては最寄り駅が違うので、集合のために遠回りになる人が出ていたので、花見の土手のそばにあるスーパーで集まるようになった。

ブルーシートを持参するのは、幹事である僕の役目
ガレージの棚から、年に一度この日のためにひっぱり出してくる
集合は10:30
スーパーの玄関にいつもの仲間が集まってくる
当日の天候によっては、お子さんが小さいので来られないという人もいるし、急な仕事が入る人も居る。
やっぱり来られることになったという人も居る。
ドタキャン、ドタ参、大歓迎
集まった人の分だけ、その場で飲食を調達する「スーパーで集まる花見」ならば、なにもムダになるものがない。

何年もこの企画をやっていると、皆、買い物にも手慣れている
ビールや飲み物は自分が飲む分だけ。
自分が買ったら、それを責任をもって飲む。
おにぎりやサンドイッチは、すぐにパサつくので買うとしても最小限
予め小分けになっていたり(揚げ物)切れている惣菜(玉子焼き)などは欠かせない
長時間の宴会ではないので、乾き物、スナック菓子も最小限
小さなお子さんがいたら「仮面ライダー」の食玩もカゴに入れる
誰にとっても、子どもが喜ぶ顔は宝物
200円で宝物が手に入るなんて、なかなかない

花見の開催時間は2時間が限度
地球温暖化で満開が3月になった今、まだまだ風が冷たい屋外に長時間いることが難しい年代なのである(笑)
学生の花見とは訳が違う

あと片付けをして、ゴミはそれぞれが手分けして持ち帰る
希望者は、道すがら喫茶店に入り、暖かい珈琲にありつく
花見の二次会だ
あぁ寒かった
でも、来年もまた集まろうね

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

連休の飛び石

電車はいつもより空いているだろう
そう思った飛び石連休の中日だったが、やはりいつものように空席はない。
周りを見渡す限り、混み具合もいつもと同じにみえる。

あ、ちょっと少ないな
最寄り駅に着いて電車を降りる時にわかった
いつもならば、出入り口付近でスマホを操作しながら、降りる人などお構いなし
ここは俺の居場所だ。私の居場所よ
と立ちはだかる「スマホ仁王立ち」軍団が、今日はいない
横着者は皆、有給休暇をとったのだろうか

ホームに降りて階段を降りる
確かに少しだけ空いている
コンコースへ降りて改札へ向かう人の波も、スペースが多い
どれくらいだろう?
3割、いや2割くらいか
サラリーマンの2割が有給休暇をとって「連休」にしたことは間違いなさそうだ

川沿いの道に出ると桜並木に花が咲き始めている
そういえば、昨日出席した講演会で講師が「ごりん咲き」だと言っていたな
その時は「五厘」だと思って0.5%程度つまり"ほんの少し咲いている"という意味なのだろうと思った。
しかし、後でGoogle先生に尋ねてみると、開花宣言の基準は花が「五輪」つまり5つ咲くことであり、程度を表す場合「五輪咲き」という表現は使われないようだった。


そんなことを考えながら歩いていると、前を歩いていた男にぶつかりそうになった。
男が突然、立ち止まったのだ
男は、仕事に来るだけのために、テントでも携帯しているんじゃないかと思うような荷物からスマホを取り出し、桜の花に向けてかざしている
一度シャッターを押したが、気に入らない様子で、何度か角度を変えて撮り直す

以前、駒沢公園のジョギングコースでも同じことがあった
あの時は、走っていたのでぶつかる寸前ステップを踏んで脇へよけたが「桜男」は意に介していない風情だった

今日は余裕で「桜男」をスルーして先を急ぐ
もしも、あと2割人が多くて、いつものように混んでいる道だったら、誰かがぶつかっていたかも知れない。

空いている
少ない
という言葉は都市においてはポジティブなものだ
でもいつも
空いている
少ない
のは寂しい。そして、社会を維持していく時にいろいろと支障を来す。

来週末には早くも「満開」が予想されている
気候変動により年々早まる「満開」
花見の予定は一週繰り上げる必要がありそうだ

五厘咲いた花を愛でつつ、賑わいをどうつくっていけばいいいのかを考えている

|

2019年2月17日 (日)

しゅっしゅっしゅっする男、しゅーしゅーする女

しゅっしゅっしゅっ

突然、場違いな音が聞こえてきた
ただ、それが「エアーダスター」の音だと言うことは経験上わかる
冬場、気温が低い場所に保管していると、なかなか空気が出てくれなくて、まさか爆発したりしないよな?と考えながら、缶をこすった経験が誰にもあると思う。

なぜ、今それが?
今は年末の大掃除の時期でもないのに

見上げると町田君がパソコンのキーボードに向かって
しゅっしゅっしゅっ
小刻みに強くボタンを押し込んでいる
彼は脇目も振らず真剣で、その行為の正当性を微塵も疑っていない

僕は思わず顔をしかめる
キーボードのキーの隙間には無数のちりゴミが沈んでいる
それが限界を超えたから、町田君は清掃を始めたのだろう
今ここでカーテンを引き部屋を真っ暗にして、彼に向かって特殊な光線を当てれば、膨大なちりゴミが空気中に拡散し、やがて空調の気流に乗って僕らを襲うことが、手に取るようにわかるだろう

それ、埃が周囲に舞って迷惑だよ

僕がそう言うと、きっと彼は気を悪くするだろう
「どこがいけないんですか?」
「なにも悪いことしていませんけど」
ふくれっ面の顔が目に浮かぶ

素直に「あ、すみません。気がつきませんでした」というような人ならば、しゅっしゅっする時にティッシュなどで噴出口のそばを押さえるといった配慮をする
それができないからこそ、辺り構わずしゅっしゅっしゅっなのだ

僕は寛大な世間の一員として、これを気にせず、見過ごし、忘れることが最善の策と思われた



後日、高田さんが町田君の元へやってきた
彼女はリーダー的な存在で、おせっかいなくらい、よく気がきく人と目されている

「町田さん、しゅーってやつ貸してくれる?」

「私物所持品情報登録制度」はないので、どこかにその情報が載っているわけではない
町田君がそれを所持しているという噂を誰かから聞きつけたのだろう
あるいは、しゅっしゅっしゅっの目撃が記憶の底に沈んでいたのかも知れない

快く「エアーダスター」を貸し出す町田君
そもそも、空気に貸し借りはムリだと思うが、お互いそんな野暮なことは言わない
席に戻った高田さん、しゅーっ しゅーっと始めた
かなりの長押しだ
町田君の私用品、戻ってくる頃には、ほとんど空っぽなのではないか?
と心配になるほど、噴きまくっている
町田君も内心、気が気ではないだろう


高田さんのとなりに座っている佐藤さんは潔癖症として知られている
僕がそうだったように、彼女も眉間にしわを寄せている

高田さんそれには気づかず、広範囲にしゅーっしゅーっ
仕舞いにはとなりの佐藤さんの方に向けて吹き始めた
その先、なにが起きたかは、見なかったことにしよう

|

より以前の記事一覧